たてじまロック

SUMMER SONIC 13 OSAKA 2013'8'11

☆★SUMMER SONIC 13 OSAKA(2013'8'11)お粗末レポ byタル★☆


てなワケで2日目です!

今日は6時30分には起きて7時30分には家を出る予定でした。
何てったって昨日の桜島駅での惨劇を目の当たりにしていましたからね。
絶対に今日は早く出るんだから!(`・ω・´)キリッ

■5:00
Zzzzz

■6:30 ←
Zzzzz

■7:00
Zzzzz

■7:30
Zzzzz

■8:00
Zzzzz

■8:30
Zzzzz

ピピッ ピピッ ピピッ (目覚まし音)

バン!(寝ながら目覚まし止める音)

Zzzzz

■8:40
・・・・・

ぎゃああああああああああああああああああああ!!!!
寝過ごしたあああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!_| ̄|Σ∵:'、-=≡○

つか何で目覚まし、前日の設定のまま変えてへんねーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!


・・・・てなワケで、この時点で11:00からのVOLBEATも、12:05からのPerfumeも諦めた私_| ̄|○

■9:50
最寄駅着いたーーー!今日も暑い!何なら今日の方が暑い!_| ̄|○ゼェゼェ

そんな中、今日もここから桜島まで行って、あのシャトルバスの行列に並ぶの嫌だよママン(つД`。)
と思ってたら、ママン(つかdaisukeさんだけどw)から「コスモスクエア人少なすぎ」との情報が携帯にキタコレ。
(※シャトルバスは、JR桜島駅からと、コスモスクエア駅の2か所から出てるのです。)

というワケで、コスモスクエア駅を目指すことに!

■10:45
コスモスクエア駅到着。
うぉぉぉーーーー!嘘みたいに人いない!!ww
コスモスクエア最高や!桜島なんて最初からいらんかったんや!
と、騒ぎ立てたいほどの人の少なさ!感動・・・・!

(*´Д`)<抱きしめた~心の小宇宙(コスモ)~♪

って、そら思わずアラサー歌てまうわ!

■11:10
さくさくっと、舞洲入り!感激~~(;∀;)
さぁ、VOLBEAT見にオーシャンへレッツゴー!

■11:20
うぉぉぉ・・・・起きた時は完全に諦めてたVOLBEATを今見てるよ私・・・!
もう感動の涙で前が見えません。(見ろよ)

daisukeさんに会い「VOLBEAT間に合ったよー\(T∀T)/」と喜びを噛みしめる私。
・・・って、よく考えたら彼ら11時から演奏してるんで、別に間に合ってない件。

そんなVOLBEAT。
サマソニ前にROCK ON(FM802)で知って、あまりの格好良さにKOされたんですけど・・・
ライブは更にめっちゃんこ格好良い~~~~~~~~~!!(;´Д`)ハァハァ
メタル×ロカビリーのサウンドが重厚で、このクソミソに暑い夏の野外にピッタリ!
彼ら、デンマーク出身なんですねー。何故かオランダだと思ってました。

元アンスラックスのロブ様加入で話題性も充分なはずなのに、
日本での知名度があまりないのか、こんな朝一に出てもらってしまい大変申し訳_| ̄|○))

そういや途中で、一瞬だけAce Of Spades(モーターヘッド)してました。
ちゃんとしゃがれ声で・・・w

1.Hallelujah Goat
2.Lola Montez
3.Sad Man's Tongue
4.The Hangman's Body Count
5.The Mirror and the Ripper
6.Dead but Rising
7.Pearl Hart
8.Still Counting

■11:40
そのままオーシャンに居座り、次はPerfume♪♪
前回のサマソニ大阪のリベンジを果たしてくれるはず!

