1406528 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

所沢支部 税理士仲間のブログ

PR

全71件 (71件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

家族の話

2019.12.04
XML
カテゴリ:家族の話

小1の息子、2学期になってから国語の授業で漢字の勉強をしています。

 

先日、宿題のプリントでこんな問題がありました。

 

問:かたかなになおしてかきましょう。

 

息子の回答

 

じゅーす   →  ジュース

ちゃんねる  →  チャンネル

よーぐると  →  ヨーグルト

じゃんぐる  →     木木

                           木木(森にもうひとつ木を加えた漢字のつもりです)

 

!? !? !?

漢字の問題じゃないし、そもそもこんな漢字無いし。。。

 

ただ、中国の辞典では、「森」という字の下に「木」を付け加えた漢字があるそうです。

(ただし、意味は森と同じだそうです)

 

http://kanjibunka.com/kanji-faq/mean/q0401/

 

息子のおかげで、ひとつ賢くなりました。

(使うところはないけど。。。)

 

 

高梨 雅樹

 







Last updated  2019.12.04 09:16:58
コメント(2) | コメントを書く


2019.07.24
カテゴリ:家族の話

我が家に「晩ご飯当番制」が導入されて10年になります。

 

曜日ごとに晩ご飯当番が決まっていて、
子どもは週1回、大人は週2回で7日が回ります。

当初は下の子が小学2年生でしたから、
私の主導で「コレとコレを使って、〇〇と××を作ります」と献立を決めて
一緒にキッチンに立っていたのですが、
年々子どもたちも進歩してきて、
今では一か月分の食費を前払いするだけで、
当番の人が買い出しから調理、洗い物にお米研ぎまで
済ませるルールになっています。

どうしても都合が悪い時は誰かと当番の日を交代するとか、
過去には1000円で下請けに出すことも(子どもたちの間では)あったようです。

 

友人たちとの会話で、
我が家の晩ご飯当番の話をすると
「それ、いいね!」と言ってくれる人はたくさんいるのですが、
「我が家でも導入しました」という話は聞いたことがありません。

これだけ働く女性が増えているのに、
家事を家族で分担しないのはどうしてなのでしょう?


私の場合は「背に腹は代えられない」で、
近くに頼れる親類もなく、夫は帰りが遅く当てにできなかったので、
子どもたちを味方につけるより方法がありませんでした。

 

10年経って、子どもたちもそれぞれに予定がいっぱいで忙しそうです。
多分今は私が一番時間があるのではないかと思うのですが、
今年1月に独り暮らしを始めた次男を除いて「晩ご飯当番制」は継続しています。


来年4月には長男が就職のために家を出る予定です。

再来年には長女も就職予定で、晩ご飯当番制の存亡の岐路に立たされています。

 

時代の変化に合わせて変わることも必要ですよね。

 

さいとうれいこ







Last updated  2019.07.24 19:39:55
コメント(1) | コメントを書く
2019.04.25
カテゴリ:家族の話

中学3年生を対象にした租税教室の時には、「18歳になって選挙があったら必ず投票に行って下さい。」と言うようにしています。

お蔭様で、我が家の三人の子どもたちもそれぞれ23歳、20歳、19歳になり、7日県議選と21日市議選の投票を済ませました。

 

最初のうちは「誰に入れていいか分からない。」と言うので、

「ポスターを見て信頼できそうな人に入れたら。」と、アドバイスしました。

 

当日投票に行けずに期日前になる時もありますが、

「アノ公約とか書いた紙どこにある?」と、選挙公報を見てから投票に行くくらい進歩しました。

 

家族と言えどもだれに投票したかは聞きませんが、「投票に行かなければいけない」と伝わっていて安心しました。

世間的なPRはあるとしても、まずは家庭で伝えることが大切と思います。

 

さいとうれいこ







Last updated  2019.04.25 05:47:16
コメント(2) | コメントを書く
2019.04.11
カテゴリ:家族の話

息子 「パパは イタ電 見てるの?」

 

私 「イタ電!?」

 

イタ電を見る!?

イタ電をするではなくて!?(したことはありませんが)

 

イタ電・・・ イタデン ・・・ いたでん

 

あーーっ!!! いだてん か!!!

