581783 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とびっちの あそブログ

PR

X

全3086件 (3086件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.08.21
XML
カテゴリ:ファミリー
​妻と出かけたけれど・・・
​お昼ごはんどうする? サラダバーのあるハンバーグ店へ行こうか。
妻と意見が合い、早速軽トラで向かうが・・・動かない。

次の信号まで3~4回待ち。
その次も・・・。
なので、わき道に入り自宅へ戻ることに。
ラーメンを作り野菜炒めを作り・・・と、いつもの昼食となった。

その後、妻を見送ってから近くのザ・シューズ店へ。
今履いているサンダルのかかと部分がボロボロになっているので、新しいものを・・・。
店内にはあらゆるジャンルの履物が並べられているので、気に入ったもののサイズ違いを探すのだが、あいにく私の足は28センチ。
なかなか見つからない。   
なので、店員さんに聞いてみた・・・が、残念ながら「展示してある分だけ」とのこと。
4600グラムで生まれてから、この歳になるまで散々悩まされてきたが、最近は体格のよい方が増えてきているので大きめの品揃えがされていると思っており、フォーエルなど、ビッグサイズ専門店もあるので自分の体のことなどすっかり忘れてしまっていた。
まさに、ギャフンという感じ。
ビッグサイズ専門店は寝屋川市。
ちょっと遠いので二の足を踏む。
仕方がない、27センチのサンダルで我慢の日々を送ることにした。






最終更新日  2021.09.25 17:56:30
コメント(0) | コメントを書く


2021.08.16
カテゴリ:朽木・農土花
​作業小屋で・・・
​今日は朝から作業小屋で物づくり。

水溜りはなくなったものの、足元が濡れているので、念のために長靴を。
長靴だけではヒルが這い上がってくるので、布を巻き濃い目の塩水をスプレーしておく。
この布は、着られなくなったTシャツを半分に裂いたもの。
ヒルがいそうな場所に行くときのスタイル。

キイロスズメバチの巣。出口部分に見張りはいるがおとなしい。
でも、骨組みの鉄パイプなどに振動を与えるとゾロゾロと出てくるので慎重に・・・。

恐竜の頭ができあがった。
手足は取り付けが簡単なのですが、頭は首を回転したり、傾げたりしたいのでちょっと複雑。
球体のドリルビットがあれば簡単なのですが、ホームセンターでは見つからず、少しずつ穴を開けて内部を広げる。

帰阪前にどうしても使いたかったホットエアーガン。
割った竹の蝋を抜き、十分に乾燥させる必要がある。

怠ると3日ほどでこのようなカビが生えてしまうから。

作りたかったものは「孫の手」
この先端を曲げる時に熱してあげることで割れることなく曲げられる。

でも、腕がないので、同じようにはならない。
でも、背中をかいてみると快適かいてき・・・。
さぁて帰り支度。道具を納めて軽トラで出発。

最近出来た朽木のラーメン屋さん。
のぼりを見ていたので、今日の晩飯にチョイス。
魚介系の出汁ラーメンと・・・

から揚げを頂きました。
若い店員さんも、コロナ禍での出店は大変だったろうに・・・笑顔で応対してくださりました。
今度また、他のメニューも注文したいなぁ~。






最終更新日  2021.09.25 17:34:36
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.15
カテゴリ:朽木・農土花
​雨が上がったようだ~
​目覚めると、トタン屋根の雨音がなくなっていた。
どうやら長雨も上がったようだ。
池の水が溢れていないか、気になって覗いて見た。

溢れるどころか、涸れかかっていた。
肺呼吸が出来ないオタマジャクシたちは残っている水溜りの中で。
カワニナは新天地を求めて移動開始。
何とかしてやらないと・・・。

植物は、相変わらず元気。

簡単な朝食を食べて、私も元気!
食パンには、先日作ったヘビイチゴのジャム。
全部でこれだけ。もっと作っておけばよかったなぁ。

沢の上流部。
水はチョロチョロ・・・・・・
沢は水量が増えているが、濁りはない。
この水をパイプに引き込めばよい。

ほ~ら! 勢いよく、きれいな水が・・・。

後はジョイントをつなぎながら沢を下るだけ。

濃土花に戻ってみると・・・?
水量が足りない!
パイプのどこかで目詰まりがあるようだ。

で、あちこち探しながらようやく見つけたジョイントをはずし、再度接続。
これで安心。

ついでに、この辺の草刈をしておこう。

夜。見慣れぬ奴がやってきた。
フン虫の仲間だろうか?

