1148341 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

医療報道を斬る

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


Dr. Bambooさん

高血圧に悩む麻酔科医

フォローする

Calendar

Favorite Blog

  皮膚科医独身の… 皮膚科医独身さん
臨床の現場より head&neckさん
めんどうはごめんだ お前に云えないさん
Green-Note Green-Noteさん

Comments

wadja@ Re:報告(07/13) 心からお悔やみ申し上げます。ネットの掲…
Kosuke@ Re:報告(07/13) Dr.Bambooさんの書き込みを初めて拝見した…
キンシャチ@ Re:報告(07/13) ご冥福をお祈りします。 しばらくブログ…
Non@ Re:報告(07/13) 初めてコメントいたします。 しばらく更新…
NATROM@ Re:報告(07/13) 心より哀悼の意を表します。Dr. Bambooさ…

Headline News

2007.04.25
XML
カテゴリ:医療
判決も 70分で 出せるのね?


 4月13日に「加古川市民病院の患者死亡 3900万円、市に支払い命令」と言う記事について書いた。このときは70分の遅れがなければ90%助かっていたという認定のおかしさについてだけ述べたが、そもそも70分手をこまねいていたわけではないと思ってもいた。そのあたりについて新たな情報をもたらしているブログを紹介したい。

 健康、病気なし、医者いらずを見て欲しい。ネットの情報は玉石混淆だから、必ずしも信用がおけるとは限らない。でも、このブログの著者のいつもの発言や書かれている内容から見て、bambooは信用に値すると判断している。

 重要だと思われるところだけ引用してみよう。
新聞記事では、

>担当医師は同0時40分ごろ、急性心筋梗塞と
診断して点滴を始めたが、症状が変わらないため、
同1時50分ごろ、効果があるとされる
経皮的冠動脈再建術(PCI)が可能な
同県高砂市の病院への転送を要請した。


って書いていますけど。
実際は、「点滴をして症状が変わらない為」、
ではなく、診断した「直後」に搬送しようとして
いろんな病院に電話をした。

しかし、いろんな病院に電話したけど。
受け入れることが難しい、って事で
最終的に70分の時間がかかった。
という事が真相です。

搬送先にいろいろ電話をして。
全部断られて、一巡してもう一度、高砂市民病院
(神鋼加古川?)に2回目の搬送要請の電話をしたのが、
13:50という事です。

そして多分一旦電話を切るか保留されて返事待ちでしょう。
ようやくOKが出たらそれから救急隊を呼びます。
この時点で少なくとも14時は回っているでしょう。
救急隊が14時15分に着いたとして、
ストレッチャーに乗せる14時半頃から痙攣、頓死。

真実はそういう事ですよ、おそらく。


他の病院に断られて、結果的に時間がかかっても、
それは、全部現場で働いている医師の責任。

そういう事ですか、この判決。



 どのようなことにも時間はかかります。患者が生きるか死ぬかと言うとき、あっという間の気がしても、かなりの時間がかかっているものです。このときも当事者にとってはあっという間の出来事だったでしょう。それでも満額賠償の敗訴だなんて、納得出来ないでしょうね。このような判決を出す判事は、最終結論が出るまで数十年かかる裁判制度というものを、どのように考えているのでしょうか。

訂正 2010/01/08
 引用文の内容は裁判での事実認定とは異なるようです。社会的には公的な記録と伝聞とでは信頼性に差がありますから、70分の間に転送依頼をしたかどうかについては判断を保留します。医療への期待が過度であるとの判断はそのままです。

 

ミラーサイト






Last updated  2010.01.08 04:32:09
コメント(3) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.