000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

不良中年のSo What

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

コロンブスの評価 七詩さん

サンドの博士ちゃん… まいか。さん

第23節 神戸1-1札幌… mumumu_visselerさん

国際ロマンス詐欺主… シャルドネ。さん

韓国ソウル!文家の掟 shaquillさん
凛。きまぐれホーム… RURIKAさん
奇跡的な月曜日 中村不思議さん

Comments

 bflat@ Re:入れ替え戦ですか・・・・(12/02) テスト 😂😍🙂👩‍🦰🍺🚕❤⚠🔰
 bflat@ Re:日本の敵意?韓国の敵意?(04/08) 3年前のWBC記事にコメントされてもび…
 私野球には素人ですが@ 日本の敵意?韓国の敵意? どっちの敵意を感じたのでしょうか?韓国…
 bflat@ Re[1]:WBC JAPANの試合のマナー(04/08) 修理屋マイスターさん >同感!! >何…
 bflat@ Re[1]:WBC JAPANの試合のマナー(04/08) チョーサン8278さん >私はこういった人…

Freepage List

Category

Calendar

Profile

bflat

bflat

2005年04月23日
XML
テーマ:ニュース(99554)
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日は出張であった。空き時間に古ぼけた喫茶店に入り中日新聞の4月18日夕刊を手にとって見ていたら、高見恭子のとんでもないコラムを発見。さきほど、2ちゃんねるで検索したら文章が拾えた。高見恭子のこのコラムはたまに読むのだが、とんでもない内容が多い。18日のものはあまりにもひどいので、以下に紹介しておこう。天国の高見順はさぞや恥ずかしがっているだろう。こんなバカ娘を世間に放置したことを。

------------- 中日新聞 4/18夕刊 「紙つぶて」より引用 -------------
『お隣の痛み』  高見 恭子 (タレント、エッセイスト)

 お隣から「ちょっと、お願いがあって」と言われた。
聞けば、わが家の塀に絡ませた蔦(つた)が、隣の敷地にまで伸びすぎているとのこと。
ここに越して来た十年前、私が植えた蔦。見る見る元気に緑の葉を茂らせ、目を楽しませてくれていた。
私にとっては、好きな蔦だが、「蔦が絡まる家は、繁栄しない」という言い伝えもあり、嫌う人もいる。
 母もそうだった。お隣も母と同じくらいの年齢。
しばらく悩んだ末、やはり我慢ができないと言いに来たのだと、ちょっと困ったような顔から伝わる。
「分かりました。すぐに切ります」と次の日、植木屋さんに来てもらった。
「少し、残した方がきれいだけど」と言う職人に「いえ、全部塀から取ってください」。
寂しいけど、そう言った。些細(ささい)なことでも、気になり出したら、眠れないほどそのことが
頭から離れない。私もそうだから、よく分かる。だったら、その原因をきれいさっぱり取り除くことが、
隣に住む私の礼儀だと思う。今まで、その痛みに気付けなかったお詫びも込め。

 その夜、ニュース番組を見ていたら、韓国、中国の反日デモに多くの市民が集まり、
日の丸や首相の顔写真を焼き、日本への憎しみ、怒りを表し叫んでいた。
日本大使館にはトマトや空き缶も投げられた。
「あれは活動家の集まり」 「敵国を作り愛国心を煽(あお)っている」と言うジャーナリストもいるが、
そんな言い訳はもう通らない気がする。
 私たちは、もっと真剣に”隣の痛み”について、きちんと感じ取り、考えるべき時が、
今ここに来ているように思える。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005年04月23日 11時06分14秒
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X