000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

時のオアシス

November 19, 2007
XML
カテゴリ:音楽

この『STILL life (talking)』は以前紹介した『LETTER FROM HOME』以上に大自然との融合が感じられ、不思議な浮遊感のある心地よい音の世界に浸れます。

特にVoice(声)を一つの楽器として使い、ブラジル音楽をも取り込み、パット・メセニー・グループでなければ作れない色彩豊かなサウンドがここにあります。

ちなみにVoice(声)はVocal(歌)ではありませし、Scat(スキャット)やHum(ハミング)とも違いますよ。 (聞いた事がないと、分かりにくいよね。)


1曲目『MINUANO (SIX EIGHT)』 "ミヌワノ(68)"とは、南部ブラジルの冬の激しい季節風だそうです。 その雰囲気をVoiceを使い、見事に再現しているとても素晴らしい曲です。
そしてこの曲でこのアルバムの世界に入り込んでしまいます。


3曲目『LAST TRAIN HOME』 ベースのスティーヴ・ロドビーとドラムのポール・ワーティコが見事に(それもとても自然に)汽車が走っている感じを楽器で再現しています。
そこにパット・メセニーの何とも言えない暖かく優しいギターの音色とメロディーが重なり、とても癒される曲です。
この曲を聴いていると懐かしい感情が思い出され、秋色の空の下、汽車に乗ってどこか田舎の町に行く感じがする、とても大好きな曲です。


5曲目『THIRD WIND』 このアルバムのハイライトですね。疾走感があり、曲の展開も凝っていて聴き応えがあり最高の曲です。
曲がブレイクしてギターソロに入る所が、たまらなくカッコイイし、もちろんソロ全体も文句が無く素晴らしい出来です。


7曲目『IN HER FAMILY』  すごく落ち着く曲で、アルバムの最後に相応しく、家に帰った時の安堵感を感じられます。


パット・メセニーは毎回の様にグラミー賞を受賞していて『STILL life (talking)』『LETTER FROM HOME』もベスト・ジャズ・フュージョン・パフォーマンスを受賞して、もちろんどのアルバムも素晴らしい出来ですが、この2枚が特に大傑作でお勧めです。


【Aポイント+メール便送料無料】パット・メセニー Pat Metheny / Still Life (Talking) (輸入盤CD)

人気ブログバナー






Last updated  November 19, 2007 01:45:21 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

Calendar

Headline News

Comments

Q-works@ ご無沙汰です 僕も好きです。「午後の水平線」。 あ、…
バントム@ Re[1]:TOTO IV ~聖なる剣 / TOTO(11/30) メカゴジラ1962さん  こんにちは^…
メカゴジラ1962@ Re:TOTO IV ~聖なる剣 / TOTO(11/30) 再びのご訪問ありがとうございます。TO…

Rakuten Card

Recent Posts

Archives

August , 2020
July , 2020
June , 2020
May , 2020
April , 2020
March , 2020
February , 2020
January , 2020
December , 2019
November , 2019

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.