138284 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あの夏、タイムマシーンにのって ホームページへようこそ!

全317件 (317件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

2011/09/08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
まずは、このたびの大震災で被災されたすべての皆様にお見舞いを申し上げます。


当宮古市においても、400名を超える方がお亡くなりになり、

震災から半年経って今だ100名以上の方が見つかっておりません。

津波による市内の傷跡は深く、まったく跡形もなくなった田老・鍬が崎・金浜を

始め、堤防に近い繁華街は日に日に家屋の解体が進みつつあります。

子どもの頃から見慣れた風景が、あれよあれよと無くなっていき、

広く見渡せるようになっていくのを目の当たりにするたび、

浸水地域が、宮古の街中が、これからどうなっていくのか、毎日切ないです。


私フミニャンは地震当時職場にいましたが、30M手前まで水が来たものの

かろうじて被害を免れました。ATN制作スタッフも全員無事でした。


一方で多くの映画関係者が甚大な被害を受けました。

まずは岩手東海新聞社の佐々木記者。地元宮古の支局長として長年ご活躍に

なり、当映画の企画の走り出しの頃から取材して頂き、稽古やロケシーンなど

多くの記事を書いて下さいましたが、堤防近くの事務所に津波が押し寄せ、

職場の前で逃げ遅れて帰らぬ人となりました。謹んでお悔やみを申し上げます。

次にビデオ撮影・編集のビデオさわぐちさん。津波がまさかの街中商店街まで

押し寄せ、オフィスが1M以上浸水。すべての撮影編集機材が被災、長年に

渡り撮り溜められたデータが消失してしまいました。沢口さんは自宅が津波で

流され、ご自身も津波でもみくちゃとなったそうですが、九死に一生を得た

そうです。その後入院され、現在は自宅療養に専念されています。

その他、マイクマン古舘君の自宅兼お店(鍬ヶ崎)が全壊。現在は仮設住宅に

入居中。彼自身は仕入れのため車で宮古を出ていて無事でした。

また、出だしのシーンに登場する理不尽な鬼課長役の坂本君の自宅(新川町)と

会社(金浜)の両方が全壊し、本人と家族は避難して無事でした。

救われたのは、夜の漁師役をしてくれた中村さんが、無事だったこと。

彼は地震が起こるや、船を沖合まで出して被災を免れましたが、帰ってきたのは

数日後だったそうで、浜の家族は「もう死んだ」と思っていたそうです。

沖合に出る途中大きな波を乗り越え、不安にかられながら振り向くと、

岸辺の辺りにものすごい水しぶきが見え、これはタダごとじゃないじゃない、

と三日三晩眠れない夜を明かしたとのことです。(岩手日報記事より)