やたらと元気が良い。

そして・・・。
ステンレスの皿の中でもがき続ける奴も。

こちらはカブトムシのメス。
夜行性の甲虫たちは元気に動き回るが、

キイロスズメバチは、夕方からおとなしくなる。
私もそろそろ小屋の中へ・・・おやすみなさい。






最終更新日  2021.09.24 16:42:21
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.14
カテゴリ:朽木・農土花
​叩きつけるような・・・
​連日の雨降りですが、今朝は特に凄い量の雨がトタン屋根を叩きます。
Mさんは明日からの仕事のために帰り支度をして帰阪しました。
使用したテントやタープは、自宅に戻ってからベランダの手すりに干すそうです。

作業小屋の前に張ったタープからは滝のように雨水が落ちています。

池の水面を叩く雨つぶも大粒です。

作業台を置いた場所のすぐ近くには水溜りが出来ています。

その水が作業小屋の中にまで流れてきます。
こんなことは初めてのこと。まさに豪雨です。

先日買い求めた帽子の鉢巻部分を、畳のヘリで巻き直しました。
うえむら畳店さんにお願いして、花火の柄をチョイス。
ホットボンドでとめながら、模様付けをしたのですが、これが難しい。
オタマジャクシの尻尾のようになってしまいます。

お気に入りのヤマブキのピンバッチも取り付けてみました。

昼食後のコーヒーブレイク。
作業台の上には木工の準備。

恐竜の胴体に、首と尻尾を取り付けます。

夕方になっても衰えない雨脚。
警報が出てるよ!と、妻からの連絡ですが、ここにいるほうがむしろ安全。
土砂災害や河川氾濫などの災害は、移動経路のほうが多いからです。






最終更新日  2021.09.23 17:45:55
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.13
カテゴリ:朽木・農土花
​Mさんが待っている。
​濃土花に向けて真夜中の朽木サファリを走っていると・・・

いました!
久しぶりのシカです。
この後も数箇所で出会いましたが、車を止めてスマホを立ち上げているうちに逃げられてしまいました。

濃土花に到着。あらぬところにクマタカ君がお出迎え。

中途半端な時刻だったので、少し仮眠。

目覚めてからMさんにご挨拶。
数日前から来ていたので、タープの下にはキャンプ道具が並んでいました。

そのMさんが教えてくれました。スズメバチが巣を作っているよ・・・と。
あらまー、キイロスズメバチの見事な巣。見張り蜂も出ていました。

セミや・・・

トンボや・・・

カマキリたちも・・・

降りしきる雨の中で必死になっているようです。

喜んでいるのは植物たちでしょうか。
母の形見のナツメを植えてから25年ほどたちましたが、今年初めて実をつけました。

棘だらけの金柑も元気です。

畑の作物も少しだけ収穫できました。

ヒルも元気に血を吸いに来ていましたが、塩水のプレゼント。

降り続く雨のせいで、スズメバチの下でブチゴマ作りや・・・

孫にあげる恐竜作り。
Mさんとのおしゃべりも、タープやトタン屋根に打ち付ける雨音にかき消されてしまいます。
ペルセウルス座流星群も、諦めましたが・・・
明日はMさん帰阪の日。雨が上がってくれるとよいのですが・・・。






最終更新日  2021.09.23 12:01:51
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.11
カテゴリ:ファミリー
​自宅でぼんやりと・・・
​妻の知り合いの若者たちが、友達の引越しを手伝うのに、軽トラを貸して欲しいとのこと。
業者に頼らず、レンタル代も節約して、人力で人助けということに感心して、お手伝いをしようかと思ったが、力あふれる若者たちに混じってアラ70歳が足手まといになる気がしたのでやめておいた。

