1088606 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

長峰ブログ

PR

プロフィール


長峰♪

カレンダー

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

待ちに待った開館!… New! 幻の民さん

2月上旬に新幹線は名… 夢穂さん

アマリリス咲きまし… ひなの。さん

人生とサムマネー 想像力が未来を切り拓くさん

コメント新着

FP長峰♪@ Re[1]:ひとまず(02/18) 夢穂さんへ お気遣いありがとうございま…
夢穂@ Re:ひとまず(02/18) こんにちは。あのように 分刻みの中でのブ…
FP長峰♪@ Re[1]:長良川鉄道(02/14) 夢穂さんへ ええ、でも、途中から隣も向…
夢穂@ Re:長良川鉄道(02/14) 長良川鉄道乗ったことないです。根本的に …
FP長峰♪@ Re[1]:阪神バス(02/12) 夢穂さんへ まだ高校3年生ですよ。なんで…

ニューストピックス

2018年09月22日
XML
カテゴリ:書評
英国人探検家ジェームズ・クック(通称キャプテン・クック、1728~79年)が

太平洋の航海に使ったとみられる船の残骸が、米東部ロードアイランド州沖の

海中で、同州の海洋考古学団体によって発見されたいうニュースを見た。今月

19日に欧米メディアが伝えている。


発見されたのは5隻で、そのうちの1隻がキャプテン・クックが乗り込み1770年

にオーストラリア東部などに到達したエンデバー号とみられる。ダイバーによる

潜水調査が続いているというが、25年前から調査をしてきたものらしい。四半世

紀もの歳月をかけて、闇の中の海底を探索して発見したというのは浪漫を感じる。


尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故 (小学館文庫) [ 門田隆将 ]

しかし、山の中で生きていた家族を探すというのは時間との戦いだ。1985年

8月12日の日航ジャンボ機の墜落事故で、520人もの人が亡くなった。以前に

読んだ山崎豊子氏の「沈まぬ太陽 第3巻 御巣鷹山編」はフィクションの形で

書かれていた。今回読んだ門田隆将氏の「尾根のかなたに 父と息子の日航機

墜落事故」はノンフィクションである。


この文庫本で、映画監督の若松節朗氏が解説を書いているが、彼の言う通り、

「沈まぬ太陽」が日航側の視点で描くものとすれば、「尾根のかなたに」は

遺族の側から描くものである。そして、口の重い男たちが語る5つの実話だ。


当時、救助に当たった陸上自衛隊員、母と妹を亡くした9歳男児、父を亡く

した13歳男児、両親と妹を亡くした男子高校1年生、64歳の父を亡くした歯科

医兄弟が語る、事故当時とその後である。四半世紀の時を経て語られる再生

の物語は胸を突く。






最終更新日  2018年09月22日 21時56分55秒
コメント(0) | コメントを書く
[書評] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.