2008年09月20日

おやのエゴ

(2)
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりに、親のエゴ爆発でムスメを泣かせてしまいました。。


恒例の運動会シーズン。

ムスメはなかなか、みんなと踊ったり走ったりしないのです。
それでもこの2年くらいの間に、だんだんできてきて、
去年はダンスも走りも障害物もリッパにこなしていました。

母的には安堵。。



そして明日、古巣の保育室での運動会があります。

ものすごい声で「行く!!」というので、
そのセンで話しを進めたのですが、

そこの運動会では、OB・PG枠がしっかりあるので、
走ったりパン食い競争したりの出番も多数。

去年はず~っとモジモジしてなにもできなかったので、

「今年は走れるの?」と聞いたトコロ
「恥ずかしいからイヤだ」とのこと。。

わたしだって、延々まとわりつかれるのはイヤなので、
「走らないなら行かないよ」という話しになり、

いろいろと問い詰めてしまうことになり、
可哀そうに、ムスメは涙・涙。。。

わたしったら、
プレシャスリスニングとか学んでいるはずが、
もう責めて責めて~というかんじになってしまいましたよ。。

よし、ここはハナシをを聞こうじゃないか、
と仕切りなおしてみても、
だんだん詰問調に。。


「そんなに○子のことばっかりみんなは見てないよ!」

「走れない子はご馳走も食べちゃダメなんだよ」とか。
(持ち寄りのお料理と園特製の栗ご飯で会食するのが、運動会後の恒例なのです)

ひどい事を言ったものだなあ。





他の子達がみんなできること(この場合は元気に走ったりすること)を、
自分のムスメがやりたがらない…。

ココに異常に執着して、
同じようにやってよ!!
というエゴ炸裂してしまったのです。




どうしてそんな、、?

お母さんにかじりついている子がいても、
見ている分にはまったく気にならないくせに。。






ここまで書いて、「そうだ!」と思ったこと。

OB・OGの子供達は恥ずかしがらずに走っているけれど、
みんな近くに住んでいるんだし、
下の子が在園中の子もいるし、
「保育室」自体からあまり遠くないところで暮らしているんだよね?

時には先生に会ったり、挨拶したり、
保育室に上がって遊ぶこともあるかもしれない…。

けれどムスメは引っ越してしまって、
年に1~2回、お邪魔するだけになってしまった。

そんな、なじみの薄くなったバショで、
もともとモジモジ気質のムスメに、
恥ずかしがらずにいつもどうりに振舞えと言っても…
大いにむりがあるような気がします!!

今、おままごと中の彼女に
「こんな訳で恥ずかしいのかい?」
と聞いてみたら、

「そ!正解!」

だそうです。

ほんとかいな…?



なんとなく理由も思い当たったことだし、
一日中しがみつかれていても耐えられそう。。

赤ちゃんのころから通った懐かしい保育室に、
明日はいってこようかなーと思います。








TWITTER

Last updated  2008年09月20日 13時09分05秒
コメント(2) | コメントを書く