093363 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

TIFF 学生応援団Officialblog

PR

全105件 (105件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

Oct 31, 2011
XML
カテゴリ:ブログ
学生応援団、中山真理子です。


TIFF学生応援団


大学生最後の年に、
普通出来ないような素晴らしい経験が沢山出来て本当に嬉しかったです!
監督やプロデューサーや俳優の方を始め、
沢山の映画関係者の方のお話を聞くことができ、
映画の真髄に触れられたような気がしています。

バンタン

ライブドア


学生目線でしたが、
1人でも多くの方に映画祭の魅力を発信することが出来たのならとても幸せです。


取材

TIFF学生応援団

このような貴重な経験をさせてくれた事務局の方々には、感謝してもしきれません。
忙しい中わたしたち学生の意見に耳を傾けて下さって
本当にありがとうございました!

TIFF学生応援団

TIFF学生応援団

スタッフの方と一緒に活動する毎日がとても貴重な時間でした。
終わってしまってとても寂しいです。

TIFF学生応援団


学生応援団のみんな、
学生生活の終わりにこんなに素敵な仲間が出来るなんて思ってもみませんでした!
初めての試みだったけれど、この活動にみんなと携わることが出来て
とっても楽しかったです!本当にありがとう!

TIFF学生応援団

TIFF学生応援団

TIFF学生応援団

秋といえば、映画祭の秋
となるよう、これからも応援していきます!
どうもありがとうございました!



TIFF学生応援団

青山学院大学4年 中山真理子






Last updated  Nov 16, 2011 11:55:07 PM
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:ブログ
学生応援団、水島崇志です。


本当にこの二ヶ月間あっという間でした。

Time Out


しかし、普通の大学生活では絶対にすることのできない経験をさせてもらいました。
楽しいことや辛いこと、いろいろあったんですが、どれも今となっては良い思い出です。


東洋英和女学院

TimeOut2



僕はアジア映画を基本的に担当したのですが、
アジア映画は他の国の映画とは違う活力が感じられる
作品がたくさんありとても面白かったです。

石坂さん取材

石坂さん講義

またアジアの女優さんたちは綺麗な方が多くて、
その方たちと一緒に写真を撮ったり、お話したのは最高の思い出です。


TIFF学生応援団

TIFF学生応援団

僕たち学生応援団は新しく作ったということもあり、
立場ややることなどまだわからないことが多く、
たくさんのスタッフさんに迷惑をかけたのですが、
そんな僕らを見放さず、グリーンカーペットを歩かせてくださったり、
取材に行かせてくださったスタッフのみなさんには本当に感謝しています。

TIFF学生応援団


いつも僕たちの仕事を引っ張ってくれた尾上さん、
僕らが大好きでいつも一緒にいてくれた優しいお兄さんの服部さん、

またいつも話しかけてくださったり、本当にお世話になったスタッフのみなさん、
そしていつも一緒にいた5人の仲間と佐藤マネージャー。

TIFF学生応援団


みなさん本当にありがとうございました。


水島崇志2


早稲田大学2年 水島崇志






Last updated  Nov 15, 2011 11:09:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ブログ
学生応援団、平岩英佑です。



プレイベント2


私は来年から映画業界で働きます。


最初は少しでも映画の知識を蓄えたい、
実際の仕事に携わってみたい、

そんな思いで、学生応援団をやる事を決意しました。

男はつらいよ

この二ヶ月の予定はほとんど映画祭が占めていました。
映画祭中は朝から夜遅くまで活動する日もありました。
試写会で一日三本映画を観る日もありました。


年齢も大学も違う7人が集まり、初めての試みという事で結成され、
戸惑う事も多々ありました。
そんな中で自分達なりに、ひたむきに頑張り、大学生に向けてPRしてきました。



Time Out

Time Out

映画祭に大学生が来ていると嬉しくなったし、
自分が担当していた香川京子さんの映画に若い人がいた時は感動しました。
そんな素晴らしい経験を頂けた事をスタッフの皆さんに本当に感謝しています。
映画には本当に人を動かす力があると実感しました。

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船



そんな楽しくも大変だった二ヶ月を過ごして得た一番大きなものは、仲間でした。


TIFF学生応援団


大学四年の最後に、こんな素晴らしい仲間に出会えて本当に幸せです。
学生最後の素晴らしい思い出ができました。


TIFF学生応援団


最後に皆で寂しいという思いを共有できて嬉しかったです。
みんな本当にありがとう。


TIFF学生応援団


そして映画祭に足を運んでくれた大学生の皆様、ありがとうございました。
きっとまた2代目学生応援団が東京国際映画祭の魅力を皆さんに届けてくれます!!