と、ワクワクしたい所ですが・・・・暑さでもうクラクラのバテバテ(;◎ω◎)ヤバス
周囲の人達も、尋常じゃないほどの大量の汗をかいていて辛そうです。。

そんな時・・・
daisukeさんという名の優しいママンが「ご飯食べた?おにぎりどぞ( ・∀・)つ△」と。
食欲なかったので「じゃあ一口だけ・・・△⊂(´ω`|i|)」といただくと・・・・
美味しさに感動して結局全部モロタという。そぼろ神だよそぼろ。ママンありがとー。

■12:15
予定より10分押して(どうやら何故かトリのMETALLICAのサウンドチェックしてたらしいです)Perfume始まった!

白とピンクの衣装可愛い!!
どんな色も似合ってしまう3人、ホンットにキュート(;´Д`)ハァハァ

しかし・・・・強烈な暑さで意識ぶっ飛びかけてた私。
朦朧としててPTAのコーナー(掛け合い楽しむコーナー)なんてほとんど参加出来なかったですもん。

そんな中、チョコレイトディスコのあまりの格好良さに目が覚めましたがww
このアレンジすっごく格好良かった!(そういや今、車のCMで流れてるピアノverもステキ)

・・・が、しかし!
何度か音が飛んでしまうというトラブルが・・・・!!(((( ;゚Д゚)))ヒィィィィィ!!!!!!!!!!!!
血の気が引いたのですが、本人らのイヤモニにはちゃんと音が流れてたのかと思う程全く動じず、
踊りのズレも一切なく、完璧に踊っていらっしゃいました。
これ凄すぎる!さすがPerfume、プロやわ~~(((( *゚Д゚)))

1. Spending all my Time
2. Magic of Love
3. VOICE
4. Spring of Life
5. だいじょばない
6. チョコレイトディスコ (2012 Mix)
7. MY COLOR

■13:10
何て読むのか謎な「CHVRCHES」という人達を見に、ソニックへ。
(後で調べました。「チャーチズ」だそうで)

ソニックの涼しさに感動しつつ見たCHVRCHES。
ヴォーカルの子がとても可愛く、透明感あふれていました。
夏の間だけ、那須高原のペンションでバイトとかしてそうな雰囲気。
この爽やかさ、マックス・カヴァレラの5億倍。

この子のヴォーカルずっと聴いていたい~♪
って思ってたのに、何かの曲で突然横の男がリードヴォーカルで歌い出しましたよ。
エェー・・・(´Д`;)お前かよ・・・。

というハプニング(大袈裟)もありましたが、本当に爽やかで涼を感じられました。

■13:45
灼熱地獄の外へ。目指すはマウンテン!
さぁ、19歳の天才JAKE BUGGです。

見た瞬間、その可愛いルックスにビックリ。完全に子供やないか(((( ;゚Д゚)))
でもその可愛いルックスとは裏腹に、大物感溢れるたたずまいと、渋い声よ!

実はBrokenしか知らなかったんですけど、聴く曲すべてが良かったです。
カントリー、ブルース、フォーク・・・・何でも取り入れたサウンドが心地良かった~~。

そういえばこの子、リアム並のビッグマウスだそうで・・・。
1Dディスったりしてる記事見ましたが、中二病みたいで恥ずかしくなりました(;ノ∀ノ)イヤン
まぁ、このまま性格に難がある方が見ていて楽しいかなw

■14:20
オーシャンへ移動し、BULLET FOR MY VALENTINEへ。
ずっと見たかったんですよーこのバンド。
めっちゃ格好良いんですよね~~!
新譜、全然聴いてなかったですけど(;´Д`)

メンバー見た瞬間、あまりの格好良さに発狂。
やっぱフロントマンが華のある美形だと舞台映えするわー。(デスキャブに謝れ)
そんな美形フロントマン、マットさんは短髪も似合いますなぁ~~。
こっちの方が何だかイイ人そうに見えますw実際イイ人らしいですが。

