000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今日、何読んだ?

全74件 (74件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

2010.12.23
XML
カテゴリ:

 思ったとおり,母との同居は,困難が伴っております。

 というより,母の一方的なわがままに私たち夫婦が戸惑っているというのが現状です。

 つまり,建てたい家を建てたものの,その後の家庭のあり方というのが一筋縄ではいかないということなんです。

 一体,母は,何を求めて同居に賛成したのでしょう。良くわかりません。

 私たちは,母との同居を見据え,設計段階からさまざまな試行錯誤を経て今の家を建てたのです。それに対し悔いはありません。

 対して母は,後出しじゃんけんなのです。母にやれる部屋は,六畳一間であることは,最初から言っていたことなのです。だから持ってこれる荷物も限られていたのです。当然,ひとり暮らしのころのものが全部入るわけもありません。

 結局,物を捨てられない母は,六畳間に寝れないほどいっぱいの荷物を運びいれ,なんとしていいかわからなくなっているのです。

 このことは織り込み済みでありました。でも現実に問題化すると,織り込み済みであるとはいえ,解決への道筋は,遠いのです。

 誰かいいアドバイスをお願いします。







最終更新日  2010.12.23 09:49:35
コメント(1) | コメントを書く


2010.12.20
カテゴリ:

 おかげさまで無事6日家に入りました。

 新居は,快適そのものです。

 真冬に薄着でいられます。

 問題は,母との同居です。

 でも18日に結局,母も家に入りました。

 これからバトルだろうな。

 それは,折込み済みですが,いやですねえ。

 聞いてくださいよう,六畳の部屋に目いっぱい家具を持ってきたんですよ。戦闘といわずなんでしょう。

  それはともかく,ここまでの記録を残しておかないとなりませんねえ。







最終更新日  2015.09.09 06:09:45
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.27
カテゴリ:
100年住める家のつくり方

100年住める家のつくり方

価格:840円(税込、送料別)

著者:中田清兵衛

 


新しい二世帯「同居」住宅のつくり方

新しい二世帯「同居」住宅のつくり方

価格:920円(税込、送料別)

著者:天野彰

 


50歳からの人生を考えた家づくり

50歳からの人生を考えた家づくり

価格:924円(税込、送料別)

著者:竹岡美智子

 


建築Gメンの住居学

建築Gメンの住居学

価格:819円(税込、送料別)

著者:中村幸安

 いよいよ12月6日入居の運びとなりました。昨日夜ちょっと家の中に入ってきましたが,光冷暖で既に暖かくなっていました。これは本当に楽しみなことだなと妻と話したところです。

 本日紹介の4冊は,住宅を新築するにしろリフォームするにしろあるいはマンションにするにしろ,とにかく,住宅を何とかしようと考えている人にとっての入門編とも言うべきものです。

 私は,本に書いていることをそのまま鵜呑みにしてほしくはありません。むしろ,批判的に読んでいただき,自分の型を整えてほしいとおもうのです。

 その意味で,Gメンの本は,とてもためになります。家づくりの根本は,まず安全にあると思います。安全はこれが一番などと言うものはありませんが,業者を選ぼうとするときに安全のことをしっかり意識に刻んでおけば,まず間違ったものを選ぶことはないと思います。

 同居を考えるなら,清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟が必要でしょう。最初から2つの家を建てることができるならともかく,そんなことできないのが大方です。無理をしないでください。老いては子に従え,中心は建て主であると言うことをコンセプトに据えるといいでしょう。

 仲のいい夫婦ほど夫婦別室などという論をかましている本も中にはありましたが,そうでしょうか。疑問を感じる論です。







最終更新日  2010.11.27 10:52:40
コメント(200) | コメントを書く
2010.10.09
カテゴリ:


同じ人生送るなら、こんな家で暮らしたい!

楽天ブックス

著者:岡本陽子

 岡本陽子著「同じ人生送るなら,こんな家で暮らしたい!」読了。

 さて我が家ですが,おかげさまで外壁工事が始まりました。今月中には外側のシートが外され外観が見えるようになります。

 昨日,我が家の営業の方が来てくれて,仏間の長押の色を確認した折,他社のオプションの話になりましたが,正に本書にあるとおり,

   浴槽,玄関ドアは別として,屋根の瓦にしろ,外壁にしろ,トイレ・洗面台にしても,私たちが希望するものは全て標準仕様ではなく,オプションになる。つまり「プラスアルファのお金ががかかる」

のだそうですな。

 また,今回マイホームのプランは,私と妻が中心になり,同居人になる母の意見は取り入れることがありませんでしたが,本書では,同居人の意見も取り入れるべきだったかなと少し反省しているようですよ。いわく,

   息子「お母さんたちは,24時間家のことばかり考えていればいいかもしれないけど,僕は,仕事で精一杯なんだよ。ほっとする時間がなくなるのがいやなんだ。」

   私が地下室やめようかという,息子は,「あまりお金をかけずに地下室ができるから,平山建設で家を建てることにしたようなものなのに,それがなくなるんだったら,普通の木造の家でいいじゃない」と言い出す始末。

