1277898 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

医療報道を斬る

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Dr. Bamboo

Calendar

Favorite Blog

  皮膚科医独身の… 皮膚科医独身さん
臨床の現場より head&neckさん
めんどうはごめんだ お前に云えないさん
Green-Note Green-Noteさん

Comments

wadja@ Re:報告(07/13) 心からお悔やみ申し上げます。ネットの掲…
Kosuke@ Re:報告(07/13) Dr.Bambooさんの書き込みを初めて拝見した…
キンシャチ@ Re:報告(07/13) ご冥福をお祈りします。 しばらくブログ…
Non@ Re:報告(07/13) 初めてコメントいたします。 しばらく更新…
NATROM@ Re:報告(07/13) 心より哀悼の意を表します。Dr. Bambooさ…

Headline News

2007.05.27
XML
カテゴリ:医療

ありがとう 言われりゃ医者も 木に登る



 毎度毎度下手な川柳もどきを書き込むので、目障りだという人も多いとは自覚している。でも、やってみるとこれがハマルのだ。ちょっとここ を見て欲しい。結構みんな止まらない。

 閑話休題
 今日は報道に付いてではなく、ついこの間の体験を書こうと思う。手術が終わり、病棟からの迎えを患者と一緒に待っていたときのことだ。急に患者がオイオイと泣き出した。いったい何事かと思ったのだが、すでに意識のはっきりしていた患者から話を聞くことが出来た。

 手術前は不安で不安で仕方がなかったのだそうだ。どんな危険な目に遭うのか、どんな苦しい目に遭うのか、不安だったと言うのだ。でも、全身麻酔だから、手術中は何も分からないし、覚醒しても痛みも全くなく、気分が悪いこともない。こんなに楽に手術を受けられるとは思っていなくて、安心したら泣けて泣けて仕方がないのだそうだ。その後も術者と麻酔科医の私に、何度も何度も泣きながら感謝の言葉を繰り返した。

 勤務医をやっていると、いろいろとつらいことも理不尽だと思うこともある。でも、こういうことがあるから勤務医を辞めないんだろうな。
ミラーサイト






Last updated  2007.05.27 08:58:34
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.