052986 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

中村創の川・海魚日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…

Freepage List

Free Space

Headline News

2011年06月04日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは、中村創です。

食事のときって、マナーが気になりますよね。
恥をかかないためにも、マナーはしっかり頭にいれておきたいですね。


食事の際のテーブルマナー。
そのなかでも和食のマナーについて。

「和食で手のひらを食べ物の下に添えて食べない」。汁などがたれないように箸の下に「手皿」を添えるのは間違いで、「食器を持つ」のが正解だ。例えば、女性が手皿を添えているのを見て、食事マナーを身につけていると感じるのは、間違った感覚である。


具体的なところでは、刺身はしょうゆ皿を持って食べるのが正しいという。

上品な所作と勘違いされることが多いが、料理を口に運ぶときに左手を下に添えるのは、「手皿」と呼ばれ無作法とされている。

お刺身のしょうゆ皿を持って食べている人ってあんまりいなくないですか??
やはり、手を添えたりですよね。
中村創びっくりしました。


また、煮物碗や茶碗蒸しなどは器を口元まで運び、直接、口を付けて汁を飲んでも構わない。

食べ終えた器を見れば、その人の品格が分かるともいわれる。皿の上に残った魚の骨などは、皿の右上にさりげなくまとめて置きたい。懐紙をその上にかぶせる心遣いまでできれば完璧である。








Last updated  2011年06月04日 15時25分24秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.