095356 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

気まぐれママの♪HappyTime♪

PR

Calendar

Category

Favorite Blog

ベランダでバラなど… hoshigari-taさん
バラいっぱいの夢を… りり=*^-^*=♪さん
* 花 時 間 *… きぃママ0120さん
~薔薇のひとりごと~ RoseMarie*さん
薔薇に癒されて さわりんちゃんさん

Free Space

Rakuten Ranking

Rakuten Card

全8件 (8件中 1-8件目)

1

おでかけ日記♪

2009.08.03
XML
テーマ:温泉旅館(3464)
カテゴリ:おでかけ日記♪


8月1日から1泊で福島県にある高湯温泉へ行ってきました

この日は結婚記念日でもあり、毎年夫婦水入らずで食事へ出掛けているのですが

今年は、ちょうど土曜日にあたったのでおいしい物を食べて

1泊のんびりしてこようひらめきとなったわけです


週末のETC車初めて使用しましたが乗り継いでも1000円ちょっとで行けちゃうんですねびっくり

かなりのお得感を満喫しつつ普段は滅多に使わない高速道路を全て使用しました(笑)


常磐道~磐越道~東北道へ・・・


画像 001.jpg

東北の競馬場で開催されるためのお馬さんが運ばれているのかな・・・

何台も走っていました

輸送車1台1台に名前が付いているらしく中には私でも知っている

オグリキャップ号が走っていました馬きらきら

名馬の名前が輸送車に付けられているのか?

かつてオグリキャップが運ばれていたのかはわかりませんが(^^;


高速道路は渋滞もなくスムーズに最寄の福島西インターまで・・・

高湯温泉までの道のりは他の温泉街を抜け山をかなり登って行きます


福島名産の桃があちこちに並んでいましたぺろり

グネグネ山道を登っていき高湯温泉付近に達すると急に硫黄のにおいが

もわぁ~っと辺り一面プンプンしてきました温泉


これぞ温泉!! 温泉に来た~きらきら って感じ~ウィンク

ひとまず宿泊先の高湯温泉【安達屋】へ・・・


安達屋旅館12.jpg


お部屋に案内されるまでの間は雰囲気のある囲炉裏のそばで


熱いおしぼりと抹茶をいただきました日本茶

安達屋旅館2.jpg


こんなの初めて~きらきら

お茶を頂きながら館内の説明をしてくれました

至れり尽くせりですね目がハート


安達屋旅館1.jpg


館内はレトロ&モダンな純和風旅館といった感じかな

バンブー式のランプやガラスのランプが所々に飾ってあり

あたたかい照明に癒されます目がハート


部屋の窓辺にはロッキングチェアーもありました

あいにく撮った写真にはパパさんが占領していて雰囲気のあるお部屋を

公開することが出来ませーん雫パパ邪魔だし( ̄▽ ̄;;

夕食まで時間もたっぷりあったので旅館周辺にお散歩へ・・・


旅館のすぐ側にはあったか湯

こちらは共同浴場(露天風呂)で大人1回250円で利用出来ます


少し歩くとあったか温泉公園(足湯)がありました(無料)

ここはベンチのように腰掛けのんびりゆったり過ごすことが出来ますよ


足湯.jpg

写真は一部ですがこの倍の大きさはあります

うちの子は足湯で裸になろうとおしりを出し始めたので(^^;

さすがに『ちょっと待ったーーーっっっ雫』と!

まっ 子供なら十分浸かれそうですが(^^;足湯なんでね~


周辺には徒歩でしか行けない高湯三滝もありましたが

小雨が降っていて道も悪いとのことで滝を見に行くのは断念涙ぽろり


楽天トラベルで東北の温泉宿 お客様評価ランキング

お風呂部門<東北>総合1位 に選ばれた玉子湯もありました

この宿もとても気になったのですがほとんどが混浴なので( ̄▽ ̄;;

ちょっと抵抗が・・・・・

でも高湯温泉の中でとても人気のある御宿です


ポカポカ足湯に浸かった後は旅館に戻り温泉へ温泉


安達屋の一番大きな露天風呂【大気の湯】混浴


安達屋旅館6.jpg

白濁の湯の色で川のように長い露天風呂です

安達屋旅館11.jpg

打たせ湯や寝湯があり・・・


安達屋旅館4.jpg

洞窟風呂もあります・・・


安達屋旅館5.jpg

手前には進入禁止【ご婦人専用露天風呂】があります

湯は繋がっていますが迷路のように扉を隔てていくのでとても配慮されています


安達屋旅館10.jpg


逆に18時~21時はご婦人専用露天風呂~大露天風呂【大気の湯】まで

全てが女性専用になります

ご婦人専用だけでも2種類の源泉掛流し露天風呂があるので十分満足ですが

混浴でこういった時間帯を設けているところはあまりないので嬉しい限りです


通常の時間帯には子供とパパが一緒に入り私は女性専用の露天にいましたが

子供は迷路の扉を渡って行ったり来たりして、はしゃいでいました大笑い

子供ならではの出来る事ですね(^^;


