055257 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

東武線沿線で子育て

全128件 (128件中 121-128件目)

< 1 ... 8 9 10 11 12 13

2015年02月18日
XML
カテゴリ:日常
rblog-20150218224413-00.jpg


テレビをなるべく見ないようにと決めて、子供が見たいと言ったら、ママと遊ぼうよ~と誘ってみることにしました。
1ヶ月ほど実践してみて、手応えを感じています。
もちろん、図書館でDVD借りてきたりすると、効き目なしですが…

私自身は、大学で一人暮らしを始めた時から結婚するまで、テレビなし(ただしネットは常時接続)の生活だったので、辛いことはないです。

そもそも、18時に保育園のお迎え→徒歩で帰宅(18時15分)→洗濯機まわしながら夕食の支度→夕食→デザート(この時点で19時半)→子供と遊びながら洗濯干してお風呂の準備→遊んでお風呂(20時半)→21時に明日の支度と就寝準備で就寝するのは22時。
これでテレビを見る暇があったのが不思議です。
子供の貴重な遊び時間をいかにテレビでつぶしていたか…
本当に反省です。
平日は、朝も夜もテレビやDVDを見ることはほぼなくなりました。

ただ、夫はテレビ大好きなので、テレビをなくすのは難しいです…
平日はだいたい20~21時ごろの帰宅なので、寝室に行くまではテレビを見ないようにしてもらっています。

休日もテレビなしにしたいところですが、夫からのブーイングで、朝と子供が夕ご飯を食べるまで何とか我慢してもらっています。
(日中は外出することが多いので平気です)

例外の日曜日は、我が家のテレビタイム。
17時55分のびじゅチューン→18時からのまるちゃん→18時半からのサザエさんは外せないので、ご飯食べながらオッケイにしちゃっています。
週に一回、みんなで楽しめる番組を見れるのも良いと思っています。
特にびじゅチューンおすすめです!
大人の方が夢中です。

最近、テレビやDVD見たい~と言うことが減りました。(一週間に1回くらい)
引っ越しして、環境が変わったせいなのかもしれませんが…
親の気持ちが伝わってるんだったらいいなぁ~

※写真は、半年くらい前の娘。
テレビの近くで踊ってます…






最終更新日  2015年02月19日 09時17分17秒
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:日常
中々、更新できずにいます…

というのも、2月頭に引っ越ししたからです。
保育園の転園は難しいので市内です。

狭い2DKから広い3LDKになって、広くなりました!
まだ、片付いていない段ボールだらけですが、やっと部屋の使い勝手が分かってきたところです。
娘も広くなってゆったりおもちゃを広げています。
いつになったら、片付くことやら。

引っ越しの前の週にインフルエンザに私だけかかったりと、散々でしたが、引っ越せるものですね。






最終更新日  2015年02月18日 12時21分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年01月09日
カテゴリ:幼児教育
shimajirou

こどもちゃれんじは、2歳の誕生日プレゼントを兼ねて始めることに。
きっかけは、DMのしまじろうが大好きだったから。

1年とり続けてましたが、2月号でやめようと思っています。

ちょっと高いな~と思いながらも、だらだら続けていたのですが、どんぐり倶楽部に出会って、やめる決心がつきました。
娘にプラスになる要素があまりないことにやっと気づきました。


娘には、来月号が来たら、しまじろうやめようと思うと話したら、納得まではしてないけれど、分かってくれたと思います。
自分宛に郵便物が届くのを毎月楽しみにしているので、こどもちゃれんじのDMが届くといいんだけど・・・


こどもちゃれんじの魅力の一つでもあり私の中でのワーストアイテムが、良い子になってくれそうなDVD。
内容は悪くないんだけど、子供だましな感じがいまいち。画質も荒い時があるし・・・
そう思いながらも、楽しんでるからいいや~と思ってました。

DVDをPCで見せていたのもあって、YouTubeでアニメやおもちゃのレビューも見せていました。
見せておけば、家事もはかどるし、本当に楽なんですよね・・・
楽で、DVDやYouTubeに頼りすぎてしまった時期がありました。
1日にテレビも含めて合計3時間を超えることも・・・
(特に休日は、だらだらとテレビつけっぱなしが多かったから集中して見てない時間はもっと・・・)

ここ数カ月、テレビやDVDに頼らないで過ごすことを目標にしているのもあってテレビやDVD、YouTubeの視聴時間は減った(それでも1日30分くらい)と思います。
週に1~2日は見ない日もあります。
しまじろうのDVDも最初1,2回見ておしまいが多くなりました。

