691276 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

花見友紀の「鉄道のある日常」

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

サイド自由欄

鉄道模型・鉄道グッズリンク

鉄道関連書籍リンク

時刻表最新号

JTB時刻表



JR時刻表



鉄道雑誌最新号

鉄道ファン



鉄道ジャーナル



鉄道ピクトリアル



鉄道ダイヤ情報



Rail Magazine



RM MODELS



j train



とれいん



鉄道模型趣味



エヌ







カテゴリ

コメント新着

花見 友紀@ Re[1]:池上・多摩川線の珍車 7700系7715F(06/30) >風旅記さん 初めまして。コメントありが…
風旅記@ Re:池上・多摩川線の珍車 7700系7715F(06/30) おはようございます。 いかにも改造車と感…
花見 友紀@ Re[1]:「ここさけ」ラッピング車両が西武球場前駅へ(09/13) >王玲燕さん コメントありがとうございま…

楽天カード

ほしいものリスト

Nov 3, 2017
XML
カテゴリ:鉄道日記
京王5000系と共に引退間近の東京都交通局10-000形電車を撮影。

10-000形は都営新宿線用の車両。1971(昭和46)年に試作車が登場し、1978(昭和53)年より量産が開始された。1997(平成9)年までの間、8次に渡って増備を重ね、製造時期によって内外装や車体の構造に様々なバリエーションがあることが特徴。

2005(平成17)年より新型車両である10-300形の投入による置き換えおよび10両編成化による廃車が始まり、2017(平成29)年11月時点では10-270Fと10-280Fの2本のみが在籍している。

最後まで残った10-270Fと10-280Fは1997(平成9)年に当時のアルナ工機(現在のアルナ車両)で製造された10-000形の8次車にあたる。この年の都営新宿線での急行列車の運行開始に伴って増備された。

それまでに登場していた編成からは、同じ10-000形を名乗るものの内外装がフルモデルチェンジされ、外観では同時期に同じアルナ工機でも製造された東武30000系電車に似たデザインの前面とビードプレス加工が施された側面が特徴(東京都交通局の車両で側面にビードプレス加工が施されたステンレス製車両は、後にも先にもこの10-000形8次車だけ)。帯は都営新宿線のラインカラーである黄緑色(リーフグリーン色)に加えて、前面と側面乗務員室扉周りには紺色の細い帯を巻く。内装では7次車(1992(平成4)年近畿車輛製)に続いて白色の化粧板を基調としているが、側扉鴨居に取り付けられたLED式案内表示が都営三田線用の6300形電車と同様の2段表示となっている。

2008(平成20)年に名鉄5000系電車が登場するまでは、同時期に製造された京都市交通局10系電車の6次車(1118F~1120F編成)と共に、最後に製造されたチョッパ制御(10-000形と10系は電機子チョッパ制御、5000系は界磁チョッパ制御)の電車となった。当時の電車はすでにVVVF制御が主流になっていたが、都営新宿線ではVVVF制御の車両を走らせると当時のATCが誘導障害を起こしてしまったことから、これまでと同様の電機子チョッパ制御の車両が導入された(2005(平成17)年に都営新宿線のATCが更新され、VVVF制御の車両でも誘導障害が起こらなくなったことから、10-300形や京王9000系電車の運行が可能になった)。



多摩ニュータウンの団地を背景に京王相模原線を走る姿を京王永山駅にて撮影。


At the same day as Keio 5000 Series photographed, I photographed Bereau of Tokyo Metropolitan Transportation 10-000 Series, which could be retired in a few months.

10-000 Series was first manufactured in 1971 and its mass production started in 1978. 224 cars (twenty-eight 8-car sets) were totally built until 1997. The structure and the interior or exterior design differ depending on manufacturing period.

Since 2005, newly-made 10-300 Series had replaced 10-000 Series and only the last two sets, 10-270F and 10-280F, are existing on November, 2017.

The last two sets were manufactured as the eighth model and for start of express train service in 1997 by ALNA Koki (predecessor of ALNA Syaryo).

Compared to the previous models, its exterior and interior design differ, such as front similar to Tobu Railway 30000 Series, which was also manufactured by ALNA Koki on the same time, and bead press on its side (among the rail cars belonging to Bureau of Tokyo Metropolitan Transportation, the two are only the ones having bead press on the side). The navy-blue-coloured line is added on its front as well as the light-green-coloured one. Its interior is based on white-coloured decorative panel the same as the seventh model (built by Kinki Sharyo in 1992), but its LED display above the doors is similar ones of 6300 Series on Mita Line, on which the both single-level and double-level indication of letters can be available.

Until Meitetsu 5000 Series appeared in 2008, the two were the last-appeared chopper controlling rail car as well as the last three sets of Kyoto Municipal Transportation Bureau 10 Series (1118F - 1120F sets). On that time, the variable-frequency drive (VFD) already predominates among electric rail car, but because automatic train control (ATC) device on Toei Shinjuku Line occured inductive interference to VFD rail cars, those on Toei Shinjuku Line were kept equipping chopper drive device (in 2005 the ATC device were upgraded, which doesn't occur the interference and is available to 10-300 Series and Keio 9000 Series).

The photograph was shot at Keio-nagayama Station on Keio Sagamihara Line against the flats in Tama New Town area, south-west of Tokyo.






最終更新日  Nov 10, 2017 05:19:27 AM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.