463810 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今日、何読んだ?

全272件 (272件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

読書論(術)

2021.04.26
XML
カテゴリ:読書論(術)

本のゆくえ [ 土屋繁子 ]

 久しぶりに読書論(術)を読んだ。
 著者いわく、本書は世紀末10年位の間のものだそうだ。
 それにしても
 消えて行く本というのは何か痛々しいが、その点だけを考えると、この頃のインターネット上の本、つまり紙から電子への媒体の移行は好ましいようにも思えてくる。
 パソコンの画面で読める本は場所もとらず、不用になれば忽ち消えてなくなる。
 便利といえば便利である。
 経済活動が物々交換から石貨になり、コインが鋳造され、紙幣が生れ、クレジット・カードが誕生し……と次第に実体を失う歴史を展開して来たように、本もまた抽象化の過程を辿るのだろうか。
 いつの日か、目で活字を追うことすら省略されて、情報がいきなり脳に入力されるような工夫が生じるのだろうか。
​などというのはけだし慧眼、さすがに、情報がいきなり脳に入力されるような、ことには未だなっていないが、そもそもこのコロナ禍で私自身本書を電子版で読んでおりますからな、紙か電子かなどという不毛な議論は今更なしにしても、すでに1990年代に電子書籍に対する意見を著者が出していた点には敬服するほかない。
 さて私自身こうして本ブログに書評をアップしているわけだ。
 これについて著者は、
 良い書評とは、その本を読んでみたいと読者に思わせるものだ、とよく言う。
 しかしそれがその本を褒めちぎった書評であるとは限らない。
 書評が否定的な評価を下している場合も、その本は読む価値がないと受け止める読者もいるだろうし、本当かどうか自分で読んでみようと身を乗り出す読者もいることだろう。
 あるいは本の内容を詳しく紹介した書評を読んで、その本への興味を削がれる読者もいれば、自分で検証してみようと勇む読者もいるだろう。
 ましてオリジナルの文学作品を対象にした書評よりも、その文学作品の批評や研究(二次的作業)の本の、そのまた書評(三次的作業)が圧倒的に多いこの世界では、書評に絡む問題はもっと複雑そうである。
​という。
 書評について、三次的作業としたことに私は賛成だ。
 本書は、小難しい箇所もあるが、そこを読み飛ばせば、実にわかりやすい読書論(術)だ。
 ただし現代の学生にどこまで通じるのか。
 本書が書かれた1990年代の学生の様子が冒頭に描かれているが、その形は今日いささかも変わっていないような気もする。
 読書論(術)、古いようで新しく、新しいようで古い話、それが好まれる時代でなくなっていることは確かだ。
 そもそも本の話など若い人からとんと聞かなくなったもの。






最終更新日  2021.04.26 05:00:07
コメント(0) | コメントを書く


2021.04.17
カテゴリ:読書論(術)
年収が10倍になる速読トレーニング 苫米地英人

 著者の速読に対する考え方の1つは、速読して理解できなかったら何ら得とはならないということ。
 2つ目は、速読すべき本に関する理論を理解していたら、速読できるということ。
 3つ目は、上記2つの理由から目を早く動かすことや視野を広めることなどナンセンスだということ。
 4つ目は、すなわち速読とは、とにかく速く読むという意識が必要だということ。
 などなど様々な持論を展開するこの本は、独り善がり本の最たるものというべきか。
 そもそも速く読もうと意識しただけで2倍早く読めるなんて話、誰が支持するか。
 要するに著者の持論は、われこそが速読を極めたものだ、ということなのだ。
 だから本書を読んだところで、速読上なんのためにもならない。
 逆に言えば、速読という文化に対しての究極のアンチテーゼと言えよう。
 つまり読書に速読は必要ないということ。
 まあね、本書には、他の速読本に見られるトレーニングのページがない。
 速く読みたい本の知識があれば速読できる、それは私(つまり著者)がアメリカで実践してきたことだ、と著者は高らかに言うのだ。
 速読術という幻の技術をさもあるように喧伝して、眼球の動きの速さを競い、視野の増幅を意識させ、しかも、飛ばし読みに長ければ、あたかも自分が速読可能になった錯覚に陥る、つまりそれこそが速読術の真実だと著者は言い切るわけだ。
 でもね、私は思うんですよ、速読は確かにできるということを。
 幻なんかじゃない。
 できるんです。
 しかもこの技術は知的生活において必要不可欠なものなんです。






最終更新日  2021.04.17 05:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.06
カテゴリ:読書論(術)

リーダーの教養書 (幻冬舎文庫) [ 出口治明 ]