夜の露天もランプが灯されていてとても安らぎがありました

ほんとなら満天の星空を眺められるそうですがあいにくの曇り空くもり

残念でしたぁ・・・ほえー


露天風呂を満喫した後は夕食へ・・・

夕食は囲炉裏端を囲んで完全個室なのでのんびりゆったり~


安達屋旅館15.jpg

ついついお酒もすすんじゃいました(^^;


安達屋旅館17.jpg安達屋旅館16.jpg安達屋旅館19.jpg


1日目はどの時間帯にお風呂へ行っても他のお客さんとの遭遇がなく

ほぼ貸切状態でしたきらきら

2日目につづく・・・・・




  


























Last updated  2009.08.04 01:39:24
2008.10.27
カテゴリ:おでかけ日記♪

こんばんは~きらきら

昨日は息子(パパも隠れ(^^;)電車好きと言うこともあって
電車を乗り継ぎ大宮の鉄道博物館まで行ってきました電車
普段、家族で出掛ける時は当たり前のようにマイカー移動しているので
私的には結構しんどかったです泣き笑い


その鉄道博物館電車
すでに息子は4~5回行ってるんですけどね( ̄∀ ̄;
私は初めてでしたがカメラマンでもしようかとウィンク
ここ最近はバラの写真しか撮ってないから...ねぇ(笑)


dennsha5.jpg


開館1周年の記念イベントが開催されている事を知らずに出掛けたので
ものすごい人出でしたびっくりって普段を知りませんけど(^^;

こちらは体験シミュレーター

dennsha4.jpg

1時間待ちですよぉおおおびっくり
ディズニーランド?じゃ~ないですよね(苦笑)

5歳にして一丁前びっくり停車位置も完璧で立派に運転出来ましたちょき

dennsha3.jpg

こちらは左が食堂(^^; 右がミニシャトル

ここで実際に行き来している電車を見ながら電車に乗っている気分で
駅弁等が食べられますおにぎり

開館1周年記念弁当をいただきました

dennsha1.jpg
dennsha2.jpg

なかなか気分を味わってみる!っていうのも楽しいかも大笑い

そしてミニシャトル新幹線
これもまた電車の食堂前発は1時間待ち( ̄▽ ̄;勘弁してくれ~~ぃ

パパさんいわく中央乗り場ではなく北側から乗ったほうが待ち時間が少ない
と言うので下り方面に向かってみると...ひらめき

15分待ちではありませんか~きらきら フフフ.....さすがです(笑)

そして寝台列車☆北斗星☆

dennsha6.jpg

親子でこの寝台列車に乗って北海道まで旅するのが夢きらきらなんだとか...

はいはい...( ̄∀ ̄;タラァーーー


さておき...ひらめき

バラの家のカメラコンテストにエントリーしてきました

コメントがねぇ...なかなか思いつかなくて(^^;
ひとまず間に合いましたけど...(笑)

我が家のバラさん達は?と言うと最近さみしい姿になってしまって
シーズンだと言うのに開花しているバラがありませーーーーん雫


またまたウィズリー(^^;
お家の中で長持ちしてくれていますきらきら


wisley1.jpg


おいしそ~ぅ目がハート

wisley2.jpg






Last updated  2008.10.28 01:38:07
2008.08.21
カテゴリ:おでかけ日記♪


南伊豆最南端への旅Part1からの続きですウィンク

透明度抜群の南伊豆最南端に位置するヒリゾ海岸ですが
今までに行った事がないくらいとっても綺麗なところでしたきらきら

hirizohama3.jpg

透明度が良い分、潮の流れが速い箇所もあるため常に監視船が見守っていてくれます

hirizohama4.jpg

サンゴや熱帯魚が浅い所でも直に見えるくらい透き通っていてきらきら
ここどこ?日本だっけ???って勘違いしてしまうくらいの
あまりの綺麗さに家族一同感激でした


子供達は初シュノーケリングをして楽しみました熱帯魚
足が届かないところは無理雫と散々言ってた息子もパパさんと
夢中になって海中を散策していましたウィンク

実は私も...うっしっし
何十年も泳いでいないし私の記憶からすると確か15mくらい泳げるかどうか雫
足が届かないところなんてもってのほか( ̄∀ ̄; 息継ぎすら出来ない私がひらめき
なんとシュノーケル出来ちゃったんですびっくり
自分でもビックリしちゃいましたぁ(^^;

