101254 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ジャン's ☆ Family

全259件 (259件中 251-259件目)

< 1 ... 21 22 23 24 25 26

February 12, 2005
XML
カテゴリ:妊娠
妊娠が発覚して1週間と数日。
楽天では妊娠報告をしたものの、
ごく身近な人を除いては報告を控えていた。

でも昨日Dr,から安静を命じられ、
約束していた友人や学校の先生にどうしてもお知らせせねばならない状況になり、
思い切って妊娠のことを伝えた。

そしたらたくさんのメールや電話。
『おめでとう!』の言葉がこんなに嬉しいとは。

そして今日はジャンも会社の同僚に妊娠のことを話したらしい。
そしたら随分喜んでもらえたそうだ。
新年(韓国の正月は2月9日)早々よかったねぇ~!!って。
ホントに嬉しい^0^


そしてもうひとつ嬉しいことは、
ジャンに少しずつアッパ(パパ)の自覚が出てきたこと。

安静を強いられている私に代わって、
昨日はお皿洗いや買い物をやってくれた。
今日はお掃除を頑張ってくれるらしい。
ありがとね^0^

来週から出来れば一人で診察に行こうかと考えていた私。
ジャンに仕事を抜けてきてもらうのも悪いし。。
でもこうして一緒にJr,の成長を見守れるのは幸せなことだなぁ~と実感。
韓国語も自信がないことだし、もう暫くジャンと一緒に通院することになりそうです。






Last updated  February 13, 2005 11:04:32 AM


February 11, 2005
カテゴリ:妊娠
今日ははじめての院長先生に診察してもらう日。

ちょっとドキドキしながら、ジャンとの待ち合わせのため家を出た。
っと!!!さむーーーーーい!!!
《顔が取れるっ!》と思うほどの久しぶりの寒さ。
今日のソウルは最低気温マイナス1度。
ソウルにしてはそれ程寒くないはずなのに、
ここ数日の引きこもり&車移動の生活のせいで、
すっかり身体も鈍ってしまったようだ。。

11時45分。
ジャンと病院近くで落ち合い病院へ。
この間休みの日に突然お邪魔したときとは違い、随分優しい雰囲気。
だってこの間は電気もついてなかったもんね。。
そして数人の妊婦さんもいた。

数分後、すぐに診察室へ呼ばれ、院長先生とご対面!?
ちょっと心配してたけど、穏やかな雰囲気の先生。
よかった!

そしてジャンと共に超音波室へ移動。
診察室へ移動し、置いてあるスカートに着替え準備OK!
早速診察となった。

画面に子宮内部が映し出された。
『Jr.はどこ??』何だか何もないように見える。
先生もいろんな方向を探っている様子だし、私の心臓はバクバク!!
と、先生。『見えますか~?これが赤ちゃんのお家。3日前はほとんど見えなかった赤ちゃんも見えますね。』
『わぁ~!』
はじめてJr.と会えた瞬間でした。

Jr.は1.8ミリに成長しているとのこと。
何だかとっても不思議な気分だった。
私のお腹の中に生命があるんだなぁ~。。。

超音波を終え、診察室へ移動。
数日前からある茶褐色のおりものを見てもらったが、
これくらいなら心配ないとのことでひと安心。

その後、先生はゆっくり色んなことを説明して下さった。
Jr.の状態、私のこと、これからのこと等々。
いい先生みたいでよかった。

でも問題は私の韓国語力。
先生の話も60%程度しかわからなかった(>_<)
病院へ来る前までは、来週からは一人で来ようと思ったのに、すぐさま思い直してしまった^0^
来週もよろしくね!ジャン♪

ただ今は全く問題ないけど、おりものも出ていることだし、
1週間は安静にしていなさいと言われてしまった。
いつもはサボりたくて仕方ない韓国語学校も、行っては行けないとのこと。
行くな!と言われれば、行きたくなるのねぇ~。
でも今は我慢!