悪いことばかり書いてしまいましたが、こどもちゃれんじは楽しい親子の時間を提供してくれたので、感謝してます!
子供の発達に合わせて、興味の持ちそうなふろく(エデュトイ)や絵本を届けてくれます。
しかも毎月、自分宛に荷物が届くのが嬉しいみたい。
しまじろうやはなちゃんは、今でも大好きだし、ブロックやお料理セットも大活躍してます。

私みたいに楽するためにこどもちゃれんじを使ってるって方は少ないかもしれませんが、DVDの使い方は気を付けて!
楽だからと見せておけば、ずーっと見てます。
色んなDVD買って見せちゃお~って、親の感覚もマヒしてきます。
そして、親子の会話も減っちゃいます。
DVD見せておけば、いい子になることはありえないですよ!!
(って皆さん知ってますよね…)

私のテレビやPCに接する時間を減らす(&なくす)ための工夫を次回から書けたらと思っています。

※写真は、こどもちゃれんじぷちのいろかたちブロックを使って掃除機を作ったkupo12






最終更新日  2015年02月18日 12時21分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年01月07日
カテゴリ:トイレ
トイレトレーニングや子供のトイレあるある(うちの子だけかも?)

・和式トイレ。

公園のトイレや古いショッピングセンターは、まだまだ和式便座が主流。
洋式があっても空いてないことも多い…
これに役立ったのは、しま〇ろうのYouTube。
たまたま見つけたものに和式トイレでするシーンがあり、これを見せることで、怖がらずに和式トイレに行けました。
(本当は、いい絵本があるといいのですが…)
最初の頃は、ズボンを片足だけ脱がせて、便座の丸いところか流すレバーのところを持ってさせてました。
親も子も慣れてきたら、ズボンを下げた状態で便座をまたがせて流すところにつかまらせ、ズボンが濡れないように支えてあげるだけで特に問題なくできてます。
和式トイレブームも1ヶ月くらいあったな~

・おしっこ~とトイレのそばまで来たのに、やっぱり出ないという。

未だによくあるのですが、もう出そうなのにトイレのそばまで来て気が変わっちゃうこと。
トイレの便座に可愛い便座シート(我が家は今、100均のアルパカ柄)を使って、アルパカさんが読んでるよ~と誘導。(そろそろ新しい柄を買おうかな~)
もしくは、じゃあ私がしちゃうね~とトイレに行く。
来ないときは、「もれちゃう~」というまで放置。

・絶妙なタイミングでの「おしっこ~」

うちの娘は、保育園の運動会のもうすぐ出番って時やまさにこれからレジで会計って時に限って「おしっこ~」
これは、もうどうしようもないので、トイレに。
嫌味の一つでも言いたくなるのをこらえるのが大変。
「さっき大丈夫って言ったのに~」は禁句なのは分かるけど、言いたくなるのが人間だよね。。。
「え~~」って言ってしまうことも多々…

・癇癪起こしておもらし

思い通りにならないと怒って、おもらし。
そんな時は、「でちゃったね~着替えよっか~」とさらっと流すようにする。
多分、床を拭いたりパンツ洗ったりしているところを見て、怒っていることを感じているかとは思いますが…
夫よ・・・嫌味を言わないであげて~

・おもらしが続く原因

珍しくおもらしが続くな~と思ったら、何か不安や不満がある証拠。
うちの娘は、おねしょじゃなくておもらしで現れるみたい。
このお正月のおもらしの原因は、久しぶりに夫婦喧嘩(5分くらいだけど…)したことじゃないかと推測。
(娘はケンカしている隣の部屋で黙って泣いてた…)
プラスちょっと過干渉気味になっていたのかなぁ~と反省中。
赤ちゃんごっこや出産ごっこなどふれあい遊びをたくさんしたのと保育園が始まって気持ちが切り替わったからかすっかり治りました。
いつもとちょっと違うな~って時は、日々の生活を見直すことが大切だと実感。


<トイレトレーニングで良かったと思うこと>
・怒ったり、排泄に関してネガティブな印象だけはなるべく与えないようにしたこと。
・ご褒美作戦をしなかったこと。(ただ単にめんどくさかったというのもありますが…)
・結果的には保育園との連携がうまくいった。

<トイレトレーニング反省点>
・始めるのが早すぎた。あせって初めてもどうってことないことに気付いた。
・褒めすぎた。もう少しさらっと、やったね~すっきりしたね~くらいにすればよかったかな。
・親の気持ちが先走りすぎて、子供の気持ちを置いてきぼりにしてしまった。
・やっぱり嫌味を言いたくなっちゃう。きっと態度には表れていたでしょう…