何でも挑戦してみるもんですねきらきら
海の中はまるで水族館でした熱帯魚熱帯魚熱帯魚



2008-3.jpg 2008-4.jpg


初シュノーケル挑戦中の息子です(^^;
使い捨て水中カメラを片手に、たくさんの写真を撮ってきてくれましたきらきら



2008-1.jpg


青や黄色のお魚さんたちの群れに囲まれたそうですびっくり


2008-2.jpg


綺麗でしょう~きらきら
使い捨て水中カメラ写るんです!でこんなに綺麗に写るんです(^^;

他にも『ウツボがいたーーーっ雫
『クラゲだぁーーーっショック』って慌てて浜に引き返して来たり...

でも大丈夫!万全防備でクラゲ対策しましたよん!


時が経つのも忘れてしまうくらい家族みんなが夢中になれるヒリゾ浜...
最高の思い出が出来ましたウィンク















Last updated  2008.08.21 17:47:26
2008.08.18
カテゴリ:おでかけ日記♪


もうすぐお盆休みだと言うのに、ぐ~たらしていた我が家でしたが
お盆休みの1週間前に急遽、旅先決定上向き矢印きらきら

めずらしくパパさんがとっても良いところを見つけてくれましたウィンク

お盆休みからさかのぼる事、1週間前...
仕事中のパパさんからメールで『ヒリゾ浜』って検索してみてパソコンと...ひらめき

色々調べてたら綺麗な海みつけたよ!とメールが来たんです

早速、検索してみると...
なにこれ~びっくりすご~い目がハートこんな場所に行って見たかったんだよ~大笑い

いいじゃ~んきらきらいいじゃ~ん上向き矢印って事で行き先は即答で決定ウィンク

それから宿探し...
これがまたお盆期間中だと言うのに格安で1泊2食付で大人1名約6000円の宿発見きらきら

やっ安い( ̄∇ ̄;)!!

ダメもとで電話してみたら1泊のみ空きがあると言うことで
即、予約しました(^^; 安いに越したことはないですからねぇ~(笑)


それから1週間後、待ちに待ったヒリゾ浜に出発しました車

夜9時半に出発して夜中3時半に到着雫
パパさん運転お疲れ様でした(^^;

そのヒリゾ浜ですが...数年前までは知る人ぞ知る秘海のような離れ孤島
まるで南の島か無人島にでも来てしまったのか???と
言わんばかりの透明度抜群の海なんですきらきら


もちろん陸地を渡って辿り着く事は出来ないので中木と言う場所から
船で渡ります船

ヒリゾ浜にはトイレも海の家もありませんが渡し船が行ったり来たりしていますし
5分程度で戻りたい時に戻れるので特に不便な事もありませんひらめき


こんな感じで渡し船でヒリゾ浜に向かいます

往復運賃 大人1000円 / 子供 500円

hirizo-hune.jpg

朝8時半~渡れるのでそれまで車で待機していましたが
8時過ぎから船のエンジン音が一斉にブォンブォン鳴り響いていました船スピーカ

ひやぁ~ いい感じ~ 大笑い

hirizo-hune2.jpg

5分おきぐらいのペースで次々渡し船が稼動し始めました

hirizo-hune3.jpg

上矢印これは船の上からカメラ

もう潮風が気持ちいい~わぁ~ ジェットコースターのようにスリル満点で

乗客みんな笑いが止まらずゲラゲラでした大笑い

それにしても人、人、人雫
テレビ番組でも報道されたそうで秘海や南の島、楽園と言うよりものすごい人出です(汗)


常連さんもたくさんいると思いますが初ヒリゾの方もたくさんいたんじゃないかな~

お盆期間中は入場制限が出るほど、ごった返していたそうですよ...