で、最初は飛んだり跳ねたり拳あげて楽しんでいたのですが・・・・
すぐに暑さで体力奪われ、半分死にかけるはめに。
もはや立ってるだけで精一杯。

ああ、、、Riot(超好き)が遠くから聞こえる~~~(||i|゚Д。)     ライオッ!!!ライオッ!!!>
と、もうほぼ限界キタコレ。

超楽しみにしてたBFMVだったのに、暑さのせいで後半記憶が薄いのです(つД`。)
このリベンジはいつか必ずしてやる!倍返しだ! ←何を。

1.Breaking Point
2.The Last Fight
3.Scream Aim Fire
4.Riot
5.Tears Don't Fall
6.Temper Temper
7.Pleasure and Pain
8.Waking the Demon

■15:20
死にかけたので、ソニックという名のクーラー天国へ避難。

KODALINEというバンドが演奏中でしたが・・・・
この人達が、もうすんご~~~~く良かったんです!(;∀;)
爽やかな楽曲に、彼ら自身が醸し出す優しい雰囲気・・・・もうこりゃ泣くなという方がムリ。
って別に泣いてませんけど。

サマソニってこういう出会いがあるから、最高なんです。
その後、彼らはCD買いました。すっかりお気に入りです(*´∀`)

涼しいわ、バンドは最高だわ、でこの場を動きたくなかったのですが、
16時からマウンテンでSTEREOPHONICSが始まるのでぼちぼち向かいましょうか。

■16:00
てワケで、2003年のサマソニ以来のSTEREOPHONICSです!

うわぁ、眉毛さん・・・じゃないケリーさん(Vo)ったら相変わらずちっちゃ・・・!
と10年振りに見ても1cmも大きくなっていないケリーさんに目頭が熱くなりました。
でもアダムさん(G)の方が小さかった件。目頭沸騰。

でも小さくても眉毛ボーンでも、めっちゃステキなんですよこのバンド!
夕陽が世界一似合うバンドなんです。
野外でするなら、毎回この時間帯に出てきて欲しいくらい。

そんな野外の雰囲気と、彼らのブルージーなロケンローがベストマッチ。最高~~~

ところで、目の前に日本人と外国人のカップル(結構年配。多分夫婦。)がいらしたのですが、
終始ベタベタしてて結構面白かったですw
Maybe Tomorrowの時なんて、完全に二人の世界。
なので、この日以来Maybe Tomorrow聴くとこの二人のベタつきを思い出してしまうという。
どうしてくれんだ、アンタら・・・。

1.Catacomb
2.Local Boy in the Photograph
3.A Thousand Trees
4.Graffiti on the Train
5.Just Looking
6.Indian Summer
7.Superman
8.Mr Writer
9.Violins and Tambourines
10.Maybe Tomorrow
11.Pick a Part That's New
12.The Bartender and the Thief
13.Dakota

■17:10
天国の名を欲しいままにしているソニックに戻り、MEWです。

この人達、何だかんだで4回位見てる気がします。
イイですよね、MEW(*´∀`)
ヨーナスさん(Vo)の妖精のような声は本当に癒されます。
って妖精の声ってどんなのか知りませんけど(゚∀。)
実はとんでもないデス声だったらどないしょ・・・妖精・・・。

で、そんなMEWですが、、、、、
すみません、かなり記憶が飛んでます(;∀;)
見てたの20分ほどですしね。(言い訳)

とりあえず、妖精ヨーナスさんは、太ってもハゲてもいなかったという事だけは書いておきます。

■17:40
外に出ると・・・まだまだ暑いです(|i|´Д`)オエー
オアシスで昨日も食べたマンゴーかき氷を食し、カラダを冷やしました。

・・・が。
「(ごはん系を)何も食べとかんで大丈夫?メタリカまで持つ?」というママンの言葉で、
「それは言えてる・・・」と、食欲ないのですが焼きそば購入。

無理矢理口に突っ込んで全部食べたのですが、夏休み中の部活思い出しました。
朝から暑い中ずっと練習して、その疲労でお昼休憩は「水だけでいい~~」と、みんなでぶっ倒れていたら
顧問に「お前らちゃんと食っとけ!夜まで練習あるんやぞ!体力持たへんやないか!」と怒られ・・・。
で、無理矢理食べて体力つけて午後からも頑張る、と。

