056093 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東武線沿線で子育て

全128件 (128件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 13 >

2018年09月21日
XML
9月20日の取り組みです。

<1MX27>6歳9ヶ月
テントウムシしょうがっこうの 1ねんせい 100にんが あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみの 3れつに ならんで います。
あかぐみは あおぐみより 30人 おおくて、あおぐみは みどりぐみより 10にん すくないそうです。
では、あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみの 3れつは、それぞれ なんにんずつが ならんでいるのでしょうか。

(1ページ目)
rblog-20180921145215-00.jpg

(2ページ目)
rblog-20180921145215-01.jpg

今回は、自分で読んでやるとのことだったので、お任せすることにしました。
一文目を読んで、まず頭の中で100を3つに分け、一人余る~と言いながら、赤組、青組、緑組が各組が33人ずつそれぞれ3列に並んでいる絵をかく。
てんとう虫は一匹だけで、後は〇で代用しています。
今回選んだ6色の色鉛筆に赤がないため、ピンクで代用して、ハチマキで色分けしました。
(団長さんは肩にたすきをしています。)
二文目で、すごく悩みながらも、次のページに青組より赤組が30人多いので、30個のピンクの〇を描き足す。
そして、緑組を10人斜線で消した後、全部の組で100人を超えてしまうことに気づき、固まってしまいました。
何度も問題文を見返していたので、問題文を読むのは、一回だよ~と伝えました。

気分転換に左ページにキャベツの学校とおじいちゃん先生(なぜか寝ている)を描いて、最後の文を読む。
最後の文を読んでも、どう答えればいいのか分からない…と言ってきたので、最初から私が文を読んであげる。
疲れてきたのか、考えていなかったので、ここまでとなりました。

始める前にまだまだこんな問題があるよ~と1MXの問題を見せていた時に、これが面白そう!と選んだ問題です。
まだ、赤い花、白い花の問題を解けたことが無い中で、無謀なチャレンジだったとちょっと後悔しています。
ただ、100人を指を使ってさらっと3つに分けたり、100人描き切った(〇だけど…)こと、最初の設定通りに数を増やすと合わないと分かったことは、大きな進化に感じます。
やっぱり、分かりやすい丁寧な絵を描くこと(〇の大きさが違うので数えにくい)、今回は「分からない」という言葉を言って思考停止に陥ったので、その所をしっかり伝えて、次回も取り組もうと思います。

私も、分からなくなってお菓子をもっとくれ~となっていたのに少しイラっとしてしまったり、下の子に構っていて自分の問題が出来ず、不用意な声をかけてしまったりしています。
どんぐり問題をする環境、工夫せねば!






最終更新日  2018年09月21日 23時23分30秒
コメント(0) | コメントを書く


2018年09月20日
9月6日の取り組みです。

<0MX14> 6歳8ヶ月
 かめさんのあさごはんは はっぱ はんぶんです。
おひるも よるも おなじです。
では、かめさんが 1にちでたべるはっぱは どれくらいでしょうか。

rblog-20180920164938-00.jpg

葉っぱ半分が2枚合わせて1枚になるのはさらっとイメージしています。
答えにも葉っぱの絵を描いてくれました。
右ページにおやつのアイスもあります。
簡単な問題でしたが、楽しく解けて良かったです。






最終更新日  2018年09月21日 23時19分13秒
コメント(0) | コメントを書く
9月13日の取り組みです。

<1MX15> 6歳8か月
 あんこが 16こ やまに なっています。
そこへ あんころがしが 2ひきやってきて、2こずつ あんこを もっていきます。
あんこを みんな もっていくには なんかいずつ かよわなければ いけないのでしょうか。

(1ページ目)
rblog-20180920142648-00.jpg

(2ページ目)
rblog-20180920142649-01.jpg

短い文のがいいと言うことで、この問題にしました。

最初の文で、16個が山になっているのか(左の絵)、16個の山があるのか(右の絵)分からなかったので、両方描いて、後から左側の16個が山になっていると判断して、問題を解いています。
最初の絵で、めいっぱい使ってしまったので、次のページにやる~と次のページになりました。
山からあんころがし(なぜか黄緑の葉っぱ)が2個のあんこをころがしています。
最後の問いを聞いた後、最初のページに戻って、手で2個ずつ数えて「9」としました。(2匹の設定を忘れた。)
考えた跡を絵にも描いて~と私が頼むと、緑色で2個ずつ丸で囲み、1,2,…と数字でかいて、数え間違えたことに気づき、「8」と直しました。
通しを読んだ時に、2匹のあんころがしだと気づき、黄緑で囲みなおして、「4」とかきました。
単位も入れてね~と言うと、適当に「こ」と書いたので、答え合わせの時に、数字はあってるけどお宝~というと怒ったので、大甘で、もう一回読んであげました。
すんなり「かい」(逆さ文字だけど…)と書いたので、おっけ~にしました。
その後は、あんころがしが○であまりにも寂しかったので、あんころがしのストーリーを聞いて、おしまいにしました。

このところ、絵が苦手と思いこんでいるようです。。
なので、どことなくやっつけ感のある絵です。
絵の苦手意識、何とかしなくては!!