 数多の読書論(術)を読むと、とにかく古典を読め、という主張が多い。
 本書は、そういう高名な読書家11名による競演だ。
 とても面白い。
 やはり読書で重要なのは、古典である。
 これは本書でも多くの方々が主張されている。
 がそれ以上に、歴史の重要性というものも強調されていた。
 その中で特に、出口治明(敬称略以下同様)が推薦した、半藤一利著、昭和史、の内容が気に入った。
 いわく、日本においては、明治維新が第一立憲制であり、戦後が第二立憲制である、したがって幕末史を理解することも必要だ、というもの。
 なるほどねえ、そう言う斬新な切り口を初めてみた。
 理系の方が文章力がないと嘆くことが多い。
 (私はそんなことはないかねがね思っているが…)
 中島聡という方もその一人で、彼は、木下是雄著、理科系の技術、を読んで文章が書けるようになったと言う。
 その書では、まずは結論を書くこと、一文はできるだけ短くすること、必要以上の修飾語は排除することというアドバイスがあったそうだ。
 それ以降、ブログなどで文章を紡ぎ続けていると言う。
 高名な先生方でも読書により様々な薫陶を受け知的生活をしておられるということですな。
 私の経験上、本の通りにやったからと言って成功した試しはないのだが、しかしながら、何らかの影響は受けていることは確かだ。
 そういうのが読書の効用というのだろう。






最終更新日  2021.03.06 05:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.05
カテゴリ:読書論(術)

読書という荒野【電子書籍】[ 見城徹 ]


 さて読書というものは著者の言うように人間にとって必要不可欠なものなのだろうか。
 その上著者はビジネス本はだめだと言い切る。
 たしかにビジネス本は結果が出ているので、読書が人に及ぼす造詣力という点で劣るかもしれない。
 しかしだからといって、読書というカテゴリーから外すべきではあるまい。
 更に著者は、誰でも一度は左翼にかぶれるもの、かぶれないものはおかしい的な論陣も張る。
 そしてその交遊録…。
 石原慎太郎、五木寛之、林真理子、等々そうそうたるメンバーだ。
 そりゃあそうだろう、著者は編集者だものな。
 そして、三島由紀夫に関する論陣も張る。
 三島が昭和45年に決起したのは自民党が警察力を支配してどうにでもできる社会を構築し、その結果憲法改正などできっこないという結論に達したからだという、三島の演説を本書に載せていましたな。
 で、著者は齢70。
 70にしてボクシングに挑戦中。
 つまり彼は、コテコテの昭和なんですよねえ。
 そもそも本書は読書論のはずなのに、最初から電子書籍から逃げているし…。
 私は少なくとも、先に書いたように、読書論として、ビジネス本を除くことはできないし、もはや電子書籍なしで読書はできない現実から、彼のコテコテの読書論には与したくないね。
 好きな本を腹いっぱい読む、それでいいんじゃないか、基本読書は。
 そして左翼になどかぶれる必要はないぞ、現代の青少年よ。
 あと飲酒もほどほどにね。
 本書を読むと読書とは飲酒でもあるなどと思えてならないのだ。






最終更新日  2021.03.05 05:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.24
カテゴリ:読書論(術)

図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方【電子書籍】[ 宇都出雅巳 ]

 個人のワーキングメモリーを効果的に使うとよろしい。
 まずは何より大切なのはメモを取ることだと言う。
 (略)メモこそもっとも原始的で最もわかりやすい記憶補助ツールであり、仕事効率化ツールと言えます。
 (略)メモに書かずに頭で「覚えておかなきゃ」と思うこと自体がワーキングメモリのムダ遣いであり仕事の非効率家の要因になります。 
​ つまり無駄な記憶をせずにメモを活用し自分の脳内のワーキングメモリの容量を増やしておけというわけだ。
 本書を読書論(術)に区分したのは、
  最初から順番に読もうとしても未知の分野の本、難解な本ではすぐにワーキングメモリがいっぱいになり読み進められません。
 それよりもタイトル、見出し、それが集約された目次を活用し、飛ばし読みもしながら繰り返す中で段々と細かい本文に入って読んでいくほうがワーキングメモリを圧迫せず楽に読むことができます。
 つまり「ゆっくり、じっくり1回で読む」のではなく「素早く、ざっくり、くり返し読む」のです。
​という読書論が書いてあったからだ。
 メモを取るということも上記のような本の読み方も今まで数多の人が提唱し本に書いてきた内容だ。
 何を今更ということにもなろうが、ワーキングメモリ、という観点が斬新であった。
 メモにより確実にスケジュール管理をし、上記のような読書法で理解を進めれば今までとは違った自分になれるかもしれませんよ。
 若いビジネスマンはぜひ一読を!