月曜日の約束は絶対行きたかったので、ジャンに話してみると、
すぐさま却下されてしまった。。ショック!
はぁ~。一週間大人しくしておこっと。。
この安静は韓国式なのでしょうか?
お仕事してる人はどうするのかなぁ~なんて、ブツクサ考える今日1日でした^0^

*******************************************************

夜、ジャンは軍隊からのお知らせを手に帰ってきました。
3月中旬に2泊3日(しかも平日)の訓練のお誘いだそう。
こういうのを見ると、ここは停戦の国なんだなぁ~と実感する。
でも3月は他に有休を使う予定がありそれ以上仕事を休みたくないので、
延期願いを出すそうだ。
そんなことも出来るのね。。








Last updated  February 11, 2005 10:21:29 PM
February 9, 2005
テーマ:韓国!(12789)
カテゴリ:韓国
今日はソルラル。
なのにケガ人ジャン&妊婦の私は、年に2度の親戚の集まりを欠席。
夕方から行われたシテグ(ジャンの実家)での集まりだけに顔を出した。

でも普段の集まりと何が違うって?
新年のご挨拶が増えただけ。

ジャン&私は新年という自覚に欠けジーンズ姿。
なのにヒョンニム(義姉)夫妻&息子は皆揃ってハンボック姿。
しまった。。失敗したわ!
しかも1歳の息子さんのハンボック姿はとっても可愛かった♪
本人は嫌で大泣きしてたけど。。(>_<)

そして食事を終えた頃、ジャンが待ちに待ったサッカーの試合がはじまった。
日本VS北朝鮮!7時30分にはじまった時点では、
『いやぁ~どっちを応援したらイイんだろうね?』なんて、
皆和やかに話していた。
ところが数分で日本が先制ゴール!!!
私は心の中で『よしっ!!』
みんなは『あぁ~~~~。』
そりゃそうだよね!

そして8時から韓国VSクウェートの試合がはじまり、ひとつの画面で2つの試合を同時に観戦。
しようと義父さんがTVの設定をはじめたところ、ミスってしまった(苦笑)
義父さんも頑張って『こうか?あれ?』と色々やってるけど、どうやっても元に戻らず5分ロス。
ちょっと皆からの反感をかって可愛そうだった。
義父さんも良かれと思ってしたのにね。。(>_<)

結局設定がわからず、KBSとNHKを行ったり来たりして観戦した。
慌ただしい!!

私は昔からサッカーアレルギー!?
こんな呼び名があるのかは??だけど、
テレビでサッカーの放映があると聞いただけで、
避けよう避けようとする習性がある。いや!身についてしまった。

ジャンと付き合い始めた6年前。
『なんでだろう?』と、ふと考えた。

そう!三つ子の魂百までと言うが、将にその通り!
私の周りには常にサッカー興が居たのだ。
私の実の兄はまさにサッカー興。
いつもはふらふら遊び歩いてた兄が、
サッカーがある時だけは欠かさずテレビの前を陣取った。
他の部屋のテレビで見ればいいのに、
一番大きいテレビで見たいそうだ。。
そして私はと言えば、物心ついた時から、
サッカーがあると自分の好きなテレビが見られないという状況に陥ったのです。

そして兄と離れて暮らすようになった数年後。
ジャンと出会ってしまったのです。
未だにその戦いは続いていますが、
ジャンの場合、どんなにチッポケ(失礼!)な大会でも調べあげている。
青少年の大会や親善試合の類まで。
なので、テレビをカチャカチャしながらサッカーの試合を見つけてしまった場合、
とっさに何もなかったかのように私はチャンネルをかえるのですが、
調べ上げた人に対しては、かなり無駄な抵抗ですよね(苦笑)

でもそんな私。最近気付いた。
それは、ちょっとしたサッカー好きの人よりサッカーに詳しいということ。
そりゃそうだよねぇ~。
これだけサッカーの試合を見ながら解説されたら、詳しくもなるか。。

そしてもうひとつ。
サッカーアレルギーではあるが、それほど嫌いではないこと。
むしろ好きな部類に入ってしまうのかもしれない!?