最終更新日  2018年09月20日 16時37分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​かなり前ですが、Yahooニュースで、この記事を読みました。
メモ程度に書いていたのですが、記事にしておきます。


きれいに文字を書いたり、早く計算したりするトレーニング…パソコン・AI時代の小学生に必要か?


めちゃくちゃ共感できる内容でした。
(批判的なコメントが多くて、悲しくなりましたが…)
小1で、きれいな文字(大人と同じ文字)を書ける必要も、早く計算できる必要もないと思っています。
むしろ、のんびりだらだら過ごす時間を大切にしてあげたいな~と試行錯誤の毎日です。

ひらがなを教えて~と言ってきたとき(年中の終わりごろ)には、お手本を書いてあげたこともありましたが、文字を上手く書けなくてイライラすることが多かったので、文字じゃなくて絵で描いて~とか書いてあげよっか?とあまり書くことを教えていませんでした。
鏡文字でもあまり指摘しないままでしたし、「え」や「そ」はそれっぽい字ではあるけれど、正しい文字ではありませんでした。
娘は鏡文字になることがものすごく多かったので、しっかり教えようとしたことがありましたが、不穏な空気になることも多々あり、断念。。
書けるようになりたいと言ってきたときには、どんぐり倶楽部のひらがな塗り絵を一緒にやったりもしましたが、本人はイマイチのようで、3枚程度やっただけでした。

いざ学校の授業でひらがなを習った時には、書き順や形のポイント、この文字が難しいんだよ!などとと嬉しそうに報告してくれたので、教えすぎなくてよかったのかな~と思いました。
その後、何度も何度も書くことが多くなり、大変なんだよ~と愚痴をこぼしています。
また娘の担任の先生は、名前に厳しく、ほぼすべてのプリントに名前の直しが入り、自分で書いた字を消しゴムで消して、先生の赤ペンをなぞらなくてはいけないようです。。
鏡文字は改善してきましたが(急いで書いた字は鏡文字になることも)、毎回赤ペンで直されても、うまくなったり、丁寧に書くようにはなっていません。
娘の字は、筆圧がしっかりした元気で子供らしい字でいいな~と思っているのですが、大人のようにバランスよく整った字を求められているようです。
名前の欄は、プリントによって大きさもバラバラで、一年生には書きにくいことも多いだろうに…
自分の名前が嫌いにならないか心配です…涙
自分の名前くらい読めるように書いてあればオッケーにしてほしいと思うこの頃です。

カタカナに関しては、いつのまにか読めるようになりました。(ほとんど教えていない)
どんぐり倶楽部のカタカナの塗り絵も用意してありますが、出番がないかもしれません。
(インク&紙代がもったいないけど…)
学校で習うのを楽しみにしていてほしいな~と思っています。
その一方で、見よう見まねで、簡単な漢字を披露してくれることもあります。
書き順もめちゃくちゃですが、きっと学校でしっかり習うことでしょう。
嫌いにならないで、楽しく学べる環境であることを祈るばかりです。


※二学期になって、カタカナを習い、漢字の書き取りの宿題が出るようになりました…
またこのことも書けたらと思います。






最終更新日  2018年09月19日 16時35分18秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:日常
9月頭にアップしようとした記事を忘れてました。

進化の夏ですよ~と、どんぐり倶楽部ではよく目にしますが、私と上の娘にとってはひたすら休息の夏でした。

そもそも夏休み少し前から、上の娘のどんぐり問題への取り組みがやっつけになっていて、お菓子食べるためにやるという感じでした。
夏休みに入っても、2回ほど取り組んだもののいい状況ではなく、8月入ってすぐに2週間帰省しましたが、どんぐり問題は全くやりませんでした。
(一応問題は持っていきましたが…)

私が風邪をひいて体調不良が続いた、暑すぎて学校の昼休みの外遊び禁止、夏休みの学童も水遊びなどあるものの外遊びが暑さで少な目、プラス学童でのDVD視聴時間が増えたこと、夕方の外遊びも暑すぎて下の娘が愚図って行けないことが重なりました。
また、下の娘(1歳)が動けるようになり、どんぐり問題中も構ってほしがって、私とじっくり問題に取り組めないことなど複合的な要因が重なっているのは明らかでした。

