057136 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私の独り言☆

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


TK9115

お気に入りブログ

ももころの森 Momocoroさん
しげぞーの他人には… shigezo.さん
バックル・イートの… Nishikoさん
思考遊戯@レッドビ… 紅蜂海老愛好会さん
芝居をやろう! 工力さん

コメント新着

 TK9115@ Re[1]:がんばれ自分。(02/29) Nishikoさん  メッセージありがとうござ…
 Nishiko@ Re:がんばれ自分。(02/29) ご無沙汰してます^^ お元気でしたか? …
 TK9115@ Re:がんばって。(02/29) zzz0702さん初めまして。  何事も…
 zzz0702@ がんばって。 はじめまして。 何かうまくいかないこと…
 Nishiko@ Re:私のGW(04/30) 声に出して読んでみると、カスタネットを…

フリーページ

2008年09月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 大相撲若ノ鵬の大麻所持問題から同じロシア出身力士露鵬と白露山にも大麻疑惑が噴出した。この2人の力士会後の簡易検査での陽性反応に対する疑義からも、専門機関で精密検査を行ったが、そこでの検査結果も陽性だった。

 露鵬の師匠である大嶽親方は「本人がやっていないといっているのだから親(方)としては(弟)子を信じてやる」と記者の質問に答えていた。

 親は子供を全面的に信じてやるのが本当に正しいことであろうか?。親として子供を信じたいという気持ちはわかる。しかし、社会に対して、責任をとることを教えるのも親の責務であると考える。このようであるならば、指導者のモラル認識の程度がしれてしまうようにも思える。

 相撲協会は、日本で唯一の世界水準のドーピング(禁止薬物使用)検査専門機関の分析結果を受け入れないで、別の機関に依頼する意向を示しているが、どういう見識なんだろうか?。

 相撲界も末期的症状のように見えてならない。 






最終更新日  2008年09月07日 21時04分14秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.