でもそんなこと言ったら、大変なことになるから内緒にしとこう^0^






Last updated  February 9, 2005 10:51:15 PM
February 8, 2005
カテゴリ:妊娠
現在も旧正月を祝う韓国では明日はお正月(ソラル)。
今日は日本でいう年の瀬です。

お昼。近所のロッ○マートにソラルの贈り物でも買いに行こうと、準備をしていた時のこと。
トイレに行くと、透明なおりものの中に薄ーいチョコレート色のおりものが混じっていました。
『えっ!?何???』
急に怖くなった私は、ジャンに産婦人科へ行きたいとお願い。
空いてるか不安はあったものの、電話をしてみると休日出勤の看護婦さんがいて、
『心配だったら来てください!』と言ってくださいました。

で、早速近所の病院へ。
歩いて行っても良かったけど、病院の電話番号を聞くためシテグ(ジャンの実家)に電話したところ、
義兄が車で送ってくれるというので、お言葉に甘えお願い。(ジャンは腕を手術したため運転×)

待ち合わせ時間に義兄到着。
勿論シオモニ(義母)も。。(苦笑)
ここ韓国ではシオモニは必ずといってイイほど、付いていらっしゃいます。

車で3分の病院に着くと看護婦さんが待機していてくださり、
カルテに氏名・住所・生理周期など書いてくれました。

いざ!超音波室へ。。
ちょっと韓国の産婦人科に不安を抱いていた私ですが、あれ!?意外と普通。一安心^0^
超音波室に置いてあるスカートに着替え、ベットに横たわりました。
『ちょ~っと変な感じしますよ。』といわれながら、検査器具?を入れられ、『おっ!画像が!!』
『どうなの?どうなの?』と私はちょっとドキドキ。

なのに看護婦さん!!
私に画面を見せずに、『アッパ(パパ)入ってくださ~い。』って。
ジャン&お母さん登場。
『何も問題ないみたいですよ!ここが赤ちゃんの家で。。』
2人に向かって説明されました。
『私にも見せてくれよ~。』と思ったけど、説明してもわからないと思われたかな??
おりものもこの程度なら心配ないだろうと言ってもらえました。よかった~♪

それから消毒しておしまい!
念のため院長先生に電話で連絡し、状況を説明。
院長先生は実際診察してないのではっきりしたことは言えない様だけど、
看護婦さんの説明で大体の状況を把握してくれた模様。
院長先生が私に電話で直接状況を聞こうとしてくれましたが、
看護婦さんが『オンマ(ママ)が日本人なので。。』って。
初めてオンマと呼ばれた瞬間でした!
嬉しいけど、ちょっと複雑(苦笑)
でも何もなくてよかった~♪

『今日は診察料は要りません。連休明けの金曜日、また検診に来てください』とのこと。
おぉ~。太っ腹!ありがとう。

このお陰か明日のお正月は、ジャンは怪我人&私は妊婦ということで親戚の集まりは欠席してよいということになりました。
うふふ。。ちょっとラッキー!悪い嫁です^0^

思いがけず初めての診察となりましたが、
はじめてジャンJr.にもジャンは会えました。
今度は私も会わせてもらうぞ~!!!







Last updated  February 9, 2005 10:32:53 AM
February 7, 2005
テーマ:韓国!(12789)
カテゴリ:韓国
皆さんは武田久美子と聞いて、何を思い出しますか?
私は間髪入れず、『貝殻!!!』と答えてしまうのですが。。

先日、私のクラスメイト(韓国語教室)が本を貸してくれました。
その名も『武田久美子という生き方~美しいのには理由がある~』
なんだかすごいネーミング!

