473493 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今日、何読んだ?

2021.04.05
XML
カテゴリ:仏教
理趣経曼荼羅 土宜法龍

 般若理趣経は、その解釈を誤ると邪教立川流のような宗派になるおそれがあると言われている。
 次に、般若理趣経百字の偈の訳文を載せる。
 何を以ての故に。
 菩薩勝慧の者は、乃し生死を盡すに至るまで、恒に衆生の利を作して而も涅槃に趣かず。 
 般若及び方便の智度をもて、悉く諸法及び諸有を加持して一切皆清浄ならしむ。
 欲等をもつて世間を調して浄除を得しむるが故に、有頂及び惡趣を調伏して諸有を盡す。 
 蓮體の本染にして垢の為に染せられざるが如く、諸欲の性も亦然なり。
 不染にして群生を利す。
 大欲をもて清浄を得せしめ、大安楽富饒ならしめ、三界において自在を得しめ、能く堅固の利を作す。
 なぜそのようになるのか。
 菩薩の智慧に勝れたものは、生死を転生を尽くすまで、常に衆生の利益のための行ないをして涅槃に赴くことがない。
 智慧と方便の手段によって、すべての法と営みを加持してすべてを清浄なものとする。
 欲望などによって世の中を調整して、浄化を可能としているために、忘我と悪道とを調伏して営みを尽くす。
 蓮華の身体が泥のために染まらないように、諸々の欲望の性もまた同様である。
 汚れに染まることなく、人々に利益を与える。
 大いなる欲望によって清浄を手にさせ、大いなる安楽と豊穣を得させ、三界において自在の境地を得させ、救済の根本を堅固なものとする。
​ というものである。
  この中で、如蓮体本染不為垢所染、の訳文が、蓮華の身体が泥のために染まらないように諸々の欲望の性もまた同様である、となっているところ、その解釈は様々なのであるけれど、他の仏教宗派と違い、少なくとも人間の欲望をも生命の息吹と考えるあたりが真言密教の醍醐味と言えよう。






最終更新日  2021.04.05 05:00:07
コメント(0) | コメントを書く
[仏教] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.