TIFF学生応援団



来年もご期待下さい!!





平岩英佑



慶應義塾大学4年  平岩英佑






Last updated  Nov 15, 2011 08:51:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ブログ
学生応援団、下野篤史です。


TIFF学生応援団

東京国際映画祭学生応援団の活動を終えて


 「映画が好きです」という思いから始まった自分の大学生活が、ここまで充実してくるなんて思いもしませんでした。

牛タン

今まで見たこともない、国々の映画。

聞いたことのない、裏話。
触れることすらできなかったグリーンカーペット。
映画界の夢の舞台を体験した。いや、してしまったのかもしれない。
本当に自分がこんなことをしていいのかと、何度も思うことがありました。

撮影

それゆえに、自分の力をとにかくがむしゃらに出しつくしました。
メンバーの写真撮影、画像処理、取材、記事作成。
なにか一つでも貢献できるように、
思い出に残るように、
自分の誇りになるようにと、
メンバー全員ががんばっていたように思います。
記者会見

映画祭中、フランチェスコ・パティエルノ監督が僕に、
「伝えたいことへの情熱を持ちなさい」
とおっしゃってくださいました。
その、まっすぐに僕を見ながら言ってくださったこと。
まだ目・耳に残っています。
今後の自分の映画製作にもかかわってくる、思い出の記者会見でした。

小田急百貨店

正直、自分の映画の知識など何の役にも立ちませんでしたが、
映画を作りたい思いが意外に役に立った事が実は一番うれしかったです。


ブログでの発信という小さな活動ではありましたが、得られたものは非常に大きいものでした。これも映画祭関係者の方々のおかげです。

Time Out

「映画」を通じて、こんなにも貴重な体験、たくさんの人々に出会えたこと。
映画の力を信じたからこそ、成し遂げられたのではと思っています。

映画人の視点



本当に、ありがとうございました!



取材


いつかまた、この東京国際映画祭に力を届けに帰ってきます!





下野篤史1


明治大学2年 下野篤史







Last updated  Nov 14, 2011 06:31:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ブログ
学生応援団、斉藤有希です。


TIFF学生応援団

東京国際映画祭に学生応援団として参加させていただいて、
普段絶対に出来ないような経験を沢山することが出来ました。

この映画祭で出会った映画も、人も、一生の思い出になると思います!
今までも映画が好きでしたが、
今回映画祭に関われて、もっと映画が好きになれました。

TIFF学生応援団


映画というものが本当にいろいろな国を繋いでいるのだということに感動し、
これからももっと東京国際映画祭が盛り上がっていって欲しいと思いました。
そして、そのお手伝いをまた出来たら嬉しいです。


映画人の視点

友達も沢山映画祭に来てくれたし、
興味を持ってくれたので学生応援団という活動も

今後続いてくれたら、と思います!

本当にありがとうございました!

斉藤有希


明治大学2年 斉藤有希






Last updated  Nov 13, 2011 11:25:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ブログ
学生応援団、鈴木瞳です!

TIFF学生応援団

まずこの映画祭での1番の感想は
映画が大好きになったこと(*^^*)


TIFF学生応援団
って聞いたときは
正直よくわかってなくて


ただおもしろそう!
っていう気持ちで笑

映画だって詳しい方でもない…
そのくらいだったのに

TIFF学生応援団

この映画祭でたくさんの
映画に出会い、鑑賞し
監督の思い、俳優さんの思いを知ることで毎日様々な作品を
見るたびに心がすごく動くのを感じました。

映画祭の前だったら見たい
って思わなかったジャンルの
作品も今はみたいし
今、頭の中にが
見たい映画がありすぎて
軽くパニックです!!笑

TIFF学生応援団

またこの機会で
たくさんの人に出会い
たくさんの刺激をうけ、
その中でもほんわかと海外への憧れをもっていた
私にとってこの東京国際映画祭は
海外へ飛び込む勇気を
もたせてくれる
とても貴重な時間でした☆彡


『信じよう。映画の力。』
私はこの言葉を発信する側にいたのかもしれないけど、
完全に映画の力を
この機会で再確認しました笑

f

私たちは未熟だったと思うけど
私たちの活動で
ほんの数人でも私みたいに
『映画の力』を感じてくれる人がいたら
学生応援団として
映画祭に関われた意味を
感じて嬉しく思います。
学生応援団のメンバーに会えて一緒にできた
この時間も私には宝物になりました。
このメンバーでよかった。
ありがとう!