さて、軽トラを貸し出す以外の用事も無く自宅に戻ってきたので、暫くは時をもてあますことに。
読みかけのビーパルでも読もうとしたら、今月号の付録が出てきた。
オピネルのカッティングボード。
山を席巻している孟宗竹の集成材を使うことで、山を守ることに繫がるとしている。
プラスチックの登場で、日本人の生活様式はかなり変わってしまった。
生活用品の殆どが木材や竹製品で満たされていた頃の記憶が私にはあるが、次の世代には伝わっていないだろうなぁ。
子どもたちの玩具や生活用品、保育所で使う箸箱などは出来るだけ木製品・竹製品を作ってあげていたのだが、覚えてくれているだろうか?
先日孫のために作った恐竜も、そんなメッセージをこめて作ったつもりだが・・・。

そんなことを考えていた時に、はたと思い出した。
そういえば以前のビーパルの付録に、同じようなものがあったなぁ~と。
で、引っ張り出してみた。

いくつかの改良点があるようだが、竹の集成材を使用しているところは同じ。
果たして、山の環境はどうなっているのかな?
少しだけ調べてみたら、むしろ竹林に花が咲いて、次々と枯れているという事態が起こっているようだ。それも、かなり広い範囲で・・・。
濃土花の周辺でも、ここ数年竹の子が出ていない。
孫の曾じいちゃんの山へも入らせてもらっているが、2年ほど収穫できていない。
枯れた竹林が藪のようになって、人が入れないような有様も見ている。
温暖化に強いと思っていた竹林だが、むしろそのせいで数十年に一度という花が咲き枯れてしまっているのかもしれない。
こんなところにも次世代に負の遺産を残してしまったのだろうか。
だとすると、やっぱり政治を変えるしかないのだろうなぁ~と、暇に任せて考えてみた。






最終更新日  2021.09.22 16:21:55
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.10
カテゴリ:朽木・農土花
​自然回復・・・?
​熱帯夜も治まり、寝心地満点の夜だったので、今朝の目覚めも良好でした。

室温は22度ちょっと。
気持ちよく作業をしたいところですが、沢の水が流量不足だったので、朝から沢登りをしてパイプ点検をしなければなりません。
ヤマビルなどが心配なので、夏場はあまり行きたくない場所です。
が・・・

なんということでしょう。
よる農地に回復しているではありませんか。
ラッキー!

クマタカ君は、あらぬところに飛ばされていましたが、問題なし。
小雨になったので修理して、また、頑張ってもらいましょう。

先日のズボンのすそは、5~10cm角に切りそろえて、ボロ布として最後まで使い切ります。
今日は帰阪しなければならないので作業小屋を片付けてすぐに濃土花を出発。

そうそう、妻に頼まれた燻製セットを軽トラに積み込まなければ・・・。
雨にぬれないようにシートも掛けてドライブ開始。
途中にある川魚専門店に立ち寄りました。
以前(20年以上前だったかな)ビーパルに紹介されていたびわ湖産の川魚を、漁師をしている御主人が獲って来て調理・販売をしているお店で、常々気になっていたので、湖産うなぎを買い求めようと。
最近もテレビで紹介されていた奥さんが色々説明してくださったのですが、残念ながら湖産うなぎではなく九州から仕入れているそうです。
しかも、蒲焼1枚が5000円!!!
絶滅危惧種に指定されているうなぎですので、最近は回転寿司はもちろん、土用うなぎも我慢していたのですが、今日の経験で、別の意味でも食べられなくなってしまいました。
妻はあなご好きですので、今後は二人そろってアナゴを食す機会が増えるのかもしれません。
高価な買い物をしたことのワクワク感と、これが最後になるかもという気持ちを抱えたまま帰路に着きました。






最終更新日  2021.09.21 18:08:51
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.09
カテゴリ:朽木・農土花
​風強し…そして雨。
昨夜午後9時過ぎに濃土花到着。
とりあえず寝てしまおうと小屋に入ると、室温27度。
熱帯夜だ。

それでも横になり、本を読んだりしているうちに眠ってしまった。

朝起きて外へ出ると、クマタカ君は未だ眠っている・・・ん?