この武田さん(以下久美子省略)、いつの間にか1児のママになられたとのこと。
今はアメリカ人の旦那様と3人。
アメリカに暮らしているらしい。

で、何故友人はこの本を貸してくれたか?
今年から子作りを開始した仲間同士、彼女はいろんな情報を私にくれるのです。
これもそのひとつ。
この本には武田さんの全て!?
美容・生い立ち・結婚・産後などが記されているのです。

授業の休み時間中。
この本をペラペラ捲っていると、懐かしい写真が出てきたました。
そう!冒頭にも書いた、大事な3箇所を貝で隠した写真。
友人と『わぁ~懐かしい!』なんて盛り上がってると、
隣の女の子が『この人誰ですか?』と話に参加してきた。
『ほら。懐かしくない?武田久美子。』と言うと、
『あぁ~私知らないかも。。』

私。。そこで気付けばよかったのに。貝殻の写真を見せて、
『ほらぁ~この写真あったじゃん!』だなんて。。

『私その頃まだ6歳だから記憶にないです。ウフッ♪』
そう。。彼女はまだ21歳なのです^^

それから話は。。
もう一人の21歳の女の子も加わり、長野冬季オリンピックに。
『だって私、その頃中学生でしたから。。』
『へっ!?長野オリンピックっていつだっけ?』
『1998年です。』
『つい最近じゃない。。』

そんな幼子だった子がもう大学生になってるなんて。。
時の流れを。そして自分の老いをすご~く感じた1日でした(>_<)
そりゃ、韓国語の単語も覚えられないわけだよね^0^(←開き直り)

*******************************************************

本日ジャンは無事退院しました。
安心してソラルを迎えられそうです♪






Last updated  February 8, 2005 08:58:16 AM
February 6, 2005
テーマ:韓国!(12789)
カテゴリ:韓国
あっという間に土・日曜日が過ぎ、
明日にはジャンも退院できそうです。

結局ジャンの回復が早かったので、病院へのお泊りはなし。
毎日病院へ午前中に行き、昼食と夕食を一緒に食べて帰るという生活でした。

で、病院内で気になることが。。
病院の掲示板至る所に張ってある病院広告。

遠目に見ても痛々しい、なんだか嫌な予感。
でも今日!はっきり見てしまいました!!

それは。。☆手術のBefore⇒After☆

ジャンが今入院している整形外科は、
ソウルでは1・2を争う有名な病院。
テレビにも多数出演している模様。

でもね~こんな痛々しい広告作らなくても。。。
その1:指が4本切れてしまった人の☆切れている状態⇒繋がった状態☆
その2:腕がざっくり切れてしまった人の☆切れている状態⇒繋がった状態☆
この広告が掲示板の至る所に張ってあるのです。

毎日通るナースセンターの横にも張ってあって、
チラ見しては怖くて見れずにいたのですが、
今日とうとう見てしまいました。

だって!おじさんがナースを質問攻めにしてたから。
おじさん『なんで指4本切れて血が一滴も出てないんだ?』
ナース『いや~それはですね○○(難しくてわからず)』
おじさん『いや!でも可笑しいじゃないか!!』
ってな具合。

で、私。思わず《偽者なんじゃないの!?》と半信半疑で見てしまったのです。
失敗したー!!
夢に出てきそうです(>_<)

結局おじさんも『いや~。それにしても上手く繋いだもんだ!』なんて言ってる。
はぁ~。。見るんじゃなかった。。

この広告を見て、数年前の出来事を思い出しました。

中国旅行中のこと。
中国の皆さんが、熱心にある掲示板を見ていたのです。

で、私も思わず見てしまった。。
そこには交通事故現場の写真が十数枚。
日本ならモザイクが入りそうな亡くなった方まで、
ばっちり写真に収められています。

この写真。結局何が言いたかったかというと。。
《安全第一!!!!!》
それは公安(中国警察)の掲示板だったのです。

要らないよぉ~。。こんなお知らせ。
私が打たれ弱いのか。。もうちょっと違った形でお知らせして欲しいと思うのは、私だけでしょうか???






Last updated  February 6, 2005 07:05:29 PM
February 5, 2005
テーマ:韓国!(12789)
カテゴリ:韓国
昨日は病院で泊まりがけの看病だったはずの私が、
何故朝から家で日記をつけているか??