こんな感じで、kupo家のトイレトレーニング記録を終わりにしたいと思います。
だらだらと締まりがないな~
文才がなくてすいません…






最終更新日  2015年02月18日 12時21分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年01月06日
カテゴリ:トイレ
前回紹介したブログを読んでからのトイレトレーニングの続きです。

保育士おとーちゃんの子育てブログ

トイレの問題ってそんなにデリケートなの!?
言われなきゃわかんないよ~っていうのが正直な感想でした。

このブログに出会うちょっと前に、自分から「おしっこ~」とトイレに行き、大成功!(2歳5か月頃)
さらに「うんち~」とうんちもすんなりトイレで成功!
めちゃくちゃ褒めて、トレーニングパンツも購入し、家でのみ本格的にトイレトレーニングしているところでした。
実際に30分ごとくらいにしつこくトイレに誘ったりもしてました。

私は、大大反省…
このブログにあるように生活全般の自立を促すこと、受容すること(こちょこちょや赤ちゃんごっこ)を心掛け、トイレトレーニングのことは気にすることはやめました。
(といっても「トイレ行く?」と一日一回くらいは聞いちゃうんですよね…汗)

そんな中、保育園でもトイレで排泄が出来るようになっているのでパンツに移行しましょうというお話が…(2歳7か月頃)
私はトイレトレーニングについては自信を無くしていたため、本人が嫌がらなければいいや~という感じで家でも保育園でもパンツで過ごすことが増えました。

私の不安をよそに、何故か順調にトイレで排泄が出来、保育園でのおもらしはほぼなくなりました。
保育園の先生の見極めは、すごい!!
お友達効果もあって、パンツの見せ合いっこして一緒に頑張ってますよ~とほほえましいお話も。
おもらしして汚れたお着替えや、お昼寝のタオルケット、上履き、外履きは20回洗ったかな~くらいです。

夜もおしっこをしなくなったので、そのままパンツへ。(2歳9か月)
おねしょで布団を干したのも2回くらいかな~ってとこです。

トイレはもう完璧~!と一筋縄でいかないのが我が家。
ちょっとしたことで、おもらし再発しちゃいます。
ただ、おもらしをマイナスにとらえるのではなく、何か不安なことや嫌なことがあったからだととらえるようにしています。

外出先でのトイレとおもらし対処法は、次回書こうと思います。







最終更新日  2015年02月18日 12時20分45秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:トイレ
toilet

娘のkupo12のトイレトレーニングと言えるような言えないような記録です。
世間では、トイレトレーニングの完了と言われるのが、どの状態を指すのかいまだにわからない新米母ですが…
現在3歳0ヶ月のkupo12が、昼も夜もオムツなしになったのは2歳9ヶ月の頃です。
前回の記事のようにおもらしには、波がありますが、夜のおねしょは全くありません。

まだ始めたばかりのブログで、他の人に参考になるなんてことはないと思いますが、思い出しながら、ダラダラと書いていきます。


トイレトレーニングに興味を持ったのは、たまたま立ち読みした雑誌に「トイレトレーニングは、子供と最初に乗り越える大きな壁。トイレトレーニングを頑張って成功した時の達成感が子供の成長にプラスになる。ここで努力できるかどうかが大きな分かれ道だから、親子でとにかく頑張るべき」みたいなことが書かれていたからでした。
立ち読みだけで、買わなかったため、もしかしたら違うニュアンスで書かれていたのかもしれませんが…

(今は、トイレトレーニングって頑張るものじゃなくて、ある程度親が働きかけていれば自然とできるようになるもんだと思っています。
トイレを厳しくしつけることの弊害を大きく記事にしてほしかったとさえ思います。)


当時1歳6カ月の娘のkupo12には、まだ早いかな~と思いつつ、さっそく、子供用便座と上る用の踏み台を用意。
次に、親と一緒にトイレ行って、するのを見せたり、ノンタンのトイレの絵本を読んだりしておしっこをトイレで出すということを教える。

第一段階として、お風呂で服を脱いだついでに、トイレに誘って便座に座らせることから始めてみることに。
トイレットペーパーで遊んだりを繰り返し、トイレは遊ぶとこになってるけど、トイレは楽しいところっていうイメージを持たせることに成功(?)なんて気楽に考える。

第二段階は、保育園でも誘って嫌がらなければ、トイレ座らせてください。とお願いして、なんとなくトイレトレーニングスタート。(1歳8ヶ月くらいの頃)
そこから半年くらいはトイレを嫌がることも増え、トイレでおしっこが出ることもなく、気が向いたときだけトイレに座らせたりして様子見。
2歳過ぎたあたりから、うんちやおしっこをおむつでしたら教えられることが増える。
そろそろ本腰を入れて、トレーニングするかな~という時に、4月から保育園転園が決定(無認可→認可へ)。

新しい保育園で、トイレトレーニングのことを確認すると、慣れてからゆっくり進めるとのこと。
とにかく新しい環境に慣れることに専念。(1ヶ月くらい朝、泣くのが続く…)

トイレトレーニングってこんなんじゃだめだよな~イヤイヤ期ってこんなもんなのかな~新しい保育園はなぜか英語教育もあるらしいけど、正しい日本語をまずはきちんと教えてほしいな~今の幼児教育っていっぱいあるけどどんなもんかな~などと思いながら、情報をネットで探す。

すると、私にガツンとくるブログ発見!