その他スタッフ・役どころの家族親戚縁者の方には、相当多くの犠牲と被害を

受けられた方が多数いると思われます。すべての方の安否まで確認できて

おりませんが、この場をもってお見舞いとお悔やみを申し上げたいと思います。



今回の津波は、たくさんの思い出のロケ地をも破壊していきました。

磯鶏ヨットハーバー、三陸鉄道の田老駅舎、田老の防波堤とその周辺、

シートピアなあど、旧魚市場、白浜地区、ホテル近江屋さんなど、

数え切れぬほどの壊滅的ダメージをもたらしました。

家族で海水浴シーンの浄土ヶ浜。撮影後レストハウスは新しく建て直され、

とても立派な施設に生まれ変わったのですが、完成後数カ月で全壊。浜辺の

アスファルトは大きくえぐられ、浜の形状も大きく変わってしまいました。

子どもたちが月山を目指しつつも途中で挫折する休憩シーンで使われた

高浜小学校は、海抜10M以上ある高台にも関わらず校庭まで津波が押し

寄せました。

特に白浜は海側集落の半分が消滅し、子どもたちがトイレに行きたくて

バスを降りて走り込む場面で利用した商店も、全壊して無くなっていました。

白浜では夜船付き場から月山頂上に向かうシーンがありますが、その途中の

遊歩道や自動販売機などがあったシーンの回りの風景も、今は跡形もありません。



映画撮影中から震災まで、まさかまさかこんなことになるとは、一体誰が想像

したでしょうか。


皮肉にも、この映画DVDが「タイムマシーン」となり、あの頃の思い出の

シーンがそのまま「タイムカプセル」となってしまいました。

そんなつもりでこの映画を撮ったわけではないのに、何でこんなことになって

しまったんだろう。とても複雑な心境でした。

それでも結果的に、宮古の美しい風景を背景に、人々の心の絆を描く市民創作

映画という心意気は、「映画」という形で、後世への軌跡として残すことが出来ました。



震災後、私は自腹でDVDをコピーし、自分の店のレジ横で販売しました。

宮古を出ていった多くの家族縁者の方が帰省したり、多くのボランティアの方が

宮古入りし復興へのお手伝いをして下さっていることから、ちょっとした思い出

として持って帰ってもらえたらと思い、数量限定で販売。その収益金は、

全額宮古市の義援金として個人的に寄付することにしました。

今回さいがいエフエムさんに頼んで、たくさんPRしてもらったおかげで、

お盆までにすべて売り切れました。しかし今だたくさんの問い合わせがお店に

来ているため、近日中に、店頭販売およびこのサイトでの通販を再開したいと

思います。また改めて告知しますので、もう一度観たい方やお友達や知人の方に

送りたいという方はぜひお求め下さい。なおDVDはツタヤ宮古店でレンタル

しておりますので、こちらもご利用下さい。


9/11 まもなく、あの震災から半年となります。改めて、合掌。







Last updated  2011/09/08 02:10:23 PM
コメント(0) | コメントを書く


2011/01/18
カテゴリ:カテゴリ未分類
「あの夏、タイムマシーンにのって」のDVDが送料無料で手に入ります。

国内に限り、定価2500円にて送料無料でお届けします。

詳しくはこちら









Last updated  2011/01/18 09:32:34 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/08/24
カテゴリ:カテゴリ未分類

すんごく遅くなりましたが、

あの夏、タイムマシーンにのって上映委員会は、

おかげさまで、去る本年2月の集い「バイバイまたね!の会」

をもちまして活動の幕をおろしました。


本当にたくさんの視聴とご来場をいただき、感謝申し上げます。


ここに至るまで、現在もツタヤさんではレンタル率が落ちず、

DVDの販売もちょこちょこ注文が来ていまして、

なかなか止めるに止めれないで、タイミングを外していました。

でもようやくこの時期にいたり休止を決意した理由として、


・上映から足掛け5年が経過し、上映活動も落ち着いてきたこと

・主役を演じてくれた湊親子が転勤で宮古を離れたこと

・子役の雄太を演じたヒカル君が、めでたく高校卒業?の運びとなりそうだった
 こと

その他、うーん、もういいかな、

という気持ちにようやく相成りまして、「休止」とさせていただきました。

なんで解散ではなく「休止」かといいますと、

私個人的には「解散」だったのですが、

また10年後、20年後に、みんなで集まりしようよ、という仲間の声が

とてもありがたく、まあどれだけ集まるかはおいといても、

なんだか節目の再会もまたタイムカプセルっぽくて面白いかな?

そして、その間に、ATNが「作品」として私たちの手を離れ、

どれだけ独り歩きしているんだろう、という通過点も、その時にまた

仲間と見て語ってみたいな、というささやかな楽しみも持てるかな~ 

と思い、解散としないで「休止」としました。


ちょうどその時に参加して下さった「みやこわが町」のよこたさんが

当日の模様を動画で収録していただき、ブログにアップしてくれてましたので

ご覧ください。

http://livecafe385.com/umineko_ch/?tag=townnews

当日はスタッフキャストを招待し、なんと50名以上もの方が来てくれました。

当時2歳だった私の娘「ふみにゃん」

母さんのひざの上でブランコにのって「ニャー」と叫んでいたのも、

6歳の年長さん。(今はすでに山小1年生!)

あと、小学6年だった子が、なんと来月高校受験!