韓国ではよくある話!?
予定が突然変わったのです^0^

2/4の午後5時。
ジャンの経過も気になるし、そろそろ泊まりの準備して病院にでも行くかと考えてた時。
シオモニ(義母)から電話がありました。
『Yangzi~!ワッタガッタ(行ったり来たり)大変だから今日はもういいよ。私が泊まるから。』
『えっ??いや~。いいですよ!オモニも疲れてるだろうし、私が泊まります。』
とお断りした瞬間、シアボジ(義父)登場。
『Yangzi~!お父さんだよ。今日はもう家でゆっくりしてないさ。アラッチ?(わかった?)』
『ええっ~!』そしたら次はジャンが電話に出て、
『Yangzi~。俺は大丈夫だから今日はもういいよ!ゆっくり休んで。』って。
全身麻酔から醒めたばかりで、か細い声ではあったけど元気そう。よかった~♪
そこまで言われたらね。。
取りあえず『じゃあ。。よろしくお願いします。』と言って電話を切った。

でもやっぱりジャンの顔を見ないと心配だわ!
思い直して午後6時。
ジャンの顔を見に、病院まで行ってきた。
朝はタクシーだったので気づかなかったけど、病院は地下鉄で2つ目の駅。
所要時間徒歩&地下鉄で30分。近い!

で、病室へ!
『ジャン~。大丈夫?』
『あれ!?Yangzi来ちゃったの?よかったのに。』
そしたら共同テレビの前で仁王立ちしていたシオモニもやって来て、
『オモ!?なんで来たの?よかったのに。。』(でもちょっと嬉しそう)
ジャンは麻酔が醒めてすぐに出された夕飯を平らげ、
ミネラルウォータも2本飲み干すほど回復したらしい。
よかった~♪
で、3人仲良く差し入れに持っていったジュースを飲み干し、20分後には晩くなると危ないからと追い出されるように退散しました^0^

その短い滞在時間でひとつ気になることが。
突然部屋へ入ってきたおじさん。
入院患者皆さんのベットにキャンディーを2つずつそ~っと置いていく。
特に言葉もなく、これは何!?差し入れ?
シオモニが向かいの看病のおばさん(←私が昨日の日記でおじさんと思い込む失礼をした方)に聞いたところ、
隣のカラオケ屋さんなのだそう。
そりゃキャンディーにも宣伝書いてないし、そ~っと置いていくだけじゃわかんないよ!宣伝になってるのかしら?

ジャンの入院している病院は外科専門。
皆怪我はしてるけど、他は普通の人と変わらずとっても元気だものね。カラオケにも行くか^-^
帰りに通りかかったフロアのロビーでは、
大学生らしき子達が集まってピザ食べてたし。
『病院もデリバリーOKなんだ!へえぇ~』なんて独り言を言いながら病院を後にしました。

と言う訳で、心配した病院滞在はなくなり、
今朝はシオモニと10時に交代するため病院へ出かけます。
やっぱり今日はお泊りかしら。。
ジャンは泊まらなくていいよ!って言いそうだけど、シオモニがね~。
でも入院患者にちょっと興味深い人がいるので、
それもいいかもね。。








Last updated  February 5, 2005 08:32:18 AM
February 4, 2005
テーマ:韓国!(12789)
カテゴリ:韓国
今日は韓国の病院初体験!
と言っても、私がどうこうしたというのではなく、
前から先延ばしにしていたジャンの手術を受けに行ってきました。

思い返せば1年4ヶ月前。
結婚前の私達は、日本と韓国での遠距離恋愛をしていました。
で、その日に限って、お昼にジャンからの電話。
虫の知らせとでも言うのか、鈍感な私でも
『何かあったのかな?』とは思ったものの、
元気そうな声だったので、特に気にせず電話を切りました。
でも後で分かったことなのですが、その電話は病院から。
手術が終わり、全身麻酔から目を覚ましての電話だったそうです。
当の私は、やっぱり鈍感なのか。。《ちょっと変!》と思いながらも
ジャンの怪我&入院を知ったのは、退院が決まった1週間後のことでした。
離れて暮らしている私に、心配させまいとしてくれたことのようです。
ありがと!ジャン☆