渡し船で浜に渡ってみると... なんと なんと...
我が家で言えば小学校の運動会の席(場所)取り状態が頭をよぎってしまうびっくり雫ヒエーーー


hirizohama-1.jpg

とりあえず場所取りしてテントを張って海へ~荒波


これは、あいあい岬から撮影したヒリゾ浜周辺の様子です

hirizohama1.jpg

どれくらい距離的にはあるのか...
撮影した場所は間近でもないのにこの透き通るほどの透明度きらきら

hirozohama2.jpg


海での様子はPart2へ...つづきます...ウィンク


















Last updated  2008.08.19 20:33:06
2008.05.06
カテゴリ:おでかけ日記♪

今朝はお天気がようやく回復してすっきりとした青空が広がっていますが
昨日までは、はっきりしないお天気で雨

GW中は子供のサッカー試合観戦も兼ねて茨城まで
ドライブがてら遠征しました車

時間に空きがあったので近くの波崎海岸で潮干狩りをする予定で
出掛けましたが...

辺りははどんより雲に覆われて風は冷たいわ~霧雨で寒いわで失敗
30分ほどでギブアップ雫

画像 001.jpg

波崎の潮干狩りは【ハマグリ】が取れるみたいですひらめき
無料で潮干狩りが楽しめるので子供連れにはいいと思いますが

有料で出来る潮干狩りと違って天然なので、どこを掘ったらいいのか
全くわかりましぇ~ん雫

もちろん収穫は0泣き笑い

その後、近くで立寄ったお店でお昼をいただきましたごはん

本日の地魚天丼にお味噌汁とお漬物付きで380円きらきら
やっっっ安いびっくり

本日の地魚はカンパチの天ぷらで衣の中はしっとりとした白身魚で
おいしかったですきらきら

お値段380円のわりには大満足でしたウィンク

200805041245001.jpg

今回の潮干狩りは失敗失敗に終わったけど
また次回にリベンジだーっ大笑い








Last updated  2008.05.06 10:29:50
2008.04.27
カテゴリ:おでかけ日記♪

京成バラ園でお気に入りのつるバラ『ジャスミーナ』をGETハート(手書き)した後は
しばらく車を走らせあのレッサーパンダ風太くんがいる千葉動物公園に向かいましたスマイル

ビオラで彩られたゾウのオブジェきらきら

画像 001.jpg

画像 003.jpg 画像 006.jpg

草むらの中からジーーーっと何かが見ていますびっくり

画像 004.jpg


正体は.....ひらめき『ハシビロコウ』

画像 007.jpg

園内で1番の人気者ハート(手書き)『レッサーパンダ』風太くん

画像 014.jpg 画像 015.jpg

しばらく粘りましたがあの愛嬌のある立ち姿は残念ながら見られませんでした雫

画像 013.jpg

なんか...ぬぼーーーっとしてて可愛かったなうっしっし『カピパラ』

画像 017.jpg

そして今日見た動物の中で1番のパフォーマンス賞はきらきら

『ゴリラ~』大笑いきらきら
ギリギリ近くまで上から下りてきてくれて『ウホウホ』言いながら
いろんなポーズを披露してくれましたウィンク

画像 021.jpg

考えてる考えてる~うっしっし!?

なんだかとっても癒された1日でした

バラ園に足を運んだ後でも十分楽しめるので子供連れでのお出かけに
おすすめですよウィンク

















Last updated  2008.04.28 01:04:07
2008.01.04
カテゴリ:おでかけ日記♪
温泉日記その1のつづき.....

女夫渕に到着後ガッタンゴットンバスレトロなバスがお迎えに来ました
いやぁ~本当に来てしまったぁ~スマイル今まで経験した事の無い光景につくづく感激きらきら
なんだか心も弾みますスマイル

発車してから約25分の道のりは、さらに険しく船にでも乗っているかのように
かなり揺られて山道を走りますバス

細い林道は辺り一面雪銀世界でほんとに山奥までバスを走らせようやく
加仁湯が見えてきました温泉

これからは丸1日、携帯が圏外で使用出来ません

kaniyu2.JPG
なんだか『千と千尋の神隠し』に出てきそうびっくり


12時半にチェックインなので時間はたっぷり温泉ひとまず部屋でゆっくりすることに...

soba.jpg
別料金で部屋だししてくれるおそばを昼食に頂きました

room.jpg
部屋の窓を開けたら大きなつららがありました

huukei3.jpg
部屋から見える光景!川が真下にあり渓流の音がいい感じです

rotenhune.jpg
これも船の露天風呂のようですが雪で埋もれていました


肝心なお風呂ですが、ほとんどが混浴なので雫
とりあえずパパさん(男の子チーム)で先に様子を見てきてもらう事にバイバイウィンク

それから娘と二人で売店に行ったり部屋で待機していましたが
1時間以上戻って来ませんでしたわからん

温泉はかなり良かったようですウィンク
でも混浴は混浴なので女の人は覚悟を決めて入るしかないようです...雫
バスタオルを巻いてもちろんOKではありますがほえー
かなり開放的です泣き笑い


roten-2.JPG
第二露天風呂

ここは客室から丸見えらしいのですがパパさんチームは一番のお気に入りでした温泉きらきら

roten-3.JPG
第三露天風呂(女性脱衣所側)