実家に帰省中は暑さが続きましたが、家の前の川遊びや畑にいったり、庭仕事を手伝ったり、大好きな祖母といっぱい遊んでもらったりして、リフレッシュできました。
テレビは日曜日(+たまに天気予報)だけで、祖母のスマホで遊ぼうとするのを止める攻防はありましたが、少しはリセットできたかな~
と思いつつも、8月後半の学童期間中もどんぐり問題から離れて過ごしました。
なので、進化の夏はリセットの夏となりました。

学校が始まり、9月に入ってから、週に1~2回のペースで問題をやっています。
娘が選ぶのは、短い文の問題ばかりです。
頭の中でイメージを動かして、絵にしないで答えを出そうとするので、考えたことをしるしでもいいから絵に書き込んで~と声掛けをしたり、ちょっとさみしい絵には会話でストーリーを膨らませたりと楽しくかつ考える過程を大切にしようと奮闘中です。
なので、ヒントを出してしまっているかも…汗

写真を撮っていないので、また取り組みについてもアップしたいと思います。






最終更新日  2018年09月21日 23時18分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月18日
スマホで簡単投稿中。
7月5日の取り組みです。

<1MX11> 6歳6ヶ月
みのむししょうがっこうでは、あさから きに ぶらさがって たいそうを します。
きょうは てんきがいいので みんなで 16にんが ぶらさがっています。
1ねんせいが ひとり、 2ねんせいが ふたり、 3ねんせいが 4にんです。
のこりの 4・5・6ねんせいは 
おなじにんずうずつ きているとすると、4・5・6ねんせいは なんにんずつに なりますか。

rblog-20180718173647-00.jpg

拡大
rblog-20180718173647-01.jpg

小学校の校庭で昼休みに遊んでいるを描いた後、木にぶら下がって遊んでいるみのむしを描いています。
帽子の色で一年生、二年生、…と分けていきました。

もう一回読んで~と2回ほど読みましたが、答えにたどり着きました。
分ける問題は得意なようです。
少しずつですが、じっくり考えるようになっています。
設定の絵も自分でストーリーを考えて楽しめていますが、考えるための絵が小さかったり雑だったりすること、聞き直すことが多いです。
楽しくゆっくりじっくり取り組めるように工夫を続けていきたいと思います。






最終更新日  2018年07月18日 17時36分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月06日
カテゴリ:小学校
家庭訪問代わりの面談が終わりました。

先生からは、楽しく過ごしていますとの言葉をいただいて、少しホッとしました。
娘は、いわゆるいい子ちゃんだと思います。
先生のいうことを聞いて、追加プリントもしっかりやっちゃうという…
(先生に誉められるのが嬉しいらしい。)
やらなくて良いということを、納得出来るように話す難しさを感じています。

話を聞いて、色々と分かったことがあり、もやもやしています。
特に「ICT教育」について。

娘の学校も、ICT教育を推進していきます。とのことだったので、どのようになっていくかを聞いたところ、すでに先生は、タブレットとスクリーンを使って算数の授業をしていますとのこと。
便利ですよ~と言われたのですが、そうなんですか…と返すのがいっぱいいっぱいでした。
タブレット学習に不安があることは、伝えましたが、スクリーンを使った学習の方が食いつきがいいんですとのことでした。
授業は手抜きしてるんだな~と感じました。
(忙しいのは分かるのですが…)
また、学校内のパソコンはすべてタブレットに代わり、1年生でも触る授業があるとのことでした。
高学年になれば、休み時間などに自由に使用できるようになると言われ、最悪な気分です。
触るにしても、まずパソコンを覚えて、それからタブレットではないんですね…
この部分も意識していかないといけません。

学童でのDVD(お迎えの時間によって0~30分くらい)もあるので、なるべく早く迎えに行くよう頑張っています。

早めに迎えにいって、18時頃まで外遊びをして、ご飯、自由遊び、お風呂、就寝で、21時過ぎることもあるのですが、ゆったり過ごすことに力を注いでいます。
仕事のストレスを家庭に持ち込みそうになることがあるので、ストレス発散も大切です。






最終更新日  2018年07月06日 16時42分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月19日
カテゴリ:小学校
国語の授業で、ひらがなの伸ばす言葉は「う」か「お」かということを習ってきました。
(豆腐は、とうふ。大きいは、おおきい。など。)
「ごうや」か「ごおや」かどっちだと思う?と娘に聞かれて、私、夫は「ごおや」じゃない?となりました。
娘が言うには、学校では、先生がパソコンで調べても分からなかったので、多数決をとって、「ごうや」となったようです。
娘は、「ごおや」だと思ったようで、じゃあ我が家は「ごおや」だね~となりました。
家にある小学生用の国語辞書で一緒に調べても乗っていなかったので、もやもやしたままいました。

