100630 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ジャン's ☆ Family

誘導分娩-バルーン挿入&陣痛

処置が終わった午前10時。
診察室に場所を移動しバルーンを挿入する。

バルーン挿入時に『子宮に異物(バルーン)を入れるとその異物を子宮が押し出そうとして陣痛が始まる』という説明を聞く。

しかしその挿入時。相変わらず私の産道が硬いことも指摘される。
ベビーが下がってきたときに産道がもう少し柔らかくなるだろうが、そうでなければ帝王切開も視野に入れておいたほうがいいと再度説明された。
普段の診察からこのことは説明を受けていたので、その言葉は冷静に聞くことができた。
でも出来れば自然に出産したい。
気分は『陣痛よ。。来い!!!』


午後12時。部屋が空いたので入室する。
そして普通に昼食。すごいボリュームに驚く。

一度帰宅していた母親からの電話に『兆候全くないよー!』なんて軽口をたたいていると。。陣痛らしきものがはじまった。


午後1時。10分おきの陣痛になる。
ナースコールで看護婦さんに報告するが、軽く受け流される(苦笑)


その後間隔は益々短くなり、午後2時30分。
内診のため診察室へ移動。
陣痛のときはすごく辛いが、それを超えるとウソのように楽になる。
先生に『出産は今晩か明日になりそう』と言われる。

が。。午後5時。あれほど苦しかった陣痛がウソのようになくなり、普通に夕飯をいただいてしまった。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.