最終更新日  2020.11.24 06:17:33
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.24
カテゴリ:読書論(術)

社会人の教養は人、本、旅【文春オピニオン 2018年の論点SELECTION】【電子書籍】[ 出口治明 ]

 著者の教養論としての人、本、旅は持論のようだ。
 つまり本だけではないということでもある。
 だが教養の中心は本であり、本を選ぶに当たり、
 新聞の書評は、有識者のみなさんが自分の本名を明記して、数百万人の読者に向けて一冊の本を紹介するわけです。
​とする。
 つまり新聞は重要であるというのだ。
 書評の質から新聞が重要だなどという論は初めてだ。
 人は苦手だが旅は楽しい。
 旅が教養になるのは先々で様々な情報を得ることができるからだ。
 また何より気分転換の度合いが高い。
 人にとって特に悪いのは引きこもりだ。
 旅はその解消である。
 人は旅するものではなく旅すべきものなのだ。
 先ほど新聞の話が出たが、今私は新聞をとっていない。
 そもそも最新ニュースはネットで読めるし、月の予算を超えてしまう新聞は必要ないという結論に達した。
 大体今の新聞など信じることができるものか。






最終更新日  2020.10.24 05:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.29
カテゴリ:読書論(術)

「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術【電子書籍】[ 木山泰嗣 ]

 自己流の読書論(術)を押し付けられると面白くない。
 著者はどうも速読に偏見をもっているようだ。
 速読は読書でないなどと言っていながら実は著者は速読をしている。
 そもそも本書には数多の本が紹介されているのだから、速読が読書でないとどの口が言ったのか。
 読書の方法なんて自由でいいはずだ。
 その方法の一つ、速読、を狙い打って批判するのはいけ好かない。
 たとえば小説をゆっくり味わう時間など一体どこにあるというのだろう。
 朝に読み始めた本を夕に読み終えれば可なりではない。
 読み始めた本はできる限り早く読了すべし!
 それが読書論(術)の基本でしょう。
 確かにビジネス書は速読に適し、小説はそうはいかないかもしれない。
 ビジネス書が速読できるのはそういう作りになっているからだと著者は語る。
 けれどだから小説が優れ読書の王道だと言うわけではない。
 とにかく本はひたすら読むものなのだ。
 ゆっくりとどまる時間はない。
 とにかく進まなければ読書からは何も得ることができない。
 読んで読んで読んで少しでも自分に残ればそれでいいのであって、ゆめゆめ読んだことがすべて自分のものになるなどと考えてはいけない。
 読書とはそういうものだ。
 読書法にいいも悪いもないのだということを最後に申し添える。






最終更新日  2020.09.29 06:09:29
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.27
カテゴリ:読書論(術)

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法【電子書籍】[ 藤原和博 ]

 そもそも本書は読書(論)の本ではない。
 しかし題名のとおりの人生を送りたければ、読書は欠かせないものであり結果として私は本書を読書(論)に区分したのだ。
 まず不読書家について
 普段、本を読まない人は一次情報、つまり自分の限られた特殊な体験しか話すことができません。
 「自分は ○ ○した」「自分は ○ ○という話を聞いた」ということばかりです。
 よほど波瀾万丈な人生を送っている人でないかぎり、自分の体験しか話せないようでは、楽しく豊かな会話はできないでしょう。
 相手が教養の高い人だと、話に合わせることさえできない。
 ただ頷くばかりでは、相手に中身のなさがバレてしまいます。
 いっぽう、テレビや新聞、インターネットなど第三者を介した二次情報は断片的になりやすく、情報を体系的、重層的につなげるのは難しいものです。

と断じる。
 ということは読書に深みがあるということでしょうなあ。
 さりとて読書によりどれだけ楽しく豊かな会話が楽しめるのかは定かでないが。
 ただこういう極論を書いた人は初めてではなかろうか。
 次の蔵書論も面白い。
 本をたくさん読むようになると、どうやって本を保管するのか、どこまで本を処分するかというのが大問題になりますが、私は読み終わった本が 30冊ぐらいたまったら、近所の公立図書館に持っていって寄贈するようにしています。
 ベストセラー本もたくさんあるので、図書館の職員に大変喜ばれています。
 というのも、ベストセラー本はいつも 1 0 0人以上、貸し出し待ちの状態だからです。
 いらない本も含めて、図書館で再利用してもらえれば、私もありがたい。
 万が一、その本をもう一回読みたくなったら、図書館に行けばいいのです。
 私は図書館を自分の書斎の延長、自分の本棚の一部だと考えています。