追いこみで忙しい中、ハガキが届いてしまい、悩んだ末

どうしても行きたい!と参加してくれたとのこと。感激でした。

その他、いつの間にか高校生になって変声期&ニキビごろごろの主役級男子や

美人と化した女子「郷土クラブ」。

その他親子同伴で最後まで面倒を見てくれていたお母さんたちの高参加率に、

ほんとにもう感謝感激。

つくづく、この映画はスタッフキャストのためだけでなく、

その人たちを取り巻くすべての関係者の方が一体となって出来上がったんだな~と、

改めてしみじみ浸ったのでした。


当日はオリジナル宮古弁を駆使した昼の漁師役の伊藤さん、八幡宮の宮司役の

花坂さん、メイキング担当の伊藤さんもかけつけてくれました。

夜の漁師役の中村さんも参加予定でしたが、不幸にも開始2時間前に

チリで地震が発生し、船を持つ中村さんは浜で監視をしなければならなくなり

急きょ欠席。とても残念でしたが、次回はぜひ再会を期したいです。

コッペパンやスパゲッティー、肉団子など、あたかも給食を思いださせる

ユニークなディナーを楽しみ、全員一人ひとり「近況報告」。

転勤で参加できなかった湊さんからのメッセージと、翻訳で活躍してくれた

ダナンさん、「タイマグラばあちゃん」監督の澄川さんからのメッセージも披露し、

最後はATNの最高傑作「ハナウタ」を、作詞作曲提供してくれたBomb-Doが

生演奏。どこからともなく手拍子が始まり、最後は全員で大合唱。

映画のエンドロールをバックに、幕を下ろしました。



当ホームページおよびブログは、当面放置し、情報提供のかなめとして維持します。


5年間、いろいろ有難うございました。

また何らかの形でお目にかかれますことを期待したいと思います。

いつまでも忘れないで、心のどこかにATNのシーンやメロディーを

保存しておいて下さい。



それでは、 『バイバ~イ、またね!』



2010.8.24
あの夏、タイムマシーンにのって
制作総指揮 フミニャンこと安藤陸男







Last updated  2010/08/25 12:03:05 AM
コメント(2) | コメントを書く
2009/12/31
カテゴリ:カテゴリ未分類


かなりご無沙汰の日記となりました。

まずは、新年あけましておめでとうございます。

宮古はしっかりホワイト大晦日となりました。


ATNは一般公開から今年で5年目に突入。

おかげさまで、ツタヤレンタルの導きによって、話題にこそ

ならずとも、着実に多くの宮古市民の皆様にご覧頂いている

ようです(ツタヤ店長報告)。

D1000331.JPG
4年経っていまだに、レンタル率が低下しないATN


上映委員会活動は、この節目に当たり、2月を以って

解散式を執り行い、あとはATN自体が一人立ちし、自らの力で

価値を振りまいていただこうと思います。

昨年には、主人公のお父さん(黒石安雄)役のみなとさんが

転勤(学校の先生)で宮古を去り、今年は、その息子である

雄太役のヒカルくんが、ついに高校を卒業(?まだわかんね)

の運びということで、ちょうどいい時期かな、というわけです。

RIMG0075.JPG
RIMG0082.JPG
ミナトさん送別会(親子で参加 息子は主人公の子供の頃の役)

この機会に、参画スタッフとキャストの皆で2月に集まって、

懐かしみつつ、たった5年での子供たちの大きな変化などを

目の当たりにして、しみじみ自分の加齢を感じながら、お互いに

感慨に浸れたらなと思います。

みんな、集まってくれるかな~


まず、今年も、ATNをよろしくお願い致します








Last updated  2010/01/01 12:48:09 AM
コメント(1) | コメントを書く
2009/07/24
カテゴリ:カテゴリ未分類
足跡「77777」達成おめでとう!

と思ってみていたら・・・

77777 2009-07-24 10:45:15 ***.google.com

というわけで、検索エンジンさんにがっつり踏まれて

しまいました・・・

最近ほとんど検索エンジンの足跡しかございません。

まもなく、上映から5年。


そろそろ、いい頃かな


と思っているフミニャンです。







Last updated  2009/07/24 02:03:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/06/19
カテゴリ:カテゴリ未分類
当ATN原作者「りゅうちゃん」が功労賞!
拍手~!

【お手柄、自殺未然防止 宮古・坂下さんに感謝状】
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20090619_10
6/19岩手日報朝刊掲載






Last updated  2009/07/05 11:09:49 AM
コメント(2) | コメントを書く
2009/06/10
カテゴリ:カテゴリ未分類
6歳の娘が、風船を作るプラスチックの棒をラッパに仕立てて
毎朝毎晩吹きまくり。というよりくわえてメロディーを唄って
いるだけですが。

彼女は今ある映画にはまっています。

それも

スウィングガールズ。

ウォーターボーイズに続き、嫁が興味半分で借りてきた
レンタルDVDでしたが、

今回は、娘の反応がすごかった・・・

映像にしてアップしたいくらい。
実際に楽器を奏でているわけではないけれど、6歳にして
すでに映画で出てくる曲目のほとんどのメロディーを
記憶し、ラッパをくわえてただただうなっているのです。
「A列車」「インザムード」「シングシングシング」等々