最後に関わってくださった
すべてのみなさんに
感謝の気持ちを込めて…
ありがとうございました(^-^)

鈴木


中央大学2年 鈴木瞳






Last updated  Nov 10, 2011 10:33:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 30, 2011
カテゴリ:イベントレポート
慶應大学4年の平岩英佑です!



ついに、この9日間の映画祭も終わりを迎えます…

クロージングセレモニーです!!





場所はおなじみ、
TOHOシネマズ六本木の一番大きなスクリーン7で行われました!
会場にはあらゆる出演者から、有名人、たくさんの報道陣が席を埋め尽くします!!



そして司会は、ジョン・カビラさん、久保純子さんが務めます!

二人のきれいな日本語、
そしてネイティブ並みの発音には聞き入ってしまいます(笑)



さて、順々に発表されていった受賞作品!!

結果は以下の通りです!!



コンペティション部門 東京 サクラ グランプリ:『最強のふたり』

コンペティション部門 審査員特別賞:『キツツキと雨』


TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF

コンペティション部門 最優秀監督賞:リューベン・オストルンド監督(『プレイ』)

コンペティション部門 最優秀女優賞:グレン・クローズ(『アルバート・ノッブス』)

コンペティション部門 最優秀男優賞:フランソワ・クリュゼ&オマール・シー(『最強のふたり』)

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF

コンペティション部門 最優秀芸術貢献賞:『転山』『デタッチメント』

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF

コンペティション部門 観客賞受賞:『ガザを飛ぶブタ』

最優秀アジア映画賞:『クリスマス・イブ』

アジア映画賞 スペシャル・メンション:『鏡は嘘をつかない』『TATSUMI』『ラジニカーントのロボット(仮)』

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF

日本映画・ある視点部門 作品賞:『ももいろそらを』

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF

TOYOTA Earth Grand Prix:『鏡は嘘をつかない』

TOYOTA Earth Grand Prix 審査員特別賞:『ハッピー・ピープル タイガで暮らす一年』








日本から唯一のコンペティション部門作品『キツツキと雨』が審査員特別賞を受賞しました!!

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF

今回の審査委員長を務める映画プロデューサー、エドワード・R・プレスマンさんからの一言。



「この映画はほとんどグランプリと同様と言って良いくらい…
 とても悩んだ素晴らしい作品。」



と大絶賛!!

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF

沖田監督は、

「地方ロケを題材にした今作では、本当に多くの方々に力を貸していただきました。 
 ありがとうございます。」

といつまでも沖田監督らしいコメント!

「日本から唯一の作品だから、頑張ってとたくさん声をかけて頂きました…
 もう映画撮り終わってて頑張りようなかったんですけど…」

と会場を笑わせる場面も(笑)



沖田監督、本当におめでとうございます!!





そしてそして、見事 

“東京 サクラ グランプリ” 

を受賞したのは、



最強のふたり

『最強のふたり』です!!

主演の二人で揃って最優秀男優賞も獲得した作品。

会場では監督のエレック・トレダノさん、
オリヴィエ・ナカシュさんからのビデオレターが流されました!



この映画は監督も二人、主演も二人で、
受賞結果を見ても、まさに『最強のふたり』尽くしです!!



『最強のふたり』の皆さん、おめでとうございます!!

日本で公開される日を待っています!!





そして最後にクロージング作品の上映に当たって

ブラッド・ピット主演、『マネー・ボール』の
プロデューサーのレイチェル・ホロヴィツさん
ベネット・ミラー監督が登壇しました。

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF

監督は、

「この映画を見て体験していただきたい、ただそれだけです!」

とコメント。




そしてエンドロールが終わり、シアターが明るくなり、
大きな拍手とともに、東京国際映画祭は閉幕しました。





出会いや感動に満ちあふれた東京国際映画祭。
私は学生応援団という最高の仲間を通じて、体感する事となりました。




会場にはたくさんの学生さんを見かけました。
来場して頂いた皆様、本当にありがとうございました。

来年の東京国際映画祭も楽しみにしていて下さい!!

