衝動と成り行き系写真&ドール沼ブログ『高丘光学解放戦線!!』

プロフィール


高丘湖

カレンダー

バックナンバー

2019.05
・2019.04

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

Ti(名前が二文字だとNGになるのねw)@ Re:ドールだって鉄子をしたい。(シャロンさんを上電大胡車庫に連れてったらこうなったという話)(10/07) なるほど。 アナウンス関係本職のワタスが…
高丘湖@ Re[1]:ロケ地探し。(12/13) >あかささん 情報ありがとうございま…
あかさ@ Re:ロケ地探し。(12/13) Gallery-O5 Le Royal とかどうですか?
高丘湖@ Re[1]:都会の掟(10/30) コメントありがとうございます〜。 恐ら…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.05.14
XML
1:現在の高丘軍輸送機8000系ふれしのくん(以下,初代ふれしのくん)の現状
現在,高丘軍が輸送機と使用している初代ふれしのくんはクラスの中では比較的高度なベトロニクスと経済性を武器に順調な運用を行なっている。ステアリングラックの問題解決が先送りになっているものの,それ以外は概ね高い信頼性を保持しており来年の第一回全般検査までに総走行距離3.5万キロ以上を走りきる公算が大きい。

しかし歴代スイフト特有の低い積載性能に加えて,純正にしては低い車高が機動性の低下を招いている。ドールロケでは未舗装路を強襲する必要が時たまあり,車高が理由で撤退を余儀なくされるケースが度々発生している。機材は機動性を重視したシステム研究を続けているものの,閃光艦隊の大規模化が避けられず光学艦隊のスリム化にも現状では限界が見られる。また小型軽量なK10C+6ATパワーユニットは高速域での巡行性に優れるものの市街地での運用性が低く,燃費が極めて不安定で結果的に運用コストが増大している。更にACC電源確保の面で限界があり,直噴ターボであるエンジン仕様の都合で長時間のアイドリングに極めて不向きな特性を抱えている。

このため現在の初代ふれしのくんを軽キャンに置き換え,積載容量の確保と長期遠征の低コスト化を行う計画を進めている。燃費面では高速・市街地とも14キロで安定していた新2000系レモンライナー後期仕様程度に妥協し,同じ燃費で得られる対遠征能力確保に重点を置く仕様としたい。また元々エンジン停止後の電源確保に対して強い軽キャンの特性上,電源の問題も同時に解決できるものと考えられる。

更に戦略上で作戦遂行に有利な面がある痛車復帰も同時に目指すものとする。

2:ベース車両
軽キャンにはキャブコン,トラキャン,バンコンがあるが取得費用の面でバンコンが優れており本計画もバンコンの導入で確定している。本報告書以前にはスズキ・エブリィがベース車両筆頭になっていたが,現在はホンダ・N-VANベースの案が有力となっている。理由は以下の通り。

・ベトロニクスを初代ふれしのくん同等にできる。
・同クラス車両の中では比較的高出力。
・既にエブリィと同レベルのリフトアップキットが流通している。
・標準構造がFFのため4WDにしなくてもある程度のトラクションを確保でき,タイヤなど配慮する必要があるポイントを最小限にすることができる。

問題としてはユーザーとして運用したことがないホンダ製車両の信頼性やランニングコストが想定できない面がある。またホンダ特有の構造に複雑な軽キャン装備が伴うため,整備コストが現状の1.5〜3倍に増大する可能性がある。ただし燃費の面では初代ふれしのくんより安定する可能性が高く,税金面でも有利なことからトータル的には運用費は据え置きになるものと考えられる。

3:運用方法
通勤・遠征用輸送機・電源車等の任務を1台で担う。また万が一,高丘が東京都内など駐車場取得が困難な地域で世を偲ぶ仮の就業についたことを想定し秩父基地留置も想定する必要がある。ベトロニクスの都合もありミッションはCVT一択となる。また秩父基地留置の場合は秩父での高丘軍以外の輸送業務に従事できる必要があり,痛車化の際には配慮が必要となる。

4:痛車化について
項目3で述べた通り,秩父基地留置の場合は仕様や規模に配慮が必要となる。秩父基地留置中の高丘軍外運用のオペレーションは全て高丘家が行う。このため高丘家が知っていて違和感のないタイトルを慎ましく施工する必要がある。よってこの2代目ふれしのくんの仕様は以下の通りとする。

・ゆるキャン△志摩リン及びちくわ

規模については通勤使用ができるよう配慮を行いながら,できる限りの規模を目指すものとする。仕様的にはこの想定に最も適したタイトルであり,温和で親しみやすい仕様が理想的である。

5:調達先等(案)
・ベース車両:ホンダ
・軽キャン改装:株式会社ステージ21(リゾートデュオバスキングN-VAN)
・痛車施工:いた☆すて(遠藤切貼店)
・痛車イラスト等:未定

6:調達コスト
300万円以内(なお初代ふれしのくんは適時売却とする)

7:計画開始時期
2020年7月以降

8:本報告書製作
高丘軍装備開発局
同大本営輸送隊群

以上






最終更新日  2019.05.14 17:30:54
コメント(0) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.