きちんと楽器を与えて教えるべきか。それともすぐ飽きて
おもちゃと化すか・・・ いずれ、子供の潜在能力はすごい。

親の方が逆に感化され、ついつい映画のプロセスを探りたくなって
検索にはまってしまったところ、この動画に出会いました

スウィングガールズ制作の奇跡
http://www.youtube.com/watch?v=-WWDgBp2H3c&feature=related

規模こそ違えど、ATNをつくっていたころの思い出とダブるところが
たくさんあって感無量でした。
みんな、やっぱり最初はつまづくんですね。映像で見えない部分での
多くの葛藤や苦しみ下を越えて感動に至るまで、これはやった人でなければ
わからない醍醐味が、映画にはあります。

上記動画は1~4まで見れるので、しばらく見ながら思い出にひたろうかと
思います。






Last updated  2009/06/10 10:31:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/04/23
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年初めての更新となります。

DVD近況報告です。

昨年ツタヤレンタルの状況をお知らせしましたが、

あれから店内の陳列棚の配置換えがあり、作業中だったため

どこに置かれたかわからなくなりました。

年間貸出料の精算後だったのできっと撤去されたに違いない・・・ 

そんな風に思っていたところ、年末に行ったら、しっかりおいてもらってました。

その際も、5本中1本が貸し出し中。店長が、ATNは比較的借りてもらって

いる方だとのコメントも頂いてましたが、少しなりとも売上に貢献できている

みたいでよかったです。

それでも、そろそろ撤去されるだろう、いつなくなっててても不思議ではない、

と疑わないフミニャンでしたが、先週、しばらくぶりに娘のDVDを返しに

行った折、まだ置いてあるかな~ とドキドキして棚を覗いてみたら・・・


ありました。


しかも、


写真の通り、

D1000331.JPG

5本中、4本がレンタル中!!

※自分で外して写真とったんじゃね? と思われる方がほとんどかも・・・

フミニャン、うそつきません。本当にありませんでした。感動(TT)

真偽のほどは、ツタヤ宮古店さんにお尋ね下さいませ。

完成からもう足掛け5年もたってるのに、関心を持って借りてくれる人がいることに

素直に感謝したいと思います。内容はどうであれ、一所懸命、純粋市民参加で

作った「ほのぼの」「でこぼこ」作品です。

主役の黒石安雄こと湊さんは転勤でこの春宮古を離れましたが、その他キャスト

みなバリバリ健在です。町で見かけたら、ぜひ声かけて下さいね。

「あ、ATNに出てた人」

どきっとしても、結構喜ぶ人ばっかりなはずです。

ではまた!






Last updated  2009/04/23 10:39:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/12/30
カテゴリ:カテゴリ未分類
●今年もブログにお越し頂き有り難うございました。

さっぱり更新度も低迷した一年でしたが、

サイトを開設しておいたことでDVDのご注文がぽちぽちとあったのでよかったです。

また、5月には月山観光ルートの整備に着手するという朗報があり、すごくわくわくしました。


「ふるさとは 遠きにありて 思うもの」


ご注文を頂いた関東在住Kさんからの嬉しいメールをご紹介して、

今年のブログを終わりたいと思います。


----------------------------------------------------

はじめまして。
早速のメールありがとうございます。

高校卒業後に宮古を離れて、早26年が経ちました。
若いころは宮古に帰りたいと常々思っておりましたが、最近はこちら(職場は東京、住まいは山梨)での生活が普通になっております。
お盆と正月も毎年帰っていましたが、子供の成長とともに遠ざかっているのが現状です。(寂しい気持ちです)

さて、「あの夏、タイムマシーンにのって」は、以前から観たいと思っておりました。
自分が子供のころの宮古を感じることができるかもしれないと、楽しみにしております。

(2回目のメール)

月山…高校1年の遠足でクラスで行き先を決めたのが月山でした。遠足で着ていく服を前の日に買った記憶があります。(しゃれっ気がで始めたころでした)

あと、大昔、市役所の試験を受けたときの作文の課題が「宮古の観光」についてでした(記憶が正しければ)。自分は宮古港と月山をケーブルカーで繋ぐようなことを書いた記憶があります。

では、楽しみにお待ちしております。



(フミニャンから)