そんな懐かしい部活のエピソードを、あと2つ3つ語りたい所ですが次いきます。

■18:00
さて、マウンテンでCHEAP TRICKです。
先程のステフォ同様、見るのは2003年のサマソニ以来10年振り。

つかロビンなんちゅー格好しとんねん!(((( ;゚Д゚)))
と見た瞬間思わず突っ込み入れましたよ。
何というか、とんでもなくゲイゲイしいというか・・・。(注:この人ノーマルです)

いや、それよりドラム誰ーー???
尋常じゃないほど若返ってるしフサフサやん!!
と思ったら、リックの息子さんでした。
バニたん、ここ数年ツアー不参加なんですね・・・・知らなかった。。

しかし、彼らの曲聴くと原点戻ってきたでーーー!的な安心感がハンパないです。
色々な音楽を聞きますけど、やっぱりこういうストレートなロックが一番好きなので。
あー、いいなー楽しいな~♪チープトリックやっぱり最高だなぁ~♪ヽ(*´∀`)ノ キャッキャッ

と楽しんでいたら・・・・
スクリーンにSNOW BLINDさんそっくりのお兄さん(最前列)が映っていらっしゃるじゃないですか。
「何てそっくりな人なんだ~wwご本人ちゃうんww」とスクリーン見ながらニヤニヤ。
・・・で、後でSNOW BLINDさんに確認したら、どうやらご本人だったみたいですw

1.Dream Police
2.Big Eyes
3.California Man
4.Ain't That a Shame
5.Lookout
6.On Top of the World
7.That 70s Song (In the Street)
8.The House Is Rockin' (With Domestic Problems)
9.I Know What I Want
10.Baby Loves to Rock
11.I Want You to Want Me
12.Sick Man of Europe
13.Surrender
14.Auf Wiedersehen
15.Goodnight

■18:40
さぁ!!私のサマソニはここからが本番ですよ!!!(いやもう終わるやろ)

今回のサマソニ最大の目的バンド、METALLICAです!
私は生まれ変わったらMETALLICA本体になりたい位、METALLICA好きなんです!

というワケで、ここ2日間で最も元気になった瞬間でありました。

■18:50
途中でマウンテンのトリ、THE STONE ROSESを観に行くdaisukeさんと離れ、
私はぐんぐんと前へ前へ・・・!
もはや死を覚悟する勢いで前方突進しましたよーー。
METALLICAのTシャツ集団の中へもぐりこみ、戦闘体勢はバッチリやでーーーヽ(゚∀゚)ノ
(ちなみに私もメタリカT着用。ちなみのちなみに、初日はシンプルプランTでした。←これ信じられないほど色落ちした)

■19:10
ワクワクしながら待ってたら・・・・
AC/DCのIt's Long Way to the Topが!
これ流れたら、もう始まりますよ♪てめーら待たせてゴメンネ♪のサイン!!!!
メタリカT集団大合唱!もはや全員で肩とか組む勢いwwww

そして「続・夕陽のガンマン」のいつもの映像とテーマ曲がきて・・・・
METALLICAキタキタキタキタキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

もう出てきた瞬間から、今日見た誰よりも存在感が全然違う!!!
ステージ登場わずか数秒で、貴様ら全員オレらの奴隷!地球制覇してやったぜ感ハンパない!
これぞ大物の風格!何この最強の4人!ラシュモア山に顏彫ったらええねん!

しかも頭3曲これですよ!?

