衝動と成り行き系写真&ドール沼ブログ『高丘光学解放戦線!!』

プロフィール


高丘湖

カレンダー

バックナンバー

・2019.09
2019.08
2019.07

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

Ti(名前が二文字だとNGになるのねw)@ Re:ドールだって鉄子をしたい。(シャロンさんを上電大胡車庫に連れてったらこうなったという話)(10/07) なるほど。 アナウンス関係本職のワタスが…
高丘湖@ Re[1]:ロケ地探し。(12/13) >あかささん 情報ありがとうございま…
あかさ@ Re:ロケ地探し。(12/13) Gallery-O5 Le Royal とかどうですか?
高丘湖@ Re[1]:都会の掟(10/30) コメントありがとうございます〜。 恐ら…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017.11.07
XML
​​​​​​
いやあ何度見てもいいですね~。

ロモって安いじゃないですか。激安。超激安。

そんで高丘はポートラ(1本1000円超)のフィルムが主兵装として買いだめしまくっていたので,いまいち激安すぎるロモを正直軽んじていたところがありました。

いやあ,悔い改めております。

フィルムはあきらめが付くことがいいところと何度も申し上げておりますが,その代償として何十円何百円単位でロスができることになります。

フィルムはちゃんと成功したくても成功しないことが多いもの。どうやっても数円のロスはできます。こうなってしまうと,単にフィルムの値段を下げる以外に方法がないんですねえ。

このロモ100はそういった点でも気軽さを深めてくれます。元々フィルム写真はスタートのコストが格段に安い品物です。こうやって安く安くってやるとダメなものはダメになりますが,写真はそうじゃあありません。安く安くとやると個性が出てくるもの。ロモはこういった点をとにかくよく知ってるんでしょう。

というわけで……


はい。買い足しました。

これで今手元に計4本あります。これ全部+ポートラ1本で滋賀に行こうと思います。

ちなみに滋賀の作戦概要は明日たっぷりと書きます。いやあ楽しみすぎて世を忍ぶ仮の仕事が辛いwww

まず滋賀に移動するだけで楽しい。昔みたいにツライことする必要なく滋賀に行けます。そしたら何があるかって?今年の初頭に断念した西日本痛車イベントでの撮影ができることが楽しい。更にそこから一泊してちゃんと寝て豊郷小学校でドールが撮れるのが楽しい。

つまらないこと?

​帰りの車中と帰ったあとの編集・現像だけです。​

ホント,写真という楽しいルーチンワークの中で編集と現像がなくなれば本当に最高ですwただそれではこの世の中ではダメです。メリハリがつきませんから。それに編集と現像をやらないと人に見てもらえませんしw重要ですよ。見てもらうという作業がなければ写真なんてやる意味はないw例え撮る作業がどんなに楽しかったとしてもです。

んで,そんな楽しいルーチンワークの中で撮る次に楽しいのは準備です。

お待たせしました。例の作業に入ります。

ロープロ・インバース200AW高機動セット改修計画

これです。​​

高丘が水戸たんから衝動買いして以来使い続けているインバース200AWの能力を向上させ,より機動性の高いシステムを構築しようという本計画。

そのまず最初のピースが先程のロモ100とともに届きました。


っていきなりでかいなあwww

みほ「Amazonだから中身は小さいよ多分^^;」

まあ知ってんだけどねw


ほい。

ロープロS&Fレンズエクスチェンジケース200AWです。

まあそれでも結構デカイもんです。レンズ最大2本搭載可能。

中身はこんな感じ。


なんかポケットにごちゃごちゃ書いてあります。

理由はこれ。


高さ制限があるんですね。

70-200級までOKと謳っていますが,それが可能なのは手前側のポケットのみ。外側のケースは注意書きの線より奥,つまり短いレンズしか入りません。また太さ的にあんまり太いのは入りません。A012は無理でした。

まあ高丘が求めていたのはドール撮影時にDレンズコンビとAF-Pがインバースの中から出したいという要求だったので必要十分どころか幾分過剰性能な状態だったりします。


んでオールウェザーなんで当然レインカバーも内蔵しています。

これで雨天も怖くありません。

さて,単体の紹介はこのくらいにしておきましょう。単体でも付属のスリングを使えば機能しますが,今回はあくまでもインバースの増槽用です。

というよりどれもこれも単体機能するので増槽というより旧ソ連・ロシア式宇宙ステーションモジュールと表現したほうが実態にあっていますねw

すず「ただ単に高丘さんが共産趣味すぎるだけでは…」

さあ早速付けませう!!!


ロープロのシステムは凝っています。

一見すると単なるマジックテープ方式ですが,それが三重構成となっているのが特徴。マジックテープをマジックテープで挟み込んで更に挟む構造です。

これでマジックテープ方式ではままある突然の落下を抑止します。

では…。




みほすず「メタボ…」

メタボ言うな。

シャロン「ワタクシと出会ってもう何年も経ちますけど,姿形変わるものね…」

さて,使いやすいかといわれると五分五分です。

かなりものがデカイので姿勢の自由は結構失われます。

ただレンズチェンジは思った以上に行いやすい感じはありますね~。




そもそもとしてこのS&Fシリーズはインバースとのシンクロは公式では保証していません。

少々以外ですが設計外での仕様です。というのもS&Fという規格がそれ自体には収容能力がないベスト等にシステムを追加していくという体を取っています。


メーカー曰くこんな感じ。

ってこれ……


まんまサバゲーのタクティカルベストやないかーい!!

すず「流石にそれカメラには使えませんよね…」

ドロドロ過ぎて入れた瞬間ぶっ壊れるわw

まあ人が効率よく最前線で戦うとなるとやっぱりどんな業界でもモノが似てくるわけです。電気工事士とかね…。

さて,まあこれでレンズをインバースの中から立ち退かせることには成功しました。

では次の段階に至りましょう。

今度はアレを立ち退かせてしまえば…。むふふ。まだ話は続くのじゃよ…。






最終更新日  2017.11.07 21:53:22
コメント(0) | コメントを書く
[高機動セット研究記録] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.