素敵なミュージシャン達

11.ザ・バニーズ

寺内タケシとバニーズ


バニーズ


(文中敬称略)

エレキの神様、寺内タケシはブルージーンズで一世を風靡していた、しかしその神様も、病魔に襲われ(当初の病名は結核リンパ腺炎。しかし、誤診と判明。過密スケジュールの中での過労が原因と判り音楽関係者を安心させました)休業を余儀なくされた。

南房総の守屋海岸で療養生活を送る。療養生活中、何度か挫折しかかったこともあるという。
しかし、その間、全国の熱狂的なファンより温かい激励の手紙などに励まされ、健康を取り戻していった。
『そうだ、俺にはエレキしかない!!』、『自分で創ったエレキ・キダーだ』、『よし、早く身体を治し、俺の生涯をエレキに捧げよう!!』そう決意を固めた。
エレキの神様、寺内タケシの復活である。三途の川の手前から、不死鳥の如く蘇った。

病気完治後の、'66年にブルージーンズを脱退した寺内タケシが、結成したバンドがザ・バニーズである。寺内タケシの本拠地(横浜)に会社を設立(寺内企画)後、ビートルズ型のバンドをつくる為に、横浜のアマチュア・バンドからメンバーを選りすぐる作業に入る。

当時の横浜は、音楽に対する感性の鋭い街で、新しい音楽の発祥の地でもあった。
デンジャーズで活動していた、小野 肇、関東学院大学(寺内タケシの母校)でバンド活動していた、興石秀之、アメリカ留学より帰国したばかりの荻野達也、若大将の映画に出演していた東宝のニュー・フェース黒沢年男の弟の黒沢 博、スクール・メイツで活躍していて井上 正(尺八の法山流の名手)を召集した。

早速、寺内タケシらメンバー全員で、鎌倉の別荘で合宿生活に入る。
全員朝、5時起床、座禅後、海岸をランニング更に深夜まで続く猛特訓、いわゆる、スパルタ教育を数ヶ月間を行いメンバーを育成した。

加入直後の、井上 正はスリムな若者であったので、寺内タケシは足腰を鍛える為、井上 正に鉄下駄をはかせ、鶴岡八幡宮の石段を登らせたり、砂浜のランニングの賜物で熊のような、大男に変身させたのである。井上 正は、このくまのような風貌から、この後マーク(業界の逆さ読み)井上と呼ばれるようになる。

バンドの名前は、寺内タケシの干支に因んでバニーズと命名した。

メンバーは、寺内タケシ(Lg)、興石秀之(Rg)、黒沢 博(Sg)、小野 肇(Bg)、荻野達也(O)、井上 正(Ds)の6人。興石秀之、脱退後('67年5月)、鈴木義之(Rg)が参加。

'66年9月19日から29日までの10日間で、第一作のLP「バニーズ誕生!~レッツ・ゴー・寺内タケシ」を完成させ12月10日にリリースした。(担当プロデューサーは寺内タケシが、マウンテン・プレイボーイズからブルージーンズまで在籍していた時のレコードを手がけてきた名プロデューサーの本吉)

10月には、黒のバニーズ号(ツアー・バス)が完成する。

'66年12月1日セブンシーズより「テリーのテーマ(イントス/テスト・ドライバー(インスト)」でレコード・デビュー。

'67年2月より全国ツアーを開始する。ステージ構成は、第一部(ボーカル中心)、第二部(インスト中心)。
'67年5月、日劇ウエスタン・カニーバルを最後に、興石秀之(後の大石吾郎)が脱退その後任に、寺内企画に在籍していた数あるバンドの中から、鈴木義之(当時大学生)が選ばれ参加する。

それから間もなく、寺内タケシは、当時誰も演じてないクラシックの名曲を、エレキで演奏しようと決意する。
これを決意させたのは、'65年10月、栃木県足利市教育委員会が引き起こした、エレキ追放運動であった。
エレキ・ギーターが不良少年をつくるとい言動に対して、寺内タケシは激怒する。

これに端を発し、世論を巻き込んで、全国の学校でエレキ追放運動が起きた。
バニーズがツアーを各地で行う都度、大勢の高校生が楽屋に押しかけてきて、「寺内さん。僕たちは純粋に音楽が好きなんです。なぜ学校や親は聴くことも見ることも許してくれないのですか」、「会場の入場口に、教師がいて生徒手帳を取り上げるんです」などと嘆願するのだった
当時、中・高校生が生徒手帳を取り上げられ、会場の外に大勢いたという。

寺内タケシはすぐさま、教育委員会に赴き、「あなた方が望む好きな音楽とは?、良い音楽とは?」と尋ねると、「民謡とクラシック」という返答があったと云う。
その結果、誕生したのが、「正調寺内節」、「民謡お国めぐり」、「レッツ・ゴー運命」である。

「レッツ・ゴー運命」は業界に革命を起こし、金字塔を打ち立てて、レコード大賞編曲賞を受賞した。(当時は、歌謡曲中心で歌のないインスト・バンドが受賞したことに、多くのミュージシャン達に勇気と喜びと希望を与えた功績は素晴らしい、更に、この後も「エレキ民謡大百科」で企画賞も受賞している。)

この「運命」を最初に演奏したのは、ブルージーンズ時代で、池袋のジャズ喫茶『ドラム』である。
その後も、アレンジを重ね出来上がったのがバニーズの時であった。

「レッツ・ゴー運命」のアルバムが完成するやいなや、足利教育委員会、文部省とには学校関係者を呼び、レコードを聴かせ感想を求めた。
反応は、若い教師から直ぐ出た。
「素晴らしい!学校の視聴覚教室で早速、かけましょう」の声に先導され殆ど皆が賛同した。その声を聴いて寺内タケシは「あの時の、エレキ追放運動は何だったのだ!!」と叫んだと云う。しかし、誰も答えられず下を向いていた。