 図書館を自分の書斎、本棚として使うという意味は、蔵書を図書館に寄贈することだとする。
 こういう論を読んだのも初めてだね。
 今まで読んだことのない強烈な読書論だ。
 物質としての紙の本ですな。
 電子書籍はこうはいかない。
 私のKindleunlimitedの本は増殖中だ。






最終更新日  2020.09.27 07:40:28
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.03
カテゴリ:読書論(術)

限られた時間で成果につなげる! インバスケット読書術 [ 鳥原 隆志 ]

 著者は読書をアウトプットするためのものと明確に定義する。
 読書というインプットにより自己が磨かれそこで新たなアウトプットがなされるのであればそれでよしというわけだ。
 著者がそのような考えに至った経緯として小学校時代の読書感想文にあるという。
 著者はその本をほんの少ししか読んでいなかった。
 しかし要諦はしっかり掴んでいた。
 その結果当該読書感想文は殊の外評価が高かったとのことだ。
 そこから編み出した読書術がインバスケット読書術だ。
 上記読書感想文方式からわかるとおり要するに著者は全部を読まない。
 いわゆるパレートの法則ですな、あれですよ、2割のうちに8割があるという法則。
 つまり読書も2割でよろしいというわけだ。
 さらに続けて場合によっては10ページ飛ばしもありなんて書いてありましたな。
 うーむなるほど本読みはそれでよしか、なんて考えつつ著者のような本の読み方はもったいないような気もして…。
 まあね、人は本から何を得ようとしているのだろうかなんて考えると答えが出ないですよ。
 本読みで何かを得ることができることはほぼないです。
 だから何も著者のように先を急ぐ本の読み方をする必要はないと思う。
 確かにアウトプットのための本の読み方はあるけれどそれが全てではない。
 場合によっては何も得られぬ本もあるではないか。
 あるいは非常に気に入ったとしてもそれをアウトプットすることがない場合もあるし。
 読書というのは様々でよろしいのではあるまいか。






最終更新日  2020.09.03 05:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.02
カテゴリ:読書論(術)

蔵書の苦しみ【電子書籍】[ 岡崎武志 ]

 これはまた変わった角度からの読書論(術)で、つまり蔵書が邪魔になるという命題について書かれたものである。
 本好きは自分の愛する本について自分専用の収容をしようと悪戦苦闘する。
 しかし本好きの本の多さは木造建築を凌駕する。
 床が抜けた知的生活者があとを絶たないのだ。
 その結果泣く泣くわが子とも言うべき愛読書を手放すことになる。
 しかし、B社、には手放すなと言うのが著者の言い分である。
 そして著者は
 初版本や美術書など、コレクションとしていいものだけを集め、蔵書を純化させていくやり方もあるだろうが、ほとんどの場合、溜まり過ぎた本は、増えたことで知的生産としての流通が滞り、人間の身体で言えば、血の巡りが悪くなる。
 血液サラサラにするためにも、自分のその時点での鮮度を失った本は、一度手放せばいい。
というのだが、それができたら苦労はしない。
 私も自分の家を新築するならば、自前の本棚がほしいと思いそのとおりしつらえたが全く不足していた。
 一段を3層にしないと収まらなかった。
 床が抜けるようなことはないけれど、それでも、B社、から1冊100円の本を買ったりしているので今も徐々に本が増えている。
 さあそこでこの蔵書問題にピリオドを打つべく自炊作戦が登場したのである。
 2013年4月28日付「朝日新聞」のシリーズ連載記事「身の回りの電子化」第3回では、福岡市で不動産管理業を営むH氏(49歳)が、「自炊」で「蔵書の苦しみ」から解放された体験を語っている。
 「約4200冊あった蔵書は、全て消えました」 これが冒頭に、まず来る。
 記事によれば、H氏は、蔵書家だった知人が亡くなり、その遺品の片づけを手伝った際、「室内は、一面に本や雑誌が散乱し、足の踏み場もない状態」を目撃する。
 遺族もうんざり。そこで、蔵書整理を決めた。
 まあこれは電子書籍は電子書籍でも自炊というやつで、要するに蔵書をデータ化するというものだ。
 この自炊が大流行のあと今はKindleUnlimitedであるとか楽天コボなど立派な電子書籍が登場するにいたり、自炊の必要性はなくなったと言える。
 私自身このコロナ禍にあわせたようにKindleUnlimitedを利用し、もう240冊に上っていたことがわかった。
 蔵書の苦しみという観点からいうと電子書籍は救世主である。






最終更新日  2020.09.02 06:16:33
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全272件 (272件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >


© Rakuten Group, Inc.