そして。。前置きが長くなりましたが、今日は2度目の手術!
その時入れたボトルを取り出すそう。

おっとっと!(←古い!?)怪我の理由を書かなければ。。
楽天日記2日目!まだまだ要領が悪くてごめんなさいm(_ _)m

野球大好き人間のジャン。
その日も社会人野球のピッチャーをしていました。
で、試合中。。ジャンが思いっきり投げた瞬間、
『ボキッ!!!』
ジャンはあまりの痛さに倒れてしまったそうです。
恐らく、腕の振りに鈍った身体がついて行けなかったのでしょう。
投げた瞬間、右腕の骨が折れてしまったそうです。恐ろしい!
その日の審判によると、
『審判経験○十年。今回が2度目だ!』とのこと。
稀にあることのようです(>_<)

そして朝から一緒に病院へ行き、検査。
午前中に検査は終わり、病室の空く2時までダラダラして過ごし、さあ!入院。
初めて見る韓国の病室は。。『あれ!?思ったより普通。』
7人部屋でジャンは6人目の入院患者。
でも『・・・』。
患者用ベットとは別の、半分くらいの高さのベットに寝てる人がいる。
『この方はおばさん!?(←失礼!)』
『怪我もしてないようだけど、何してるのかしら?』
まぁそれ以降は特に気にせずにいたのですが、手術がはじまる前の午後2時。
シオモニ(義母)から、
『じゃあ、Yangziはそろそろ帰って休みなさい!』
と言う、優しいお言葉!
『いえ。大丈夫です。手術が終わるまでいます!』
『でもYangziは今日泊まらないといけないから、今はとりあえず帰って休みなさい。』
『えっ??泊まるってどこにですか???』

そこへ私の大好きなヒョンニム(義姉)の登場。
間もなく1歳になる息子を預けて、様子を見にきてくれたのでした。
そしてまたもシオモニはヒョンニムに向かって、
『いやぁ~。Yangziは泊まらないといけないから、今は取りあえず車で連れて帰ってあげて!』と言っている。
いつもは正義の味方!いや。。私の見方のヒョンニム。
そのヒョンニムの口から、
『そうね。じゃあYangzi帰ろうか。でもこの環境で眠れる?』って。
あれ!?ヒョンニムが反対しないと言うことは、韓国では普通のことなのね。。もしかして日本でも普通のことなのでしょうか?
そしてさっき失礼なことを書いた、低いベットで寝ているおばさん。
あぁ~。。看病の方だったのね。
ということは、私もこの低いベットで寝るっていうこと!?

妊娠発覚2日目。
どうなることやら。。ちと心配。
それでは続きはまた明日!








Last updated  February 4, 2005 05:48:05 PM
February 3, 2005
カテゴリ:今日の出来事
☆妊娠検査薬☆陽性!を機に、
今日から日記を付けることにしました。
Yangziと申します。よろしくお願いします^0^

結婚して7ヶ月。
韓国ソウルでの生活にも慣れてきたし、
韓国語も少しは上達した!?(以前よりは。。)ということで、
子作り解禁した1月。
1月下旬から何だか様子が違う。
『もしかして!?』と思う反面、
『いや!そんなに直ぐ妊娠するはずは。。』と思いつつ、
今朝思い切って妊娠検査薬を試してみました。
そしたらなんと陽性!
うわぁ~。。ホントかな!?

半信半疑で早速ジャンに報告。
そしたら第一声『おめでとっ!!』って。
『何!他人事!?』と思ったけど、その後ジャンは嬉しそうに、
♪Yangzi!ヒンネセヨ~♪♪ウリガ~ イッチャナヨ~♪を歌い続けてくれました^0^
この歌は、不況の韓国で流行っている歌で、
《Yangzi!頑張って。私たちが居るじゃない~》という内容。
嬉しそうなジャンを見て、私も嬉しくなりました♪

今晩は、☆妊娠発覚&ジャン兵役終了2年おめでとう☆をちょっと強引に兼ねて、外食する予定。
妊娠がわかった今朝は、いつもより空が青く感じました。






Last updated  February 3, 2005 04:49:44 PM

全259件 (259件中 251-259件目)

< 1 ... 21 22 23 24 25 26

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.