K様

早速のご入金有り難うございました。
本日発送いたしましたので近日中に到着すると思います。

高校で登られたのですね。
私も小学校6年生の遠足が月山登山で、クラスでタイムカプセルを埋めました。
掘り返す約束を皆でしたはずなんですが、映画のストーリーのようになってしまいました。
結構実話に近いプロセスもあり、自分の経験が脚本化に役立ったところもあります。
ロケの最中に皆から離れてひっそり探してみたんですが、
もうどの辺に埋めたかもわからないまま、名残惜しく月山を後にしました。
こんな思い出を、今度は映画というタイムカプセルに詰めたのも・・・(^^)
なんて思う今日この頃です。

この度はご注文有り難うございました。
よろしければ感想もお気軽にお待ちしております。


(K様から)

DVD届きました。ありがとうございました。
金曜日帰宅したら届いてました。
早速土曜日に観ました。

どのような言葉でお礼を言ったら良いか考えましたが、良い言葉が見つかりません。
「「あの夏、タイムマシーンにのって」を制作していただきありがとうございます。」という気持ちです。

まず、何よりも宮古の風景や場所が良かったです。
場所の中でも、白浜へ釣りに行ったとき、先日話しました遠足で月山に行ったときの白浜丸乗り場。
また、あそこは岸壁釣りをよくやった場所でもあります。
しかも、あの漁師役の男、彼こそ私美の一番の友達であります。
彼とは、私が育った祖父母の家が「おしんざん」に、彼の祖父母の家が横町にあったこともあり、
2歳のころからの付き合いで、まさにタイムマシーンがあれば、あの頃に行ってみたいです。
出演されている皆さんの言葉が宮古弁とはちょっと違っているなか、彼の言葉がまさに宮古弁で、
なんかホッとしました。
他にもいろいろな場面で、宮古を感じ、懐かしさを感じました。

それと、「月山」をあらためて見直しました。
市の3ヶ年計画はとても楽しみです。

できれば、月山の頂上にライブカメラを設置してもらい、宮古を離れていても宮古の景色を見ることができれば・・・
と思います。

他にも感想がありますが、この辺で。
またメールするかもしれません。ご迷惑かもしれませんがお許しください。

本当にありがとうございました。

できれば、第二弾を期待してます・・・
制作者のご苦労を考えれば失礼な期待かもしれませんが・・・

なにか携わりたい気持ちも大です。


---------------------------------------------------------------


T・K様、有り難うございました。私の姉と昼の漁師役のIさん
と同級生!とのお知らせにもビックリ感激でした(^_^)

その他、DVDをご覧頂いたたくさんの皆様、有り難うございました。

DVD化したことで、いつまでも色んな方にATNを通じて

家族・ふるさとへの思いが伝えられることが嬉しいです。

ブログの更新は少ないかもしれませんが、ふと懐かしんだり

ふるさとが恋しくなったとき、気軽に遊びに来てください。


ではまた、よいお年を。








Last updated  2008/12/30 05:55:45 PM
コメント(1) | コメントを書く
2008/11/05
カテゴリ:カテゴリ未分類
●ツタヤレンタルの半年分の実績が出ました。

1本210円貸し出し。5本在庫して1ヶ月あたり約18枚出庫。

ということは1本あたり月に約4回弱出庫。

ということは、毎週1枚×5本出庫=常に空きがない

という状態に近いことがわかりました。

町でATNが話題になっているようには全然思えませんが、

わかったことは、着実に市民の皆さんのお茶の間に一週間は置かれ、

観てもらっている、ATNを観てくれた人が少しづつでも着実に増えている、

ということです。

本数は100本ですが、友達・家族・恋人同士で観ている分も考えれば

その2~3倍の人が観てくれていると思うと、何かドキドキします。

ツタヤの売上にもスズメの涙ながら貢献できているようなので、

とても嬉しいです~ 


DVD化 = 半永久的保存 = まさに「タイムカプセル化」された感じです。

営利目的映画ではないので、たかが素人市民の自主制作映画だろ、

てな感じでの「ひまつぶし」感覚で、借りてもらうことがATNの

楽しみ方。その結果、「思ったより○○」の○○が、私達制作者の

関心ごとであり、醍醐味でもあります。

○○は、何でもいいです。ご覧になった皆様、ちょっとでも結構です

ので感想コメントをお送り下さい。お待ちしております。

感想を書く







Last updated  2008/11/05 01:05:10 PM
コメント(0) | コメントを書く

全317件 (317件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >


© Rakuten Group, Inc.