この後、寺内タケシは、手弁当で全国の高校を対象に始めたのがかの有名な、ハイスクール・コンサートである。これは、現在も続いている。(詳細は、改めてブルージーンズの項で。)

'75年10月に寺内は、バンド・リーダーを荻野達也に譲り荻野達也とバニーズとして活動し、以後ゲストとして寺内タケシが参加することになる。

バンド・リーダー変更後の第一弾として、「東京のサンセット/炎の恋」をセブンシーズより'73年9月20日にリリースする。
寺内タケシは、バニーズにゲスト出演しながら、新たな音楽の可能性を追求し始める。
ちょうどその頃、ブルージーンズ時代の名ドラマーの工藤文雄より「一緒に新たな音楽を創って行きたいので力を貸してください」と、頼まれレッド・ゾーン(その後、寺内企画の傘下に入る)と両面のサポートを続けることになる。

バニーズは、'69年頃になると、ボーカル中心のバンドに変革していき、インストを主張する寺内タケシと対立するようになる。
3月には会社の承諾なしに自分達で、仕事を取り始め活動をしている事が、発覚しバニーズの全員が失踪すると云う事件が起こる。
寺内は激怒し、全員を3月28日付けで解雇した。
この時、バニーズが2つ存在するという珍現象が起きたのである。

荻野達也らは'70年、東芝音楽工業に移籍しバニーズとして再デビューする。が、泣かず飛ばずでGSの衰退と共に解散する。
その後荻野達也は、荻野達也とフーリンカザンというバンドを結成する。

一方寺内タケシは、ブルージーンズ復活のプロジェクトをこの時点で立ち上げるのである。

バニーズはデビューから解散までに、次の19枚のシングル・レコードを発売した。

「テリーのテーマ(インスト)/テスト・ドライバー(インスト)」'66年12月1日発売、「帰らぬ誓い/ドリーム・イン・ジ・オーシャン」'66年12月20日発売、「勧進帳(インスト)/元禄花見踊り(インスト)」'67年3月1日発売、「レッツ・ゴー・シェイク/シェイクナンバー1」'67年3月20日発売、「ライジング・ギター(インスト)/サウス・ピース(インスト)」'67年5月20日発売、「悪魔のベイビー/ストップ」'67年8月1日発売、「運命(インスト)/未完成(インスト)」'67年10月1日発売、「愛のリメンバー/二人の噴水」'67年10月20日発売、「津軽じょんがら節(インスト)/黒い瞳(インスト)」'67年11月1日発売、「太陽野郎/ワールド・ボーイ」'67年11月20日発売、「フィード・バック・ギター(インスト)/思い出の星空(インスト)」'68年1月20日発売、「太陽の花/青春をかけて」'68年3月10日発売、「レッツ・ゴー・ブガルー/サマー・ブガルー」'68年5月20日発売、「東京のサンセット/炎の恋」'68年9月20日発売、「たそがれ/淋しそうな少女」'69年1月20日発売、「ウスクダラ(インスト)/黒い瞳(インスト)」'69年3月10日発売、「ブルー・スター(インスト)/アンチェインド・メロディー(インスト)」'69年5月1日発売、「金色のほほ/青春は甘く悲しく」'70年3月5日発売、「双子座の奇跡/運命」'70年10月5日発売、「悲しき雨音/思い出は涙だけ」'71年3月25日発売、「北風/アイ・ビリーヴ」'71年10月5日発売(「テリーのテーマ/テスト・ドライバー」から「勧進帳/元禄花見踊り」までは、キングより発売、以降全て、セブンシーズより発売)

バニーズは'01年12月28日に、浜松町/東京メルパーク・ホールにて「寺内タケシとブルージーンズ/青春のメツセージ~今宵 バニーズ復活!」で結成40周年記念コンサートを行った。
参加メンバーは、寺内タケシ、大石吾郎、鈴木義之、小野 肇、井上 正の5人。黒沢 博は風邪のため、荻野達也は渡米中のため欠席。第一部は、ブルージーンズが出演、バニーズは第二部の出演。
演奏した楽曲は、「テリーのテーマ」、「この胸のときめき~アンチェイン・マイ・ハート~テル・ミー~男が女を愛するとき」、「ビートルズ・メドレー」、「元禄花見踊り~佐渡おけさ~テスト・ドライバー~フライング・ギター~ピンと針~黒いカーネーション~フィード・バック・ギター」、「レッツ・ゴー・シェイク~太陽野郎~ワールド・ボーイ~悪魔のベビー~愛のリメンバー」、「テリーのテーマ」
第三部で再び、ブルージーンズが演奏し、アンコールでブルージーンズとバニーズが合体し一緒に演奏した。
アンコール時の楽曲は、「運命」、「津軽じょんがら節」、「青春へのメッセージ」
寺内タケシとバニーズ レコード・ジャケット集/



テリーのテーマ 帰らぬ誓い 勧進帳 レッツ・ゴー!シェイク ライジング・ギター
悪魔のベビー 運命 愛のリメンバー 太陽野郎 津軽じょんがら節
フィード・バック・ギター 太陽の花 レッツ・ゴー・ブガルー サマー・ブガルー 東京のサンセット
たそがれ ウスクダラ ブルー・スター 「金色のほほ」のレコジャケを探してます 「双子座の奇跡」のレコジャケを探してます
悲しき雨音 北風 クリスマス・パーティー レッツ・ゴー・運命 レッツ・ゴ・エレキ!
バニーズ・ビッグ4 レッツ・ゴー!シェイク 勧進帳 コンパクト盤を探してます 夢のオムニバス

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.