554428 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫龍隆の、気まぐれな日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


to1956

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

ニューストピックス

2019年12月11日
XML
カテゴリ:ネコでもわかる
麻生大臣 「韓国に貿易・金融制裁、やり方はいろいろ」
ブラックロック、株式市場「並外れた」リターンの日々は終わった
日本と新興国の株式をオーバーウエート キム・ロジャースと違って安心な情報だと思う大笑い




私は昭和31年生まれで前にも書きましたが、勤務先の65歳・70歳オーバーの方は金に困るような成果の方は居ません。年金制度に悩む以前に、成果報酬で税金以外の「苦」は無い生活をしています。年金制度改正、「基礎年金だけ繰り下げ」で二重増額も可能に
・今回の改正で、繰り下げと「在職定時改定」とを組み合わせれば、毎月の受給額を大きくアップさせる選択が可能になる。
・自分の年金の「報酬比例部分」と「基礎年金部分」を分けて繰り下げするかどうかを選択できる。そこで厚生年金の報酬比例部分を65歳から受給しながら働き、基礎年金部分だけを70歳まで繰り下げた場合

今でも特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)だけもらって成果報酬を加え、十分生活できますので、このままの状態でやり過ごすのが一番有利と思われます。
在職年金、不公平な見直し 恩恵は特定世代だけに

特別支給の老齢厚生年金を62歳から受給後、調子が良ければ日帰りヒコーキと思っていましたが、今年は5回行けました。来年以降も飛行機だけで7回は予定していて、新幹線コースなら5回ぐらい・・・

こんな話は以前も書き、妻はのんびり夫はバリバリ型でも無い Cマイナス型だわねましたが、二ユースが有った定点で再確認するのが大切です。



ps.
私の僅かばかりの建築成果の中で、税理士先生に交換を間違えられ税務署に否認された大地主が1名様・せっかく建物を建築したのに主目的の減価償却さえ忘れられたお施主様が2名みえます。

関係部分は常時チェックしないと大変です。






最終更新日  2019年12月11日 17時30分06秒
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.