1476742 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

医療報道を斬る

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Dr. Bamboo

Calendar

Favorite Blog

  皮膚科医独身の… 皮膚科医独身さん
臨床の現場より head&neckさん
めんどうはごめんだ お前に云えないさん
Green-Note Green-Noteさん

Comments

一個人@ Re:パパラッチ?(05/29) 前橋市は県内で唯一の医学部のある大学が…
dho@ Re:越権行為じゃない?(06/24) 法医学の観点から客観的事実を述べること…
wadja@ Re:報告(07/13) 心からお悔やみ申し上げます。ネットの掲…
Kosuke@ Re:報告(07/13) Dr.Bambooさんの書き込みを初めて拝見した…
キンシャチ@ Re:報告(07/13) ご冥福をお祈りします。 しばらくブログ…

Headline News

2007.05.29
XML
カテゴリ:医療
マスコミに 目をつけられた? 群馬県 


 ブログを始めたのは今年の1月下旬のことだが、昨年の6月末から、何となく「医療事故」の報道を記録していた。それを見ているうちに、どうしても黙っていられなくなってブログを始めようと思った。振り返って記録を眺めてみると、群馬県の事例が多い。記録したものだけで10件ある。もしかすると見逃しているものもあるかもしれない。事例はあくまで報道であって、その報道が正しいかどうかは別だ。また、正しいとしても、ミスがあったかどうかも別。

1)2006年6月30日報道 群馬大学
心臓手術の際、右心房にカテーテルを縫いつけ、抜去時に大出血、死亡。

2)2006年7月4日発表 群馬県立心臓血管センター
胸部大動脈瘤手術中に脳梗塞併発。
四日後に心停止したが、28分間警報に気づかれず放置。
死因は人工鼻に痰が詰まったことによる窒息死。

3)2006年7月25日報道 群馬大学
肝移植ドナーに通常の5倍のヘパリン投与。
硬膜外血腫で後遺症。

4)9月26日手術 慶友整形外科病院
膝関節の鏡視下手術で左右取り違え。
関節鏡で覗いただけで切除する前に気づいた。

5)2007年1月24日報道 前橋赤十字病院 老年病研究所
04年6月に前橋赤十字病院でCTにより脳腫瘍の診断。
9月に大きくなっていないので一年後の検査まで経過観察とされた。
05年2月より老年病研究所に通院。
8月のCTで腫瘍が増大していたので前橋赤十字病院に紹介。
すでに手術適応がないほど大きくなっていて手遅れとなっていた。

6)2007年4月25報道 善衆会病院
術後の肺梗塞の診断が遅れ死亡。

7)2007年4月25日報道 群馬県立がんセンター
食道癌の術後に腸管壊死をきたし、手術するも死亡。

8)2007年05月02日報道 群馬大学
中心静脈カテーテル挿入ミスで死亡。

9)2007年5月10日報道 前橋協立病院
頭痛で「骨髄検査」を受け、後遺症。

10)2007年5月25日報道 七日市病院
脳幹出血後の誤嚥から心肺停止、蘇生するも2年後に死亡。


 4、7、10を除けば前橋市の病院だ。地方の一つの市で1年に7件の「医療事故」の報道。これはやっぱり多いのではないだろうか。報道が多いからと言って、事例そのものが多いとは限らない。1度目をつけられれば報道されやすいと言うこともあるだろう。何かあれば報道しようと狙われていることはないだろうか。群馬県の医療界のみなさん、ご用心、ご用心。

ミラーサイト






Last updated  2007.05.29 18:00:09
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:パパラッチ?(05/29)   一個人 さん
前橋市は県内で唯一の医学部のある大学があるから、医療機関数が県内でもずば抜けて多く、医療事故も必然的に多くなるからだよ (2021.12.17 22:50:33)


© Rakuten Group, Inc.