485971 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今日、何読んだ?

2019.08.18
XML
カテゴリ:冤罪

狭山事件 石川一雄、四十一年目の真実 [ 鎌田慧 ]

 本件容疑者の一人は自殺していた。 
 元証人とはその前日の6日朝農薬を飲んだ上で自宅の井戸に飛び込んで自殺した30歳の男のことである。
 彼は中田家の作男したことがあって善枝とは顔なじみだった。
 被害者の体内に残されていた体液は B 型と警察が発表していた。
 それと同じ血液型だったため疑われていた。
​ というようなことがあった。
 この人物が本件犯行に関わったかどうかは明らかではない。 
​ 今、更に科学的に本件の検証を進めていくとたとえば
 一方それに比べると脅迫状の文字は運筆に勢いがあって、1字ずつ固まって地べたを這っているような一雄のとは明らかに違って切れ味がある。
 書き慣れているのにわざと当て字にしている作為が透けて見える。
とまずは文書鑑定、筆跡の疑問点を呈し、犯人が字を書き慣れた人物、つまり、教養のある人物であることを示唆している。
 そして
 事件のあった日の夜六蔵は10時過ぎにバイクのエンジン音を響かせて帰ってきたと。
 雨に濡れた革ジャンの生臭い匂いを 漂わせながら先に寝ていた一雄をまたいで自分の寝床に入った。
 次の日の夜犯人が身代金を受け取りに行ったと言われている夜もやはり10時過ぎに帰ってきた。
 そればかりか家から押収された六蔵の地下足袋は身代金を取りに来た犯人の足跡とも一致すると言われていた。
 そのこともあって一雄は、あんちゃんが犯人ではないか、と強く疑っていた。
ことから、石川一雄は兄を犯人と疑っている。
 六蔵はその日の捜索を思い出すと今でも興奮した口調になる。
 「見たら見えたんですよ、万年筆が。そんなバカな。今までなかったんですよ。慌てて置いたように斜になっていたんですよ。きちんと置かれてないんです。こう、斜になっていて、「ちょっと待って」ってお巡りに言ったんだ。なんで3回目に出たんだって」
​ と、その兄は警察の捜索がでっち上げであったことを示唆する。
 ではこの万年筆はどこからでてきたんだろう。
 するとそのような墓制や葬祭の儀式から排除されている被差別部落の住人に、生活のしきたりとしての作法が、とっさに無意識的に、現れることなどありえない。
 この事実を見るだけでも差別部落の住人が実行者なのではなく、両墓制の色濃い堀金地区およびその周辺に住みこの辺りの地形を熟知している人物、そしてなおかつ被害者との顔見知り、あるいは極めて親しい人物、という犯人像が迫ってくる。
 まで本書はまずは、石川一雄が犯人ではないことを示唆し続けている内容となっている。
 しかし判決は覆ることなく石川一雄は刑期を終了したというのが事実でもある。
 現代であればDNA鑑定により少なくとも石川一雄の犯人性については判断できたろうに。
 真実が判然としないまま、また多くの容疑者を残したまま本件の議論はまだまだ続くようだ。






最終更新日  2019.08.18 05:00:07
コメント(0) | コメントを書く
[冤罪] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.