006183 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「世相、人生、投資」是ぞわが心にかなわぬもの

PR

Profile


サザンサウザンド

Calendar

Category

Recent Posts

Favorite Blog

フロイント産業(6312… New! 征野三朗さん

2019主力株概況8位、… New! みきまるファンドさん

3908コラボス(時価… わくわく303さん

前日比△688,000円 かぶ1000さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

全438件 (438件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >

2019.10.14
XML
カテゴリ:その他雑感など
台風19号の爪痕(その2)


10月12日~13日に日本列島に襲来した台風19号について、被害の大きさが続々と明らかになっています。

自然の猛威の前には、人類は謙虚でなければならない、と改めて思いました。
株式投資のような経済活動も何も、平和な日常基盤があってのことです。


平和でない日常となると、人類は生存本能が高まるはずです。
人類が生み出す能力・知恵も、一時的に増えるようになるのではないでしょうか。

これから毎年、「大型で、非常に強い」台風は来るかもしれません。
また、「超大型で、猛烈な」台風が来る日も遠くないかもしれません。


今までの享楽・快適性を追い求める暮らしのあり方について、今後は徐々に継続が難しくなるだろうな、と意識しました。


米中貿易戦争など、やっていていいの?と思わざるを得ません。
スウェーデンから来て、国連総会で演説した少女を思い出しました。






Last updated  2019.10.14 23:34:45
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.13
カテゴリ:その他雑感など
台風19号の爪痕


昨日12日、日本列島に接近し、伊豆半島に上陸した台風19号は、大きな爪痕を残しました。

台風19号の中心気圧は、10月6日18時には992hPaであったものが、24時間後の7日18時には915hPaになる急速強化により、24時間で77hPaも急低下しました。

その結果、大型で猛烈な台風となった台風19号は、最大風速が60m、瞬間最大風速が75mに達するとんでもない台風となって、日本に接近してきました。

上陸前には、大型で非常に強い勢力となって、12日19時頃に中心気圧955hPa、中心付近の最大風速40m/sで伊豆市付近に上陸しました。


私も台風対応で仕事についており、戦々恐々でした。
終わってみると、風は意外に早く抜けたものの、雨が半端でなかったです。

鮮烈なのは、千曲川に決壊による北陸新幹線の車両の水没でした。
全車両数の1/3くらいが水につかったようなので、しばらくは北陸新幹線は片肺飛行になるでしょう。


50年に1度と言われるような、異常災害が毎年来るのが当たり前になり、地球が徐々に狂暴化して壊れていくのを感じるようになってきましたが、自然との上手な付き合い方について、人類の叡知により考えていく必要がありそうです。






Last updated  2019.10.13 22:47:14
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.12
カテゴリ:その他雑感など
米中貿易協議で部分合意、15日の対中関税上げ延期


米国・中国各政府は米国時間11日に、貿易問題で閣僚級協議を開き、農産品や為替など特定分野で部分合意に達しました。

中国が米農産品の輸入を増やすほか、通貨政策の透明性を高める。
一方、中国のこの出方を受けて、トランプ大統領は10月15日に予定していた中国製品への制裁関税の引き上げを先送りすると表明しました。

貿易戦争の更なる激化は、この時点ではひとまず回避されたことになります。(良かった)


米中合意のポイントは、中国による米国の農産品の輸入の400億~500億ドル増加のほか、米国が人民元安への意図的な誘導と批判してきた通貨政策では透明性を担保する、としました。
また、金融市場を開放したり、技術移転の強要をなくしたりする施策も含まれるようです。


トランプ大統領は、11月にチリで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議で、習近平国家主席と正式に署名することに意欲を示しました。

今回の合意は、比較的歩み寄りやすい分野に限って部分合意したものであり、中国の過剰な産業補助金や国有企業の優遇など解決が難しい難題は先送りしています。






Last updated  2019.10.12 19:41:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.11
カテゴリ:株式投資
台風19号、1958年狩野川台風クラス


明日12日に関東付近に上陸の見込みの台風19号は、勢力は「猛烈な」から「非常に強い」に1ランク落ちたものの、中心付近の気圧が925hPa、大きさは大型のままで巨大な暴風域を維持しています。

台風19号は、土砂災害や河川の氾濫で1,200人を超える死者・行方不明者を出した1958年の狩野川台風に匹敵する勢力で上陸するようです。
今日は、1958年当時の映像がテレビで散々流れています。

台風19号は、7日に熱帯の海で「急速強化」の急発達をしており、中心を取り巻く「壁雲」は、高度15~16キロメートルに達し、成層圏に突き抜けているそうです。
上陸時には、陸上でも風速40メートルを超える暴風が吹き荒れる恐れがあります。

先月の台風15号で激しく被災した地域も、再建を前に再び巨大大風に直面することになりそうです…。




さて、今日11日の日経平均株価は続伸、21,798.87円(前日比+246.89円、+1.15%)となりました。
東証株価指数(TOPIX)は3日ぶりに反発、1,595.27(前日比+13.85、+0.88%)となりました。

東証1部の売買代金は、約2.11兆円となり、8営業日ぶりに2兆円を超えました。

東証1部の値上がり銘柄数は1,231、値下がり銘柄数は807、変わらずは115でした。






Last updated  2019.10.12 19:32:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.10
カテゴリ:IPO
IPO(7170アンビスHD)


2019年10月9日、7170アンビスHD(東証ジャスダック)が上場しました。


・公募価格2,800円

・初値4,260円(10:39)
・高値4,450円(11:07)
・安値4,000円(14:28)
・終値4,170円(15:00)