 

とすっきりしたのですが、私は イタ電 いだてん は観ていません。。。

 

 

高梨 雅樹

 







Last updated  2019.04.11 13:27:34
コメント(4) | コメントを書く
2018.12.12
カテゴリ:家族の話

先々月のブログで書いた息子のマラソン大会が、先月末に行われました。

 

結果は(10何人か中)3位になりました!

 

当日の朝から、「今日は3位になるからね!!!」

と何度も言っていたので、相当気合が入っていたのかなと思います。

 

大会は妻と一緒に応援に行ったのですが、

最後の50m位で、前に走っていた子を抜いての3位でした。

 

ただ、2位の子とはかなり差があったので、

息子なりに現実的に考えた上での「3位になる」宣言だったのかと思います。

 

どうやら、今年、1位2位だった子は、過去2年も同じ順位とのこと。

2位の壁は高かったようです。

 

というわけで、3位でいいんです!

 

 

高梨 雅樹







Last updated  2018.12.12 10:40:42
コメント(2) | コメントを書く
2018.11.15
カテゴリ:家族の話

先日、息子が通っている保育園の「保育参加」というものに参加してきました。

 

保育参観ではなくて、保育参加?

 

保育参加とは、保護者が1日か半日、保育士となり、自分の子供のクラスに入って、

園での子供の様子をみるというものです。

 

従来だと、小学校の授業参観みたいに教室の後ろに親御さんがズラーっと並んで、

子供の様子を見ていましたが、それだと子供が緊張して普段の様子が見られないということで、

このような形式になったとのことです。

 

この保育参加は、1日一人の親だけが保育士となって教室に入ります。

 

妻は、昨年と今年、参加しましましが、

息子から「パパは先生にならないの?」と何度何度も言われたので、今回、参加することにしました。

 

実際にする内容は、一緒に遊ぶ、絵本の読み聞かせ、給食を一緒に食べる、掃除などです。

 

 

当日、園長先生から簡単な説明を受け、いざ、保育士となって教室に入るといきなり、

子供たちが、「〇〇くんのパパだー」と言って、私のところへドーっと押し寄せ、

ブロックで作ったものを見せてもらったり、

絵本を読んでー、とせがまれたり、

質問攻めにあったりと最初の30分でぐったり。。。

 

あとは、ピアニカや跳び箱の練習を見たりして、給食の時間へ。

 

給食の配膳中に、子供たちに絵本の読み聞かせをしたのですが、これが意外と緊張。

途中で飽きてしまって、あまり聞いてくれないのかなと思ったのですが、

最後までしっかりと聞いてくれました。

子供たちの集中した目を見るとかなり緊張してきます。

 

給食の時間は、息子がいるグループではないグループに入って食事。

その時間も一緒のグループの子供たちから、今度はクイズ攻め。

「私の好きな食べ物はなんでしょうか?」といった簡単な問題から、

「僕のママの名前は何でしょうか?」といった難しい問題まで。

 

年長組は、小学校の給食の時間に合わせて、短い時間で食事するため、

クイズに答えている間にあっという間に給食終了。

危うく時間内で完食できないところでした。

 

その後、子供たちは、昼寝の時間ですが、その間に先生たちは、掃除をするため、そのお手伝い。

 

掃除が終わったところで、保育参加は終了となりました。

 

たった半日でしたが、へとへと。

毎日20数人の子供たちの相手をしている先生方の苦労がよーーくわかりました。

 

でも、息子は保育園の中でも、帰宅後も物凄く喜んでいました。

 

 

 

高梨 雅樹







Last updated  2018.11.15 08:44:08
コメント(2) | コメントを書く
2018.10.17
カテゴリ:家族の話

来月、息子が通っている保育園でマラソン大会があります。

 

練習では最高が3位のようなのですが、

「今度、2位になる練習をする!」とのこと。

 

3位までいったことがあるのであれば、1位を目指してもよいのですが、

確実に1つずつ順位をあげていくようです。

 

ちなみに、1位の子は物凄く速いとのこと。

だったら2位で十分です。

 

 

高梨 雅樹







Last updated  2018.10.17 12:00:08
コメント(2) | コメントを書く
2018.05.23
カテゴリ:家族の話

先日、息子が通っている保育園の親子遠足というものに行ってきました。

 