1.Hit The Lights
2.Master Of Puppets
3.Ride The Lightning

最高!熱すぎ!!もう死んでもいい!
HitThe Lightsで始まるとかもうMETALLICAのセンス最ッッッッッッ高!
アンタら神や!!そして鶴次郎の濃さは世界一やーーーーーーーーーー!

・・・と大興奮中申し訳ございませんが、実際、この時私ヤバかったのです(゚Д。||i|)

太陽が沈んでいるのに、全然汗が引かないんですよ~~。
特に背中!黒部ダムかと思う程、大量の水分が上から下へ凄い勢いで流れ落ちていってるのです。
そして何故か寒い!!!暑いのに寒い!!!何これ!?!?
突然暴れすぎて、カラダおかしくなった??
どうしよどうしよ、メタリカ見てる最中にぶっ倒れたら(;Д;)

で、パニックになりつつ、慌てて冷えピタを首の後ろだけではなくデコにも貼った私。
そして更にカラダ中が冷えるという。お前は何がしたいねんww

てなワケで、暑いわ寒いわで意味不明なカラダになっておりました。
まるで、冬の北海道の露天風呂で半身浴してるかのような気分。

オーディエンスの私がこんな状態だったらステージ上の皆さんはもっとしんどいのでは・・・。
と思っていましたが、案の定、ステージ上の4人も汗ボッタボタ。尋常じゃないでしょ、その汗・・・。
おっさん4人が汗だくでプレイとか、その筋の人達(どの筋だ)にはたまらない図でしょうね。
一番大変そうなのが鶴次郎さん。三つ編みから汗零れ落ちてます。セクシー・・・(;´Д`)ハァハァ

そんなMS5(マジで死ぬ5秒前)な私&4人のおっさんは以下の流れでクールダウン。

4.Harvester Of Sorrow
5.Fade To Black

助かる・・・助かるよ・・・。
あの3曲のあとにFight Fire With Fireなんてきてたら完全に三途の川渡り切ってたよ・・・。

が、しかし。

6.The Memory Remains
7.Cyanide

ここでまた私、発狂。震えながら。(なんせ寒いもんでw)
唐突に始まるThe Memory Remainsに対して、「But The Memory Remains~~♪」のコールで答えるオーディンス。
もう(;´Д`)ハァハァが止まらないwwwあかん、メタリカとファンも好きすぎる!!
もう私、こいつらと共に生きる!!絶対に!!!
と、誰も得しない誓いを立てる有様。
そして私のだーーーーーーい好きなCyanide!!これマジ好き!
つかもうこれ入ってるデスマグ自体最高。何回聴いてても飽きない名作だと思ってます。
次回作もこんなの頼むよ~~。

こんな感じでまたテンション上がって死にかけてたら、

8.Welcome Home(Sanitarium)
9.Sad But Ture

ここでまたクールダウンw助かるwww
Sad But Tureは「ヘビーなの好き?聴きたいか!?」といういつものジェイムズ兄貴のMCで始まるのですが、
毎回「そないにヘビーちゃうやろ」と心の中で突っ込み入れております♪~(゚ε゚( )

ところで、ナナメ前にいる外国人男性がずっとエアドラムしてるんですけど、タイミング完璧すぎて感動。
彼はきっとラーズより上手いと思われます。
そんなエアドラマーの彼が最も光り輝いた曲が次の曲。

10.…And Justice For All

この曲のイントロ、やたら難しそうなのに彼は完璧でした。
思わず拍手しそうになるほど。凄い(((( ;゚ー゚)))
この人、太鼓の達人とか凄いスコア出しそう。

で、このライブで最も私が上がったのが・・・

11.One

でした(;∀;)凄すぎてもう涙出ましたよ~~~
超名曲!!中盤から何なのこれもう~~~。素晴らしすぎる!

