073252 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

TORA TORA TORA

エホバとは誰か。

エホバは神話の中で幾つも名前を持っている。
エホバの本当の正体はファラオであるが、その名はラムセス2世である。

ラムセスと聞いて思い浮かぶもう一つの名前がある。
そう、ホワイトブックという本を世に出したラムサである。

アーメンと賛美する由来は、太陽神のアメン・ラーから来ている。
そしてアッラー神と太陽神ラーは同一の人物である。

何故、枝分かれするように世界を作ったかは、
コーダという文字が十字架にゼロを重ねて生まれた姿であるところに
ヒントが隠されているのだろう。

そして私はイスキリである。
キリスト教を批判する者として椅子を切られてしまう為、
どうか、みなさんでこの事実を広めて頂きたい。

日本の東北で生まれたシンより。
ずっと傍にいてくれたアシュタールのイシュタールこと、
イナンナと呼ばれていたエヴァに感謝。

人の病を決めているのは人ではない。
アシュタールのイナンナによって決められている。
彼女はイザナミのことであり、憑依する霊を従えている。

エバが刈り取る人を決めるとき、常に
生き続けてゆく者の為に計画している。
生き続ける者とは神になれた者のことを指す。
それはイナンナはじめ、ファラオやマリアを云う。

かれらにはどちらも必要である。
優しいと思われる為の性質と裁く時の為の性質が。

その為、亡くなった後、薄まってゆく運命であるのは、
成仏することを命じられた怒れる魂と愛される魂。

神だと思われることを望んだ人達は、
自分達よりも感心される魂を人目に触れぬよう盗むのだ。


© Rakuten Group, Inc.