464418 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

La vie @ Sydney

PR

Calendar

Profile


PetiteTiare

Freepage List

May 6, 2007
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
友人カップル行きつけの、ヨットハーバーに面したレストランでブランチ。
ここはKCが以前から行ってみたいと言っていたところで、私もとても楽しみにしていた。

レストランは、Mosmanにあるシーフード・イタリアンのOrso

高級イタリアンらしく、East SydneyのBeppi'sやPaddingtonのBuon Ricordoと同じように、ウエイターは全員初老の上品なおじさまたちをそろえてあり、客層も見るからにリッチなおじさまとおばさまたちばかりびっくり

食前酒に私がミモザ、KCはビールをそれぞれとって乾杯♪
前菜にはスキャンピのビスクとホームメイドのニョッキ、メインにはシーフードパイとオーシャントラウトをチョイススマイル

ビスクは塩気もコクも足りず、KC曰く海老臭さが少々気になったらしい。
ニョッキの方も塩分は控えめだったけれど、上に乗せてあるパルミジャーノのスライスと一緒に食べるとちょうどいい感じ。

Orso1

メインのオーシャントラウトも同じように、副菜のアーティーチョークのしょっぱさが全体のバランスを整えていたけれど、30ドル以上も出して食べるようなものじゃないような気がした。

KCがいちばん気に入っていたのは、私がオーダーしたシーフードパイ。
パイの中にホタテや白身魚や大きな海老がクリームソースと一緒にたっぷりと入っていて、これは他のメニューに比べるとしっかりと味がついていた。
だけど、こちらもこれだけの高い値段を払う価値はないかも。
これくらいなら自分で作れるかもな、などとちらっと思ってしまったくらい。

ウエイターのサーヴィスも期待していたよりは、そんなに感慨深いものではなかったのが残念。

最近は料理の質とサーヴィスに比べて、値段が高すぎるレストランが本当に多い。
ここも例外ではなかったみたい。
唯一素敵だったのは、ヨットハーバーを眺めながら食べられるという雰囲気くらいかな・・・。

タヒチの「ヨットクラブ」というレストランを懐かしく思い出してしまった。
フリーページにも書いているけど、ここのハッピーアワーは「日が沈むまで」というとても粋なもの。
こういう場所がシドニーにひとつくらいあってもいいような気がするんだけどな。

ちょっと期待はずれだったけれど、こういう雰囲気はやはりシドニーならではのものかも。
ここを離れたら懐かしく思うものなのかもしれないな。

Orso3

Orso Bayside Restaurant
The Spit
79 Parriwi Road
Mosman
Phone: 9968-3555






Last updated  May 8, 2007 07:28:57 PM
コメント(14) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Recent Posts

Archives

・May , 2022
・Apr , 2022
・Mar , 2022
・Feb , 2022
・Jan , 2022
・Dec , 2021
・Nov , 2021
・Oct , 2021
・Sep , 2021
・Aug , 2021

Favorite Blog

カラーイ韓国日記 TinaWillさん
★ オパールブリス … オパールブリスさん
What’s シドニーラ… ももずさん
カナダ市場 naoquitoさん
ジンギスカンだーい… はな_さん
OH! MY BUDDA! atsuseeさん
韓国ーオーストラリ… ひよろんさん
ドタバタ珍道中@し… caramelatteさん
スロ~de 沖縄 やーるぅさん
とんとと的日常生活 とんとと@Ausさん

Category


© Rakuten Group, Inc.