衝動と成り行き系写真&ドール沼ブログ『高丘光学解放戦線!!』

プロフィール


高丘湖

カレンダー

バックナンバー

・2019.09
2019.08
2019.07

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

Ti(名前が二文字だとNGになるのねw)@ Re:ドールだって鉄子をしたい。(シャロンさんを上電大胡車庫に連れてったらこうなったという話)(10/07) なるほど。 アナウンス関係本職のワタスが…
高丘湖@ Re[1]:ロケ地探し。(12/13) >あかささん 情報ありがとうございま…
あかさ@ Re:ロケ地探し。(12/13) Gallery-O5 Le Royal とかどうですか?
高丘湖@ Re[1]:都会の掟(10/30) コメントありがとうございます〜。 恐ら…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017.09.04
XML
​​​​どもども。

生きてます。

いきなり一昨日の話となります。

ついにこの段階へ至ったわけです。










スタジオで人を撮る。

これです。

とあるポートレートカメラマンの方はこうおっしゃいます。

「人は最初は探すけど,ちゃんと撮っていれば自ずと探さずとも話に来てくれる」

自分の場合はその最初をみほさんに頼ったわけです。そしたらこうして人にも目が向いてきたわけです。

これに一番感謝しなければならないのはかれんさんですね。赤城で初めてお会いして足利で更に撮って以来,声を掛けていただけるようになりました。今回やっとお答えすることができました。BABIさんというもう一人新しいレイヤーさんにお会いしたできたことも収穫でございます。

もちろんこれに答えるには会社の休みを取る必要があります。しがない整備屋です。多少の理由では休みを撮るのは大変です。長くやってきて「ちゃんと撮りに行く人なんです」というイメージ付けも必要です。この点でもようやく人に動いてもらえる程度にはなってきたんだなあと感じます。

更に身近なレイヤーとしてうちの妹が答えてくれるようになったこともこれまた大きいことであります。今回は代打で動いてもらいました。準備が必要だったにも関わらず動いてくれました。

代打と言えば今回は同志尾翼氏にも参戦してもらっています。尾翼氏がレイヤー撮るのは恐らく今回が初だったはず。それを1日乗り切ってもらいました。自分とは比べるものにならないほど厚く長い経験値を改めて見た感じでした。

そんな自分もこの1日を乗り切ったことは大きいわけです。

これが2年くらい前までは人なんて一切撮れなかったわけです。絵で人が描けない人間でも人を撮ることはできる!!と証明しましたぞ。もちろんライティングもそれくらいの段階には至れたわけです。

ただ反省点はいくつか。

・テンポを保つスタミナと引き出し。

テンポの問題はずっとありますが,今回はそれ以上に多少乱れたとしても一定レベルを保ち続けるスタミナが足りなかったなあと。

特に貸出の無料小道具をいかにして使うかで考えすぎたり甘かったりするところがありました。

「あ!これがあったのか」という塩梅です。結局コレどう使おうかなあとか…。

ちょっと自分の引き出しのなさが出まくった形でした。

・レイヤーさんに見せやすいように…。

これ尾翼氏がやっていた方法。Kindle Fireですぐさま見てもらっていました。

こうすれば相談しやすいし,パソコン表示時の見え方もかなりわかりやすくなります。​特に背景の影がどうなっているかとかの情報は格段に見えやすいはず。

自分はただD500の液晶を見てもらう以外にありませんでした。スナップブリッジでiPhoneへ飛ばしたところで見え方に大差があるわけじゃないし,見てもらうという面では圧倒的不利だし…。

あと2枚だけですがスナップブリッジ経由で撮ることになったんですが,これもiPhoneだとできないことはないけどやりにくいwwwそもそも今のiPhoneが古すぎるだけなんですが…。

みほ「あれ?先月買い換えるって…」

まだ暇がなくて買い替えできていません。しかも今回のでiPadの同時購入不可避ともなったので…。

タイミング良かったということでwww

・やっぱりコダイコさんが…。

すず「使いにくいんですね」

いや~パワーロスはやっぱり許しがたいところがあります。​結果,影での悩みが出てくるところがあります。組むのは大変ですがやっぱりガミライトのほうが個人的に信頼性が高いですねえ…。

そんなところでしょうか?

とはいえこれでスタジオまでできるようになりました。

此処から先もできる限りのことが今後できるように鍛錬を重ねたいと思います。

そう言えば先ほど話に出した赤城が不完全燃焼だったのを思い出すんです。

リベンジしたいなあ…。予定合えば…。






最終更新日  2017.09.04 20:41:16
コメント(0) | コメントを書く
[ライティング研究記録] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.