どうやら、相当強い風が吹いたようだ。

見張り番がいないのを幸いにシカたちが池にやってきて・・・

クレソンとセリを食べてしまった。
ブラックミントだけは無視して・・・。
​​
そしてすぐに降り出した雨に、作業小屋へ閉じ込められてしまった。

雨にぬれたくない虫たちも同様に集まってくる。
それを狙ってカマキリもやってきた。
小さなくもの巣が数え切れないほど張り巡らされている。

ペール缶の竹くずを燃やそうとして動かしたら、黒い甲虫がうごめいた。

どうやらコクワガタのようだ。

作業中の台の上に乗せると、慌てて潜り込もうとする。
それでペール缶の下にいたのか。
さて今日はビーパルの発売日。最近のブームなのか、アウトドア系の本が良く売れているという。

コロナ禍の影響もあってか、ソロキャンパーやファミリーキャンプに出かける人も増えているみたい。
朽木サファリ沿いの河原にもテントが目立つようになっている。
とりあえず、本を手に取り一安心。

帰りがけの駄賃?で、みのりやさんで草餅とパンを買う。
和菓子屋さんだけど、色々な創作をしておられる。
左端のパンは、カボチャ餡を入れていて、私の好物に追加した。

濃土花にもどるとポストの中になにやら・・・。
郵便局からのお知らせでした。

雨が小降りになったので急いで沢登り。
取水口の近くのジョイント部分。
これだけ出ればもう大丈夫と思って濃土花へ戻る。

だがしかし、ごらんの水量しか確保されていないのに驚き。
夕方から夜は獣たちが動き出すので、もう一度沢を上るのは危険。
明日の朝一番の仕事になりそうだなぁ。
まっ、これだけ出れば荒い物も出来そうなので今夜はこれで良しとしましょう。






最終更新日  2021.09.19 01:12:16
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.07
カテゴリ:その他
​ギフト券が届いた・・・
コロナ禍で生活困窮者支援のためなのか?
月々5万円の年金生活者を支援するためなのか?
大東市から5000円のギフト券が届きました。

同封されていた資料には、ギフト券の使えるお店一覧表が。

で、早速近くのホームセンターへ。

以前から欲しかったホットエアガンを物色。

本体価格が安くても取り付けるパーツが高いこともあるので、慎重に選びます。
結局、オールインワンの製品を選びました。
レジに行って支払いをする際にギフト券を提示すると、店員さんが困った顔で「暫くお待ちください」と内線電話で指示を仰ぎます。
結果としてオーライでしたが、このお店初の使用者だったようです。

この買い物だけで予算オーバーでしたが、調子に乗ってスーパーへ。
地域振興の目的もあるのでギフト券に感謝しつつ、久しぶりの買い物を楽しみました。
ありがたや~。






最終更新日  2021.09.18 15:17:41
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.06
カテゴリ:ファミリー
​​楽しみにしていたのに・・・

​小学校の夏休み!
家族そろって里帰りや旅行など、楽しみにしている子どもたちが大勢いることだろう。
外孫2号君もそのひとり。
ところが長引くコロナ禍の影響を受けてパパ・ママの仕事の状態が変わったり、そもそも他県への旅行など出来ない雰囲気が・・・。
さらに追い討ちを掛けるように緊急事態宣言が出されたり、延長されたり・・・と、踏んだり蹴ったり。
去年も我慢をしたのに、この夏もまた!としょげ返る2号君を、楽しみにしていた福井恐竜博物館へ連れて行って上げられないかと、娘からの以来。
ワクチンの2回接種を終えていること、体調はどうかなどの機微点野チェックを受けて娘審査合格。
じいじ・ばぁばも楽しみに、ネットで発掘体験の予約を取ったのですが・・・。

取れた予約は夏休み最後の日。
それでもやれやれでしたが、本日臨時休館が延期されたと言うメールが届きました。
あきらめ切れない2号君のために相談して、9月の連休に予約を取り直し、宿泊予定の旅館にキャンセルの連絡をしました。
はてさて・・・政府の無策で際限なく続くコロナ禍。
9月には行けるのかどうか・・・
彼には「大丈夫だろう」と伝えているのですが・・・。






最終更新日  2021.09.16 18:56:55
コメント(0) | コメントを書く

全3086件 (3086件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.