パンフレット等に掲載されているメインの露天風呂で実際はもっと広いです

混浴の脱衣所は全て男女別になっています

明るいうちの混浴はちょっと無理雫という事で...
娘とふたりで女性専用露天風呂に行ってみる事にウィンク

roten-j.JPG
第一露天風呂(女性専用)

青みのある白濁りの硫黄泉で極楽目がハート
肌がツルツルになる美人の湯なんだそうですきらきら

湯温も心地よくのんびりゆったり雪景色を見ながら雪見風呂を満喫出来ましたぽっ

内風呂も湯けむりで、もやがかかったような感じで雰囲気も良かったし
硫黄泉でこれまた良かったです

huukei.jpg
夜になると↑ライトアップされて幻想的な露天風呂が楽しめますきらきら


夕食は大広間で頂きましたが山の幸がメインで予想通り素朴な感じでしたごはん
5歳以下は幼児施設料もかからず無料なのでラッキーきらきらと思っていましたがひらめき

本当に人数に含まれていないようでごはん味噌汁も全くありませんでした
そこまで量は食べないので取り分けてあげればいいかなぁと思っていましたが

取り皿も幼児用のスプーン、フォークも全く用意されていないのです雫
ちょっとこれにはなんだかなぁ...と言った感じでしたわからん

4~5歳ぐらいだったら子供料金で宿泊した方が良かったのかなぁって
ちょっと失敗です失敗


さておき.....

夕食後は貸切露天風呂を予約していたのでフロントで鍵を受け取り温泉


kasikiriburo.JPG
蒼穹の湯

いろはで3つ貸切があってチェックイン後に予約が出来ます(50分間)

roten-1.JPG
岩風呂?

貸切ではありませんが湯舟は小さめでお湯も透き通っています

roten-roman.JPG
↑ライトアップされている様子    ロマンの湯

脱衣所は男女別に分かれていてお風呂が4つに仕切られています
入口に4つの札がかかっていて使用する際に裏返すしくみになっているので
こちらも貸切と言った感じです
二人で入れるぐらいの小さめの露天風呂でお湯は若干熱めでした

加仁湯温泉は良質の異なる5本の源泉が掛け流しで大満足の宿でした温泉スマイル
今度は違う季節に足を運んでみたいですスマイル

宿泊先の詳細はこちらです↓↓↓




チェックアウト後はバス発車まで1時間以上待ち時間があったので
最後にもう一度、露天風呂に入りましたぽっ温泉



帰りは川俣ダム→龍王峡→日光方面→いろは坂→華厳の滝を回って帰りました

dam.JPG

行きも別の場所でサルを見る事が出来て感激きらきらでしたが
川俣ダム周辺でも野生のサルがたくさんいました目がハート

saru3.JPG

いろは坂では第一いろは坂から見える断崖絶壁をシカ4頭が連なって降っていました足跡
すごすぎる~きらきら

kegon.JPG
冬の華厳の滝

huukei2.JPG
帰宅車

大自然満喫の一泊二日の家族旅行でしたきらきらウィンク

















Last updated  2008.01.04 21:45:04
2008.01.02
カテゴリ:おでかけ日記♪
年末に家族で栃木の奥鬼怒温泉『加仁湯』に行ってきました温泉車

とにかく温泉と言ったら、硫黄でにごり湯のある所に行きたくてここに決めましたひらめきっが.....雫
車で行ける道は限られていて加仁湯に行く林道は一般車両侵入禁止で雫専用バスが女夫渕
(無料駐車場)まで迎えに来てくれるのですバス

女夫渕まで行くにもかなり山奥まで車を走らせトンネルを越える度に辺りは銀世界雪
途中、野生のサルもあちこちから出てきてびっくりも~びっくりびっくり車を停めて様子を見ていると赤ちゃん猿をおんぶして群れになって次から次と道を渡って山を移動してるんです足跡

saru2.JPG
感動きらきら上向き矢印かわいい~ハートこれには子供達も大喜びです大笑い

そんなんで山道に入って長い道のりもお猿さんに遭遇したりダムがあったり
小さい滝がいくつもあったり...
飽きることなく女夫渕まで辿り着く事が出来ました音符

p.jpg
ここに車を停めてお迎えのバスを待ちますバス

その2へつづく...








Last updated  2008.01.03 21:08:17

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.