先日、本屋さんに寄ったついでに辞書コーナーがあったので、調べてみると、「ごうや」で載っている辞書と「ごおや」で載っている辞書がありました。
(その頃には、娘の関心は薄れていて、夫婦で夢中で調べていました…笑)
先生もネットじゃなくて、辞書をひいて欲しかったな~というのが、本音ですが、授業で心に残ったことを教えてくれる娘に感謝です。
学ぶって楽しい、考えるって楽しいということをしっかり伝えていきたいな~と思っています。

一方、小学校の宿題は、音読と算数のプリントが1枚ある時と無いときがあります。
音読は、毎週変わるので、月曜日だけ一回読んでもらい、その他の日はサインだけしています。
算数のプリントは、もって帰ってきて~と言っても学童でやってきています…
繰り返しの足し算や引き算10門程度ですが、微妙ですね。
宿題とは別に、休み時間や空き時間にやるプリントがあるようで、一時期、熱心にやってきていた(1日に2枚程度)ので、ゆっくりやるよう伝えています。
ここ最近は、持ち帰ってきていないので、やっていないのだと思いますが…
計算も、指でやるようしつこく言っていますが、頭の中で指が動くから~と言っています。
指がイメージ出来ているなら、大丈夫かなぁ。
必須なものなのかやらなくてもいいものなのか、面談があるので、確認して、やらなくていいもしくは持ちかえってもらうようにしようと思います。

何回も書いたり、同じような計算をするのは、勉強じゃなくて作業だよ~という話も、たまにしています。
どんぐり問題に関しては、私からのプレッシャーを感じるのか(ついついしつこく誘ってしまいます…)、やりたくない~と断られることが増えて、週に1回の取り組みです。
楽しく取り組めるよう肩の力を抜かなくてはいけませんね。。






最終更新日  2018年06月19日 16時49分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月02日
スマホから投稿中。

<1MX20> 6歳5ヶ月
だんごまるおくんは、おかあさんから 20えん、おとうさんから50えん、
おばあちゃんから 30えん、 おじいちゃんから 20えん、もらいました。
きょう、まるおくんは もらった おかね みんなを つかって おもちゃと 
ノートを 1さつ かう つもりです。
ノートは 1さつ 70えん です。
では、おもちゃは さいこうで なんえんの ものを もらうことが できるでしょうか。

rblog-20180601085912-00.jpg

運動会が終わって、落ち着いてきたので2週間ぶりの取り組みとなりました。
授業&学童で疲れており、日々のストレス発散(私も)の重要さをひしひしと感じています。

一年生の問題が良い~自分で読んでやるとのことだったので、比較的得意なお金の問題を選んで渡しました。
自分で読む際に一行ずつ読んで絵にするよう伝えましたが、最後までざっと読んである程度頭の中で計算して、その後ゆっくりと絵にしたようです。
50円という答えを家族からお金をもらった絵を描いた段階で口にしていたので、分かりました。
設定の絵も丁寧に描けており、お金も線を書いて分かりやすくしているので、良かったですが。。

だんごまるおくんなので、串に刺さっただんご人間が面白いです。
次回は、一文ずつ読んで描くよう伝えようと思います。
やはり、自分で読んだ方が絵はしっかり描けるようです。






最終更新日  2018年06月02日 21時59分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月14日
スマホから投稿。
5/9の取り組みです。

<0MX64> 6歳4ヶ月
ちいさな いけのなかで ちいさな おさかなさんたちが うんどうかいを しています。
あかぐみ、あおぐみ、しろぐみに わかれています。
みんなで 24ひき います。 
それぞれのくみにいる おさかなさんの かずは みんな おなじです。
では、しろぐみの おさかなさんは なんびきでしょう。

rblog-20180514160303-00.jpg

rblog-20180514160303-01.jpg

自分で読んでやってみたいと言ったので、ちょっと早いと思いつつも、自分で読んでやってもらいました。
読んだら、伏せてやるように伝えました。

お話が小さな池なので、絵が小さいですが、丁寧に数えてやっていました。
リレーをしているそうで、たすき掛けした魚です。
下の水色に赤いたすきが赤組、真ん中が青組、上のピンク色が白組だそうで、8ひきと書いて、白組に矢印が書いてあります。

自分で読んでやった方が、丁寧に出きるかもしれません。
次回はどうかなぁ~






最終更新日  2018年05月14日 20時52分59秒
コメント(0) | コメントを書く

全128件 (128件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 13 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.