アンビスHDは、前日8日の4475HENNGE、4476AICROSSに続いて連日の上場となりました。

前日上場の4476AICROSSに、人気が極端に偏っており、相対的に地味な滑り出しとなってしまいました。



5分足チャートは、以下のとおりです。
※SBI証券ホームページから引用










Last updated  2019.10.12 19:11:53
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.09
カテゴリ:IPO
IPO(4476AICROSS)


2019年10月8日、4476AICROSS(東証マザーズ)が上場しました。


・公募価格1,090円

・初値1,800円(11:06)
・高値2,200円(12:51)
・安値1,750円(11:06)
・終値2,200円(15:00)


AICROSSは、4475HENNGEと同日上場となりましたが、こちらのほうが人気が高いので、初値の直後に1,800円~1,900円でもんだ後、後場から一気に特買いとなり、そのままストップ高で比例配分となりました。



5分足チャートは、以下のとおりです。
※SBI証券ホームページから引用











Last updated  2019.10.12 19:02:42
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.08
カテゴリ:IPO
IPO(4475HENNGE)


2019年10月8日、4475HENNGE(東証マザーズ)が上場しました。


・公募価格1,400円

・初値2,001円(10:19)
・高値2,079円(10:27)
・安値1,805円(12:33)
・終値1,904円(15:00)


HENNGEは、4476AICROSSと同日上場となり、しかもAICROSSのほうが人気が高いので、初値の直後に高値を付けた後は下落して、以後は微上昇でした。



5分足チャートは、以下のとおりです。
※SBI証券ホームページから引用










Last updated  2019.10.12 18:47:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.07
カテゴリ:株式投資
8月の景気指数が4カ月ぶりの悪化


今日7日、内閣府が8月の景気動向指数を発表しました。
景気の現状を示す一致指数は、99.3(前月比-0.4)となりました。

指数の推移から、機械的に決定される景気の基調判断は4カ月ぶりに「悪化」となり、今月の消費税増税を目前に控えた国内景気の停滞感が改めてデータ上からも明らかになった、という次第です。

米中貿易戦争の影響で、今年に入って以降、一致指数による判断は3月、4月に2カ月連続で「悪化」となりました。
5月以降は好調な新車販売などが寄与し、悪化より1段階上の「下げ止まり」でしたが、その後は貿易戦争の影響で、世界経済の減速が鮮明になり、国内景気も製造業を中心に下押し圧力が継続しています。





さて、今日7日の日経平均株価は続落、21,375.25円(前日比-34.95円、-0.16%)となりました。
東証株価指数(TOPIX)も続落、1,572.75(前日比-0.15、-0.01%)となりました。

東証1部の売買代金は、約1.52兆円となり、9月3日以来の低水準で、最近の本来の実力に戻ったような状態でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1,015、値下がり銘柄数は1,015、変わらずは122でした。
値上がり銘柄数と値下がり銘柄数が同数となるのは、珍しいです。


先週4日の米国市場は大きく上昇したにもかかわらず、いつものように米中貿易協議の不透明感が意識され、ということでした。

米国のブルームバーグ通信が、7日朝、「中国当局者がトランプ米大統領が求める幅広い通商協定で合意することに一段と消極的な姿勢を示している」と報じており、米中交渉の進展を巡る楽観的な見方が後退しました。

10月1日から休場続きだった、中国本土市場は明日から取引再開となります。
このタイミングでの長期休場明けに、市場がどのように反応するかは注目ですね。

ソフトバンクグループ(SBG)が、かなり弱々しいものの、久しぶりの続伸となりました。






Last updated  2019.10.07 16:48:43
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.06
カテゴリ:株式投資
国内株式の主要指数の状況


9月が終わり、今年度も半分が終わりました。
国内指数について、いったんまとめておきます。
各指数の終値は、10月4日終値です。
※チャートは6ヶ月チャートで、SBI証券ホームページから引用


■日経平均株価 21,410.20円(前年末比+1,395.43円、+6.97%)
※10月3日の下落が響いています。










■東証株価指数(TOPIX) 1,572.90(前年末比+78.81、+5.27%)
※10月3日の下落が響いています。










■日経ジャスダック平均株価 3,379.93円(前年末比+169.80円、+5.29%)
※先週までの14連騰が効いて、上昇を維持しています。










■東証マザーズ指数 870.49(前年末比+58.17、+7.16%)
※大型株が停滞する中で、新興株が粘りました。










■東証2部指数 6,566.11(前年末比+332.50、+5.33%)
※大型株とも新興株ともやや異なる動きです。










■日経平均VI 18.30
※10月3日に20寸前まで行きましたが、踏み留まりました。










今週は、米国発の悪指標もいくつか出ました。
香港情勢も不穏な情勢です。

投資信託の割合をやや増やしていこうかと、検討中です。






Last updated  2019.10.06 14:44:23
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:その他雑感など
ラグビーワールドカップ、日本がサモアに勝利!


昨日5日、ラグビーワールドカップのA組予選で、世界ランキング8位の日本が、同15位サモアを38対19で下し、開幕から3連勝としました。

また、A組3位以内が確定したため、2023年のワールドカップの出場権も獲得しました。
次の試合は、10月13日に、4年前に敗れた同9位スコットランド戦となります。


明日からの株式市場も、少しは反発してくれると良いかな、と思います。






Last updated  2019.10.06 13:59:02
コメント(0) | コメントを書く

全438件 (438件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.