保育士おとーちゃんの子育て日記


このブログには、本当に助けられました。

今でもよく読んでいますが、ここのトイレトレーニングの記事は本当に役に立ちます。


排泄の自立の記事一覧


正直、この記事を読んだ時にもっと早くに知りたかった!!と心の中で何度叫んだことか…

ということで、保育士おとーちゃんのっ子育て日記を知ってからのトイレトレーニングはまた次の記事に続きます。

※写真は、昨年行った「トイレいっといれ展」での娘の一コマ。






最終更新日  2015年02月18日 12時20分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年01月05日
カテゴリ:日常
あけましておめでとうございます。

冬休みは、9連休(夫だけ8連休)!!
暇すぎる~と思っていたのにあっという間に終わってしまいました。

年末にしたこと。

12月27日(土)お友達と今年最後の児童館。
         2014年も休日はたくさんお世話になりました。

12月28日(日)公園で誕生日に買ってもらったストライダーもどきの練習。
         公園がぬかるみが多くて、家族みんなで泥だらけ~

12月29日(月)シルバニアファミリー森のキッチン(越谷レイクタウン)へ!
         誕生日プレゼントでシルバニアファミリーデビューした娘は大はしゃぎ!
         雨で空いていたので、2回もショコラうさぎちゃんと記念撮影!

12月30日(火)友人親子のお家に遊びに行く。
         帰りたくないよ~と大変でした…

12月31日(水)気合を入れて大掃除&買い物!何とか終わった~
         娘は、ベランダ掃除担当。(ただの水遊び?)
         
1月1日(木)夫実家で、初詣とお節。
       雪降る中、神社までの往復4km弱を2/3以上歩けた!ご褒美は屋台のチョコバナナ!

1月2日(金)凧揚げ第1弾。公園でチャレンジも、無風で飛ばず。

1月3日(土)凧揚げ第2弾。河原に行き、風が強くて大成功!
       娘は凧揚げより河原の土手を上ったり下りたりに忙しく興味なし…

1月4日(日)夫出勤。家でダラダラ~チョコバナナもどきを手作り!

書き出してみると、充実した冬休みでした。

冬休み中の大大反省点!
年明けから、娘がおもらしするようになってしまいました。
多分、元旦の初詣前後にトイレ行け~トイレ行け~と両親+祖母でいっぱい言っちゃったからだろうな…
相当嫌だったんだよね…ごめんよ~涙
しばらくは、トイレのことはさらっと流すようにせねば…汗

思えば、幼児教育に興味を持ったり、子育てブログを読むようになったのは、娘のトイレトレーニングに悩んだ時だったな~と思いだしました。
kupo家のトイレトレーニングについて、次回、書きたいと思います。






最終更新日  2015年02月18日 12時19分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年12月22日
カテゴリ:ごあいさつ
【kupo家】
夫:kupo09、サラリーマン
妻(ブログ主):kupo05、ほぼフルタイムのパート
娘:kupo12(3歳)、保育園児


【ブログを始めたきっかけ】

子育てって、悩みが多すぎる!
ネットで手軽に調べれるが故に、情報が多すぎる!
子供と向き合うのってこんなに大変なの!?
家計を助けるためにも働かなきゃいけないし…
子供はどんどん成長して待ったなしだし…

そんな中で、出会った色々なブログに何度励まされ、反省させられ、深く考えされられたか…
基本的には読むだけで、コメントを書かないことが多いですが。
このブログは、自分の娘の成長の記録を書き残すとともに、子育てブログの紹介もできたらいいな~と思っています。

もう一つは、どんぐり倶楽部

この考え方にとても共感しております。
日々の生活もゆっくり、じっくり、丁寧に!
中々、実践できないことも多いです…
どんぐり問題を始めたら、このブログにアップできたらと思います。










最終更新日  2015年02月18日 12時19分25秒
コメント(0) | コメントを書く

全128件 (128件中 121-128件目)

< 1 ... 8 9 10 11 12 13

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.