2021.05.10

コロナに関する情報提供

カテゴリ:お知らせ
​​こんにちは

世田谷区二子玉川にある鍼灸院です

昨日の東京は暑かった
湿度が低いから
外国のようにカラッとした感じではありますが
日差しは強いし暑かった




地球の温暖化とひとくくりにするのは嫌いなのですが
「暑く感じる日」が
年々多くなり


春や秋というファジーで柔らかい季節がなくなり
寒さから一気に暑くなり
暑いと思ったら一気に寒くなり
寒いのかと思ったら温かい冬だったり
カラダに感じる気温の変化
すごく不安になります




先日、BSで
「サンゴ礁」の破壊が進んでいる特集をみました

年単位の対策では間に合わず
数か月内の対策が必要であること


サンゴって魚にとってはすごく大切な住み家であり
海の環境を守るためにすごく大切なんですね

きっと自然環境が動植物にとって
住みにくい環境になっているのは
半世紀生きていて肌身に感じます


節電、省ゴミ、節水など
できることは日々の暮らしの中で実践しつつありますが
時にすごく心配になります


今回のコロナは
歴史的に繰り返されてきている
周期ごとにおこる感染症の一つ


歴史を学んでいる人達には既知の事実であり
きちんと向き合っていれば
対策可能なことであったにも関わらず
国や医療機関が
「その場しのぎ」で済ませてきたツケがまわってきた
ように思われてなりません


仕事の関係から
厚生労働省のHPはよく拝見しています
医療従事者であっても分かりづらい
専門外の方には興味を失うようなレイアウトと内容



前にもお話しましたが
私はアメリカやヨーロッパの感染症対策の記事を読んでいます
「えっ!英語読める?」「やるなあ」

そう思っていただけるとすごくカッコいいけど
残念ながら違います

今は翻訳技術が進んでいるので
ボタン一つで「日本語」で読むことができます

元の言語さえわかれば、
主要な言語は「日本語」に変換して読むことができます



私のお気に入りはCDCとNHSです
CDCのコロナ情報
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/your-health/about-covid-19.html

NHSのコロナ情報
https://www.nhs.uk/conditions/coronavirus-covid-19/

特に一般向けの記事が充実しています
短い文章の中に凝縮されていて
どの年代の方にも大切な情報が読みやすく記載さされています


コロナのことだけではなく、
コロナに関連した問題にまで波及していて
幅広い内容までカバーしています

特に、私が大事だと思っているのは
コロナ感染したことだけではなく

「コロナ感染後」
「メンタルヘルス」
「子ども」
「教育」
「受診の目安、フォロー内容


幅広い内容であるにもかかわらず

読みやすく書かれている
公に発信するメッセージとしては
「読みやすい」「興味ある内容」「必要な内容」
これらを精査して発信することが
すごく大事だと思います

ちなみに
厚生労働省のHPは以下です
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

情報量が多すぎて
大事な情報がわかりにくくて(汗)

仕事上必要なので読んでいますが
「あ~」とため息をつきながら
苦戦しています


東京は長らく自粛が続いていて
心身共に疲弊してきているのが正直なところです


心の不調と体の不調は連動しますし
カラダの不調は心の不調に影響します

また

自粛による「不活動」「不活発」な生活は
エイジングを加速し
「廃用症候群」をひき起こします​


「コロナにかかった人」は東京でもまだ少ないのが現状
「コロナにかかっていないけど心身を病んでいる人」は周囲に多数


いろんな意味で
癒せる環境を探していってもらいたいです


鍼灸は
心身ともに癒せる時間を提供できると思います
当院はマンツーマン治療
お一人約1時間の所要時間です(お着換え、お話等含む)

鍼灸のいいところ
1.「お灸の香り」は癒しに最高です


2.「マンツーマン治療」
二人っきりの環境をご負担に感じる方もいるかもしれませんが、
ご自分の健康問題にじっくり向き合ってくれる​
鍼灸師を独占できるという贅沢な時間です
「気のせい」とか「年齢のせい」ということは絶対に言いません
「不調」があると患者様がお話していただけたら、
その不調にとことん誠実に向き合います

3.自然派治療
究極的にサステナブルな治療です
電気や薬は使いません
昔と違うところといったら
鍼が使い捨てになっているということくらい


お灸と鍼を使う点については
何千年もの歴史の中で続けられ、
受け継がれてきた治療です


何を信じていいか
足元がふらついている中

古き良き治療法に
ご自分の体、健康をゆだねてみてはいかがでしょうか


あまり知られていませんが
がん治療中(抗がん剤や放射線など)の体の不調
がんサバイバーの不調なども承っています


ご家族のご相談にも応じます
メールでのお問い合わせは
tlcshinkyu@gmail.com

ご予約はホームページの予約サイトからどうぞ

私は動物の動画や写真を見ると
ちょっと心が癒されるので
皆さまにもおすそわけです







TWITTER

Last updated  2021.05.10 11:47:54
コメント(0) | コメントを書く
[お知らせ] カテゴリの最新記事