1062400 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

長峰ブログ

PR

プロフィール


長峰♪

カレンダー

バックナンバー

2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

地上の満天の星々、… 夢穂さん

お知らせ/『となり… 幻の民さん

メルペイフィーバー(… ひなの。さん

人生とサムマネー 想像力が未来を切り拓くさん

コメント新着

FP長峰♪@ Re[1]:ひとまず(02/18) 夢穂さんへ お気遣いありがとうございま…
夢穂@ Re:ひとまず(02/18) こんにちは。あのように 分刻みの中でのブ…
FP長峰♪@ Re[1]:長良川鉄道(02/14) 夢穂さんへ ええ、でも、途中から隣も向…
夢穂@ Re:長良川鉄道(02/14) 長良川鉄道乗ったことないです。根本的に …
FP長峰♪@ Re[1]:阪神バス(02/12) 夢穂さんへ まだ高校3年生ですよ。なんで…

ニューストピックス

2018年09月10日
XML
カテゴリ:書評
山崎豊子氏の「沈まぬ太陽」(御巣鷹山編)を読んだ。「沈まぬ太陽」は

5巻からなる。1巻、2巻が「アフリカ篇」で、3巻が「御巣鷹山編」だ。

4巻、5巻は「会長室編」となっている。映画化されたのはアフリカ篇だ。


沈まぬ太陽(3(御巣鷹山篇)) (新潮文庫) [ 山崎豊子 ]

この「御巣鷹山編」は、主人公の恩地が労働組合活動で懲罰人事により、

アフリカへ送られた苦闘の末、東京に呼び戻されていた時の出来事だ。

出社しても新聞を読み、かかってくる電話を取るだけの「閑離職」の時

に起こった事故として扱われている。


もちろん、あのJAL123便の御巣鷹山墜落事故を詳細に調べ、小説化

したもので、一部、遺族は本名で書かれている。JALはNAL(国民

航空)として書かれている。所沢にある東京航空交通管制部の場面から

物語は始まっている。


機長からの「トラブル、羽田へ戻りたい」という声から始まる。有名な

ダッチロールの際、機内で何が起こっていたか。そして墜落後の遺体の

状況など目を覆いたくなる記述が続く。でもジャンボ機が山に落ち、

一瞬にして520人もの命が失われたのだ。想像を超える現実があった。


恩地は遺族のお世話係として奮闘するが、遺族にも様々な事情がある。

一度に子供夫婦と孫を失った遺族や、3人の娘を失った遺族、働き盛り

の夫を失った未亡人…。一方で、国民航空の幹部やボーイング社の対応

など企業の論理も絡んで、一筋縄ではいかない物語。悲しみ、怒り、

そして絶望…。飛行機が落ちるということは、こういうことなんだと、

改めて思い知る。


でも、シートベルトが凶器になったかもしれないのに、いまだに何も

変わっていないのではないのか? 教訓は生かされているのだろうか?






最終更新日  2018年09月10日 19時04分54秒
コメント(0) | コメントを書く
[書評] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.