   私は,ぐっとこらえ,「なんとしてでも平山建設に内外断熱工法の鉄筋コンクリートの家を建ててもらわなくては」と心の中でつぶやいた。







最終更新日  2010.10.09 07:15:51
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.07
カテゴリ:

 8月4日,Hパイルが入り,翌5日遣り方,6日から基礎入り。

 本日7日,この暑い中基礎屋さんが一生懸命ベタ基礎を作ってくれていました。

 本日の本。


 

著者:立花隆

 この本で私は,全11冊をメモした。これから図書館に行って探してみるつもりだ。

 日本軍関係の本が多かった。つまり著者が戦争について語りたかったんだろうな。

 ところで,本の紹介の前に,著者の書評に関する考えや著者の速読術がと述べられている。次に引用する。

 

 私は,読む側の立場としていかにも書評らしい書評が好きではないので,自分でもそんなものは書きたくない。「いかにも書評らしい書評」とは,要するにその本に対して同じフィールドの専門家がもっともらしい評価を偉そうに書き連ねている書評である。そういう書評は私には大体余計なお節介に思える。


 本の評価などというものは,読む人によって違いすぎるほど違って当たり前である。本の本当の評価は個人的たらざるを得ないのだから,当然それは読む人自身に任せるのが一番である。

 その本に直接触れる機会があったら,その本を買ったに違いない人と出会うことすらできずに消えて行く本が非常に多い。少しでもそういう出会うべき人との出会いをつくる助けになってあげるのが私は書評の第一の役割だと思っている。一番いいのは的確で魅力的な引用であるから,いい引用箇所を見つけることに努力を傾注している。

 速読の基本は,テクニックより熱中である。脳の働きは熱中している対象に対しては,何倍も働きがよくなる(情報処理スピードが上がる)。だから熱中して本を読んでいるときは自然に速読ができている。では熱中できない本を速読する方法はあるかといったら基本的には難しい。

 私の言う速読術は,全体的な読みの構造そのものを絵画読みにして,音楽的読み(逐語的,逐文章的読み)は,(深い読みが必要な部分に対してだけの)局部的読みとしてしか取り入れないという方法である。







最終更新日  2010.08.07 12:43:51
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.01
カテゴリ:

 昨日の打ち合わせでこれからの大体の日程が決まりました。

 8月4日,Hパイルによる地盤改良,翌日遣り方,その翌日基礎工事に入る。8月いっぱい基礎養生というところ。

 9月に本格的な木工事,23日大安なんで,この日が上棟式かな。

 カーテンとかソファとかそろえなければならないものもいっぱいある。

 今日の本。

 


建てる前に読む本〔改訂版〕改訂版

建てる前に読む本〔改訂版〕改訂版

価格:1,680円(税込、送料別)

 

著者:NPO法人家づくり援護会


 N邸の現場は,敷地の境界ラインが少し複雑だったので,まず敷地境界を確認する作業を行った。しかし一箇所だけ隣地との境界杭を建設地のと勘違いしててしまったため,建物の位置が設計図面よりずれ,敷地境界線ぎりぎりに建物が立ってしまった。
 大勢の人が立ちあってもうっかりミスは起こる。経験のあるベテランでも過信から来る油断や見過ごしはあり,力量の違うもの同士が混在する現場では,思い違いなどもミスを招く原因になる。工事途中の設計変更は,ミスを誘発する原因になる。

 ということで特に工事途中の設計変更はしないことが大切でなんだとか。







最終更新日  2010.08.01 09:38:04
コメント(2) | コメントを書く
2010.07.25
カテゴリ:

さて私たち夫婦の家建てはほぼ順調に進んでおります。

 ほぼというのは,つまり開発許可=お役所仕事がちょっと遅れたかなという感じのところ。

 それで地盤改良が柱状改良からHパイルを打ち込むものになりました。その作業がいよいよ8月4日の大安の日であります。

 そのほかローンは7月23日に決済なっております。

 以上報告であります。

 本日の本。

 
空腹力

楽天ブックス

著者:石原結實

 健康に必要なのが空腹力。著者は, 
  ちょっと空腹状態に慣れればいい。それが空腹力を鍛えるということ。空腹力がつくに従って体調が良くなりすがすがしい気分になる。
という。
 内臓脂肪について,
  内臓脂肪は,溜まる時は早く溜まって,空腹になるとすぐに燃える。
  内臓脂肪から出てくる遊離脂肪酸は,血管から直接に肝臓に入って高脂血症の原因になる脂肪を作ったり,糖尿病の原因になる血糖を作ったりする。
  内臓脂肪が増えると体内で悪玉物質を増やして糖尿病や脳梗塞,高血圧などの成人病にかかる確率が非常に高くなる。
という。空腹力でなくなるものである。
 白血球については
  白血球の力が簡単に言うと免疫力である。
  我々がお腹いっぱい食べると,血液中の栄養が多くなる。
  すると白血球も腹いっぱいになってしまって,その時にばい菌が入ってきてもがん細胞ができていても食べなくなってしまう。
  だから私たちがお腹いっぱいの時には免疫力も落ちる。
と指摘する。
  空腹時について
   お腹がすいているときに御飯,パン,ラーメン等の炭水化物を摂ると,消化されて血糖になるのに1時間以上かかる。
   ということは,食べてもすぐに満腹になるのではなく1時間は空腹のままなので,1時間食べ続けることができる。
   お腹がすいたと思ったときにはチョコレート,黒砂糖,生姜紅茶等で糖分を補うと,1分で血糖値が上がって,空腹感がなくなる。
のだとか。
  欧米食も 
   肉,卵,牛乳,バターといった欧米食は,食物繊維が含まれていないため,便秘を誘発し,腸内に腐敗菌を増殖させる。
   これらの悪玉菌は,腸内にアミン,アンモニア,スカトール,インドールといった猛毒物質を作り出す。
   それが血液に吸収されるので,血液を汚すことになる。
だから,要注意だ。
  また運動について
   運動をした後に体が軽く感じ,気分までスカッとさわやかになるのは,体温が上昇した結果,体内の老廃物や血液中のだぶついている栄養素が燃焼され,呼気や汗や尿   からも沢山排出されるためである。
   つまり体内の大掃除をしてくれる。
   適度な運動が大切である。
と結ぶ。







最終更新日  2010.07.25 09:46:04
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.18
カテゴリ:

 7月14日(水)午前6時から地鎮祭がありまして,厳かに終了しました。

 昨日の打ち合わせは,現場監督からの工程の説明でしたが,役所からの許可等の書類がまだできず,工程表もつくれないとのこと。

 地盤改良は,柱状改良の予定でしたが,急遽Hパイルということになりました。

 着工は,8月初めにずれ込みそうです。

 ま,ちゃくちゃくと進行中であります。その都度報告いたします。

 今日の本は,川島隆太著「記憶がなくなるまで飲んでも,なぜ家にたどり着けるのか?」

です。


記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?

楽天ブックス

 人の記憶には作る,溜めておく,読み出すという3つの機能がある。記憶をつくるのには脳の中の海馬と呼ばれる部分が,読み出すのには前頭前野が,溜めるのには側頭葉が主に関わっていると考えられている。
 深く酔って記憶が作られなくなるのは海馬が麻痺しているから。大量の飲酒を習慣にしている人に起こる病気とは違い,酔いが醒めれば元に戻る。







最終更新日  2010.07.18 09:45:18
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.11
カテゴリ:


55m2の暮らし替え

楽天ブックス

著者:大原照子

 時代がどんなに変わってもキッチンに置く大きなものは箱が4つ。これは100年も200年ももっと昔から同じ。
1 火を使う箱(クッカー)
2 水を使う箱(シンク)
3 調理する箱(調理台)
4 食品を保存する箱(冷蔵庫)
 シンクは深さがポイント。使ってみると,深い方が野菜を洗っても水が周囲にはねず,食器を洗うにも水をシンクにたっぷりためることができるので使いやすい。

 地鎮祭,7月14日に決定。

 7月20日,柱状改良開始。7月29日基礎始め。

 私たち夫婦の夢がいよいよ始まりました。

 よろしく!







最終更新日  2010.07.11 08:00:59
コメント(1) | コメントを書く
2010.07.04
カテゴリ:


著者:栗本隆 「我が家がカビの住処に」
 
 などという本がありまして,これは,私の住むローカル限定の本です。内容は,次のとおり。

 自然換気を想定していない高気密住宅では,大気汚染が著しい地域を除いて,汚染された屋内の空気と新鮮な外気とを人為的に入れ替える換気装置や喚起設備が必要となる。
 高断熱と結露と住宅内部の温度差とは,三すくみの状態である。この三すくみを解決する唯一の対策は除湿することであり,除湿機等の装置のほか換気装置や換気設備を有効的に稼動させることである。

 カビの繁殖には温度と湿度と栄養が必要である。したがって,一番目に付くのが部屋や冷蔵庫の中の食料品であり,次に部屋の隅々の壁や家具の裏,押入れの隅々の壁,ケースの中の衣類,革製品等である。

 近年住宅の断熱化と気密化が進み,今正に高気密・高断熱・高機能住宅である。そんな住宅の仕上げ材料は,ビニールクロスは勿論のこと,塗料やその他の新建材も全てプラスチック等の各種の樹脂で作られているかコーティングされている。それらはどれもこれもカビの大好物であり,これに結露が加わってカビの絶好の住処となる。

 高気密・高断熱・高機能住宅は,人間だけに快適なのではなく,その中にいる全ての生物にも快適な住処である。従って文字通り快適に暮らすためには,そのような住宅に合った暮らし方をするのか,あるいは家族の暮らしに合わせて通気性を重視した従来のような住宅で暮らすのかのどちらかである。

 参考にしてください。

 私は,本日いよいよローンの申し込みをしてきます。

 家が現実化してきました。楽しみです。







最終更新日  2010.07.04 09:52:08
コメント(3) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全74件 (74件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.