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF




映画祭情報は
こちら






Last updated  Nov 10, 2011 10:31:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:イベントレポート
明治大学2年、下野篤史です。



観客賞授賞式に行ってきました!
会場には大勢のお客さんがいらしていて、


今か今かと発表を待つ中・・・・


そしてついに授賞式が始まり・・・
会場全員が姿勢をただし、静粛に。



コンペティション部門
全15作品の中から選ばれた観客賞は・・・・




『ガザを飛ぶブタ』!!!!

ガザを飛ぶブタ



きました!きました!





応援団の中でも、非常に評判が良かった『ガザを飛ぶブタ』!



あの羊のモフモフをかぶせたブタがとにかくかわいかった!
そして、ところどころにちりばめられた笑いが受けたのでは!?


かわいさと、笑いと、平和への祈り。

観客に届いたことが証明された瞬間でした!



TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF


この後は
ついにグランプリが!!!




映画祭情報は
こちら







Last updated  Nov 10, 2011 06:33:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 29, 2011
カテゴリ:イベントレポート
学生応援団の斉藤有希です!



コンペ部門『ガザを飛ぶブタ』の記者会見に行ってきました!



会見にはシルヴァン・エスティバル監督、
そして出演されたミリアム・テカイアさんがゲストとして登壇!

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF

あの可愛いブタさんは…

残念ながらいませんでした(笑)



今はあのブタさん、彼女に惚れ込んだ人と南フランスで暮らしているそうです!

羊に化けるブタさん、見たかったな~(笑)





テカイアさんがキュートで笑顔が素敵な方だったのですが

エスティバル監督ご自身も俳優さんでもおかしくないほどのイケメン!





なんとこのお二人ご夫婦だそうです。

美男美女カップル、羨ましい…(*´д`*)



パレスチナ問題を描くこの映画。

監督「なるべく新鮮でファニーな視点を取り入れたかった。どちらかにいれ込むのではなく両方が紛争の被害者であるということを描きたかった。

この映画には私が自分の目で見たものが反映されている。両国の人が楽しめて敵の見方を変えられればいい。」

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF

紛争問題という重いテーマをコメディタッチで描く映画は、初めて見ました。


それは監督が“第三者”の視点で描いているというのもあるかもしれません。

“第三者”であるということで、なぜ監督がこの問題を描くのかという批判もあったそうですが

エスティバル監督だからこそ撮れた映画だと思います!



さらにユダヤ人を演じたテカイアさんの

「世界市民としてこの役を演じられたことを嬉しく思う。」

という言葉がとても印象的!

紛争問題は決して他人事ではないのだと思い知らされました。





たくさんの人がこの映画をみて

何か少しでも感じてほしいと思います!

ブタちゃんの可愛さは本当に必見です\(^o^)/



『ガザを飛ぶブタ』の詳しい情報は
こちら

その他の映画祭情報は
こちら






Last updated  Nov 10, 2011 06:04:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 28, 2011
カテゴリ:イベントレポート
明治大学、2年の斉藤有希です\(^o^)/



今回は、コンペティション部門
『羅針盤は死者の手に』の記者会見に行ってきました。

作品ももちろん見ています!

TIFF学生応援団
(c)2011 TIFF


会見にはアルトゥーロ・ポンス監督他、
プロデューサーのオスカル・ラミレス・ゴンサレスさん
衣装のアンナ・リベラさん、
音楽のエドガル・バロソさんが登場されました。





みなさん東京が気に入ってくれたご様子で

東京に住みたい!との声も…(笑)





撮影中、あまり監督が映像を撮らないから

プロデューサーが
「お金は気にしないでもっと撮っていいんですよ」と言ったそうなんです。


すると、監督がスケートボードをするだけの映像がロール二本分送られてきたとかww



もう、本当に監督お茶目すぎます!
スケボーの映像…見たいです(笑)





お茶目な監督はフォトセッションもノリノリ!

「スケートボードのマガジンの記者はいる?」

と言って会見場をわかせました。





ノリノリな監督の面白さが、この映画にもたっぷり詰まっています!





東京は映画を共有するにふさわしい街だ!とのお言葉もいただきました!

ぜひまた映画祭に作品を持ってきていただきたいですね!




『羅針盤は死者の手に』の詳しい情報は
こちら

その他の映画祭情報は
こちら






Last updated  Nov 10, 2011 04:25:11 PM
コメント(0) | コメントを書く

全105件 (105件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.