親子遠足とは、その字のとおり、親子で行く遠足のことで、
毎年、保育園近くの公園に行って、レクリエーションなどをします。

 

遠足の最初に、毎年、自己紹介をするのですが、毎回お題があって、今年は、

 

  1. 子供の名前

  2. 親の名前

  3. 母(父)の得意料理

 

を言っていきます。

 

我が家の場合、

 

息子:    たかなし 〇〇〇です。

妻:       高梨 〇〇〇です。

私:       高梨 雅樹です。

 

息子:    ママのとくいりょうりは・・・・・・・すきすきセットのカレーです。

※すきすきセット=すき家のお子様セット。

 

私・妻:   はぁ???

 

妻:       それ、昨日食べた夕ご飯でしょ失敗

 

息子:    あっ!そうだった。・・・・・・・・カレーです。

 

ちなみに妻の名誉のために、言い訳をさせていただくと、
たまたま遠足の前日、仕事が忙しかったので、
すき家に行って楽をさせてもらっただけで、ほとんどは、しっかり美味しい料理を作っています。

 

こんなことになるんだったら、もうちょっと、値段が高いお店に行けばよかった。。。

 

ただ、私個人としては、息子が言った瞬間、「これは、ブログのネタになる!」と心の中で、小さくガッツポーズをしました。

 

 

 

           高梨 雅樹

 

 







Last updated  2018.05.23 09:48:55
コメント(2) | コメントを書く
2018.02.21
カテゴリ:家族の話

先日、息子が通っている保育園の発表会がありました。

昨年は、風邪で休んだので、2年ぶり3回目の出場です。

 

当日は、しっかり踊ったり、合奏したりしていたので、

親として一安心だったのですが、ひとつ気になったことが。

 

毎回、どん帳が降りてくるのが、気になってしょうがないみたいです。。。

 

ただ、今までと違ったところは、今回は、幕が下に降りるギリギリまで、

こっちに向かって手を振るようになったこと。

(余裕が出てきました)

 

来年は、保育園での最後の発表会。

風邪を引かずに2年連続出場してもらいたいです。

 

 

ちなみに保育園の発表会は、園児であれば誰でも出場できます。

 

 

高梨 雅樹







Last updated  2018.02.21 09:22:10
コメント(3) | コメントを書く
2017.10.26
カテゴリ:家族の話

最近、息子(4歳)からこんなことをよく言われます。
(っていうか、4歳でYouTubeを知っているんですよね。。。)

 

主に見ているのは、特撮かゲーム関連のものなのですが、
昔は、日曜朝などの週1回の本編のみでしか見られなかったものが、
最近では、公式・非公式問わず様々な動画を見ることができます。

 

 

具体的な内容を例に挙げると、

 

<公式>
・変身ポーズのやり方の説明 (出演者が教えてくれます)


・出演者や芸人さんがゲームのお試しプレーをする 

(上手ではなく下手さ加減がちょうどいい)


・(変身ベルト的なものや人形等)おもちゃの宣伝 など


<非公式>主に○○をやってみた的なものが多いのですが、

・新発売のおもちゃを使ってみた


・ガシャポン(ガチャガチャ)を容れ物ごと全部(約40回)やってみた
(レアアイテムが出る確率や、何が何個ずつ入っているかの検証をしているので、参考になります)


・当たりつきのお菓子を箱買いして、何個に1個当たりが入っているかの検証
(昔で言えば、金や銀のエンゼルマークが何個に1個に入っているかがわかります。
わかったことは、何十個買っても当たらないようなので、当たりは狙わない方がよいみたいです)


・ゲーム等で使うカード全種類の紹介 などです。

 

1本の動画は、だいたい10分から20分くらいのものが多いので、
何本か観ているとあっという間に1時間経ってします。

 

こんなのばっかり観ているとどんなことが起こるかというと、
最近、息子が、ユーチューバーさんたちのマネをし始めました(笑)

 

そして、夜、普通のテレビ番組をあまり見なくなってしまいました。。。

 

 高梨 雅樹







Last updated  2017.10.26 08:38:16
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全71件 (71件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.