衝動と成り行き系写真&ドール沼ブログ『高丘光学解放戦線!!』

プロフィール


高丘湖

カレンダー

バックナンバー

・2019.11
・2019.10
・2019.09

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

Ti(名前が二文字だとNGになるのねw)@ Re:ドールだって鉄子をしたい。(シャロンさんを上電大胡車庫に連れてったらこうなったという話)(10/07) なるほど。 アナウンス関係本職のワタスが…
高丘湖@ Re[1]:ロケ地探し。(12/13) >あかささん 情報ありがとうございま…
あかさ@ Re:ロケ地探し。(12/13) Gallery-O5 Le Royal とかどうですか?
高丘湖@ Re[1]:都会の掟(10/30) コメントありがとうございます〜。 恐ら…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018.06.12
XML
カテゴリ:痛車撮影研究記録
​​​​​​​​​​こんばんは~。

ふれしの「今宵もどうぞよろしく」

さて,おとといの話です。

EMTGえくすとら

場所は千葉・東金であります。​

機材はいつもの4灯にグリーンフィルター,Air10sに今回デビュー戦となる期待の戦略的広角単焦点20F2.8DとD800Eのコンビです。

ふれしの「AF-P以上の広角を誇るヤバいやつ!!」

そうです。額面通りの20ミリ。35ミリ換算27ミリでしかもDXフォーマットのAF-P。つまり……

・焦点距離でより広角効果最大値拡大。
・FXフォーマットで広角の効果がロス無くジャストミート。
・最短撮影距離は変わらないからより被写体に接近可能。

という,広角痛車撮影野蛮人()として実に素晴らしい魅力が詰まっています。​

ふれしの「ドールだと明るさも魅力だな。痛車ではあまり重要じゃないけど…」

では早速撮影してみましょう。
















ふれしの「最後のGT-Rがらしいなあ」

これかなーり近くで撮影しています。ただこれが曲者。

ふれしの「デフォルメ効果がとんでもなく強いなあ」

それです。接近すればするほど広角らしいクセが途切れること無く噴出してきます。AF-Pではこれをズーミングで調整することができますが,20F2.8Dではできません。よって工夫が必要です。

ふれしの「そもそも広角に慣れてないと厳しいなあ。ましてや広角で撮ること自体がクルマだと普通じゃあないしなあ」

つまるところ慣れが必要です。望遠というヤツは実に素直なヤツです。でも八方美人で全てを解決できるわけじゃあないでしょ?浦山じゃあ全く役には立たない。

そしてこの日の本番はココからです。


土砂降りライブじゃゴルァ!!!!!
ふれしの「イエエエエエエエエ!!!!!!」


いやあ久々に雨だ楽しいぜALRIGHT!!!!!

ふれしの「いやあ楽しそうで何より」

周りはかっぱを来て自然光撮影する方がほとんど。でもなあ忘れるでありませんぞ。

人間ほどの完全防水なんていないじゃん?
ふれしの「イエエエエエエエエエエエエエエエエエエス!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


しかもこれだけでテンションマックスって言うわけじゃあない!!これを見てくれ!!






春雨ちゃんエロくて最高なんだぜ!!!!
ふれしの「イエエエエエエエエエエエエエ!!!!!!!!!!」

いやあ楽しいなあ!!!じゃんじゃん行くゾォ♂​​










ふれしの「いやあやっぱり効果フィルターは天然モノに限りますなあ!!」

そうだぞ同志。フィルターなんてPLとNDで十分。時々クロスがあってもいいけどそれ以上のものは必要ない。今回は水滴がフィルターだ!!!最高だ!!!

ふれしの「ただ…」

気づいたな同志。

ふれしの「なんか……後ろがやたらボケる?」

そのとおり。これが恐らくFXフォーマットの弊害だと思われる…。F11でもボケる量がD500+AF-Pコンビで全然違う。もっと絞ってもいいのではないか…。

ふれしの「F16とかくらいまで」

イエス。もちろん小絞りボケとかいう話が出てくるだろうけど,そういう問題ではもはやないであろう。シャープネス確保をどうにかすればいい気もするしなあ…。

さて,そろそろ本番といきますか。

ふれしの「え?」

もう既にナツイロココロログ仕様のレガシィで出てますぞいや。

ふれしの「そうか!!水鏡か!!!」
イエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!

そうですとも。ここからでっせ☆








ふれしの「雨だからですなあ」

雨だからです。いやあいいもんです。

さて,ここから。外周部はこれでいい。水たまりは中洲のほうが状態がいい。もっといい水鏡が期待できます。ではいざ行こう!!としたその時でした。

ストロボが…光らない。

ふれしの「え?」

油断してました。雪ロケ2回で大丈夫だったからと油断していました。


Air10s水没,起動不能。

ふれしの「ああ…なんということだ~…」

カメラとレンズ,そしてちゃんと防水処理をしていたストロボ陣営が無傷だったところの惨事でした。電池抜いてのスーパーリセットにも反応せず。涙がちょっと出たやもしれません。でも雨でそれもわかりませんでしたが…。

仕方なく機材を格納。近所のスーパー銭湯をナビでセットして,そのまま撤収となりました。

ちなみにAir10sは秩父帰国中に復旧。現在は聖下の防湿庫に入り静養中です。

ふれしの「今度からはどうにかしなくてはなあ…」

静養が終わり次第,何らかの対策は実施する予定です。

とはいえ雨の撮影は最高です。テンションの上がり方は普通の撮影では絶対に体感できません。そこにストロボと来ればよりハイになれます。

こうしてやってると,バックライトも欲しくなりますなあw

ふれしの「え?そのためだけにもう4灯仕入れるんですか?」

流石にそんなことはしませんがwww

とにかく雨は楽しい。残念ながら全てを楽しみきれませんでしたが,この興奮をお伝えできたらと思った次第であります。






最終更新日  2018.06.12 20:26:47
コメント(0) | コメントを書く
[痛車撮影研究記録] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.