素敵なミュージシャン達

113.ザ・ジャガーズ

(文中敬称略)

ザ・ジャガーズ


ジャガーズ

ザ・ジャガーズは、宮 ユキオを中心として'63年に結成した、野獣オールスターズという10人編成のバンドからスタートする。

このメンバーの中に後に、ジャガースに参加する宮崎こういちやスパイダースに参加する井上 順もいた。

その後メンバー編成を行い、ダンディズとバンド名を変えエレキ・インストを中心に活動を展開するものの、再びメンバーを一新し、'64年4月に宮 ユキオとプレイ・ファイブを結成する。

更に、この後もメンバーの入れ替えを行い、'66年にザ・ジャガーズと改名し、'67年6月1日に日本ビクターからリリースした「君に会いたい/ビート・レイン」でレコード・デビューする。

メンバーは、宮 ユキオ(Ds)、宮崎こういち(Sg)、沖津ひさゆき(Lg)、森田己木夫(Eb)、佐藤安治(Or)、岡本 信(Vo)の6人。

'68年3月にリーダーの宮 ユキオとメンバー間で金銭問題で対立し宮 ユキオが脱退し、後任としてピーナッツのドラマーの浜野たけしが加入する。

'69年には沖津ひさゆきが病気療養のため脱退、'70年には佐藤安治、浜野たけしも相次いで脱退する。

サマーズで活動を行っていた橘 アキラと牧 ツトム、P.Sビーナスの石井芳夫が参加するも、'71年7月に活動を停止する。

ザ・ジャガーズはデビューから解散までに、次の8枚のシングル・レコードをリリースした。

「君に会いたい/ビート・レイン」'67年6月1日発売、「ダンシング・ロンリー・ナイト/若いあした」'67年10月5日発売、「マドモアゼル・ブルース/哀れにジョン」'68年1月25日発売、「二人だけの渚/キサナドーの伝説」'68年6月15日発売、「星空の二人/恋のパスポート」'68年9月25日発売、「恋人たちにブルースを/恋するまゆみ」'69年12月5日発売、「二人の街角/愛の夜明け」'69年5月25日発売、「いつか誰か/フェニックス(不死鳥)」'70年4月25日発売(全て、フィリップスより)

なお、'68年にジャガーズを脱退した宮 ユキオは、全国からメンバーを人選し'68年9月に宮 ユキオとニュー・ジャガーズを結成

メンバーは、宮 ユキオ(Ds)、深沢ジョー(O)、片岡二郎(Lg)、原 浩(Bg)、阿久戸けんじ(Vo)、山崎こうじ(Vo)の6人。

'69年1月15日にコロンビアからリリースした「愛のアルツァート/薔薇のレクイエム」でレコード・デビューする。


'71年7月にザ・ジャガーズ解散後、ヴォーカルの岡本 信は、ソロ・シンガーとして'72年4月25日にフィリップス(日本ビクター)より「遠い愛の日を夢みて/僕のエルビラ」をリリースした。

この「遠い愛の日を夢見て」は、ザ・ビーバーズに在籍していた成田 賢の作曲・作詞で、成田 賢のLP盤「汚れた街にいても」に収録されていた楽曲をカヴァーしたものである。

'81年に開催された最後の日劇ウエスタン・カーニバルで再結成(宮 ユキオと和解)され、断続的にオリジナル・メンバーで活動を再開している。

ザ・ジャガーズの再結成後、'82年4月21日にラジオシティーから「はつらつ30才/漂泊の旅」をリリース。

ザ・ジャガーズのヴォーカリスト岡本 信は、'09年4月19日に自宅の風呂場にて逝去 

4月20日が60歳の誕生日で、その前日に岡本 信の還暦パーテイーをメンバーが横浜で企画していた。

サンケイ・スポーツ 2009.04.20


心からご冥福をお祈り申し上げます 合 掌

ザ・ジャガーズ レコード・ジャケット集





'09年4月20日現在



君に会いたい ダンシング・ロンリー・ナイト マドモアゼル・ブルース 二人だけの渚 キサナドーの伝説
星空の二人 恋人たちにブルースを 二人の街角 いつか誰か はつらつ30才
君に会いたい 君に会いたい ブルー・シャトウー 君に会いたい 未定
愛のアルツァート 薔薇のレクイエム 未定 遠い愛の日を夢みて 未定

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.