あとは誰もが知ってるような曲のオンパレードで最後まで突っ走っていきましたよーーー

12.For Whom The Bell Tolls
13.Blackend
14.Nothing Else Matters
15.Enter Sandman
16.Creeping Death
17.Battery
18.Seek And Destroy

ね?ww
と、レポ放棄してるみたいですが、いつも通り素晴らしかったので書く事ないのですww
ちなみにBlackendは当然のように「バケツリレー水よこせー」「アホでしょバカでしょドラえもんでしょ」の空耳大合唱でしたw

そうそう。
書くの忘れていましたが、ステージセットは単独の時と全く一緒でした。
スクリーン付きの立体型ステージ。
これ後ろの人からも、肉眼でメンバーの姿がしっかり見られてヨイですよね(・∀・)

1.Hit The Lights
2.Master Of Puppets
3.Ride The Lightning
4.Harvester Of Sorrow
5.Fade To Black
6.The Memory Remains
7.Cyanide
8.Welcome Home(Sanitarium)
9.Sad But Ture
10.…And Justice For All
11.One
12. For Whom The Bell Tolls
13.Blackend
14.Nothing Else Matters
15.Enter Sandman
16.Creeping Death
17.Battery
18.Seek And Destroy

■21:10
腕時計(してないけど)指差して、おねむのジェスチャーするジェイムズ激萌え(;´Д`)ハァハァ
これ、前日のWOWOWの生中継(東京)で見た父が、夜になると真似してきます・・・(|i|´Д`)ヒー

そしてメンバーがはけてアナウンスが流れたと同時に、オーシャン脱出。
待ってくれてるdaisukeさんの所へダッシュ。

METALLICAとSTONE ROSESの感想をワーワー言い合いつつバスへ。
つかSTONE ROSESの感想おもろすぎww
時間さえかぶってなかったら絶対観たかったわぁ。

ちなみに後日、WOWOWで放映されたソニックマニアで、噂のイアンの歌唱力をチェックしてみました。
・・・もう想像を絶する外しっぷりに衝撃!これはウワサ以上ではwww
最初から最後まで1音たりとも音程が合わないって、逆に難しいと思うww
でも曲作る才能と声質の良さと何かよく分からないオーラはマジ凄い。何なのこの人w

■22:00
時間超テキトー。桜島駅到着。
からの、ユニバーサル駅までウォーキングデッド。シーズン4見たい。ダリル萌え。

■22:20
西九条で今年も2日間共に闘ったdaisukeさんとバイバイ。
今年もお疲れー!ありがと~!

■23:30
やはり時間スーパーテキトー。(ほら、さっさと書かないから記憶が・・・)
自宅到着。

お風呂入って、軽くご飯食べて、休足時間貼って、PC触って、ベッドへ。

今年もホンットに楽しかったな~。
来年のメンツはどんなんかな~。by仁鶴師匠。

と、ニヤけながら、おやすみなさい。Zzzzz



■総括
こんな無駄に長いだけのレポを読んでくださったアナタは神です。ありがとうございます!
今度呑みに行きましょう!(罰ゲームやめたげて)

それにしても、今年はサマソニ史上最も過酷な年だったと思います。
とにかくこの暑さよ(;´Д`)よくこの暑さで2日間もアクティブに過ごせたもんです・・・。

でもやっぱりサマソニはめちゃくちゃ楽しい!
毎年(しかも大阪でも)やってくれて本当に嬉しいったらありゃしない。
今年は特にメンツが自分好みで、発表時はここ数年で一番テンション上がっていました。
そして実際参加したらやっぱりMETALLICAは素晴らしいし、MUSEは圧巻だったし・・・
で、本当にとっても楽しかった~♪♪

そんなこんなで、今年のベストクアクトですが・・・ミュズリカ(ミューズ+メタリカ)で間違いナッスィン。
そしてワーストアクトは考えるまでもなく、トイレの中で暴れた虫(1日目)で。あいつめ・・・。

また来年も、こうしてレポが書けると嬉しいです。
読んでくださって、ありがとうございました♪


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.