408343 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お得大好き!tokukoの日記のブログ

PR

X

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

海外旅行

2019.11.02
XML


2019.10.08
2019.04.17
カテゴリ:海外旅行
ANAホームページより(ホームページはこちら)









最終更新日  2019.10.14 00:47:25
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.04
テーマ:旅の写真(3293)
カテゴリ:海外旅行
CATでウィーン国際空港に到着。
搭乗手続き、免税手続きを行い、出国手続きへ。

そして空港のラウンジへ。広々として、開放感のあるラウンジでした。


今回はオーストリア航空のビジネスクラス利用なのでラウンジ利用ができますが、日本のANAラウンジとは全然レベルが違いまして…ちょっと期待はずれ💦



ビュッフェも種類が少なく、しかも到着してしばらくしたらランチタイムの終了時間になったらしく、次々とさげられてしまい…💦
ギリギリもらえたランチタイムの内容。



ランチタイムのあとはティータイムのようで少しスイーツがでただけ。空港のラウンジ利用も旅の楽しみ一つなのだが、海外のラウンジは時々期待はずれのことがある( T_T)\(^-^ )

免税店も、成田空港や羽田空港だと見切れないほどたくさんあるけど、オーストリア国際空港の免税店は少なくて隅から隅まで見てしまいました(^-^;


ラウンジから見えた飛行機。

はやぶさみたいに緑だねー!なんて太郎と話してたら、次に東海道新幹線みたいな白と青の飛行機がきたりして、飛行機好きってわけではないけど飛行機を眺めているのも楽しかったです。



そして搭乗の時間。

OS51便
17:45 ウィーン発
→ 翌日 11:55 成田着


帰りの機内食の前菜だったかな…ちょっと記憶が…。



日本到着直前の機内食。



オーストリア航空のビジネスクラスは、ANAのビジネスクラスと比べてしまうとサービスも食事も…( ̄▽ ̄;)って感じだけど、席は広々していてリラックスできたし、嫌な思いをすることは全くありませんでした。
行きの日本人CAさんはとても親切で、ウィーンのこともいろいろ教えてくださってありがたかったです。
個人的には食後のコーヒーの種類の多さと、デザートandチーズが好きです。(4年前にオーストリア航空のビジネスクラス利用時は妊娠中でチーズが食べられなかったのが心残りだったので、今回は思いっきり食べられて大満足です🎶)

ANAの特典航空券のビジネスクラスの席数(ヨーロッパ)は、通常1〜2席、SFC会員でも3〜4席だと思うのですが、今回はオーストリア航空が成田に再就航したばかりだったからか、行きは6席、帰りは5席同時に予約ができ、とてもラッキーでした。
(当時はまだSFCではありませんでした。)

オーストリア航空、また機会があったら利用したいです╰(*´︶`*)╯♡






最終更新日  2019.04.04 12:43:51
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.03
テーマ:旅の写真(3293)
カテゴリ:海外旅行
ついに最終日!
ケビンは日本に到着したかな。

ウィーン旧市街の中心部に建つシュテファン大聖堂。ゴシック様式の教会。





グラーベン(Graben)。ウィーン旧市街の3大歩行者天国(ケルントナー通り・グラーベン・コールマルクト)の一つ。



グラーベンにあるペスト記念塔。



ホーフブルク宮殿(王宮)のミヒャエル門。



ミヒャエル広場にある遺跡。古代ローマの遺跡らしいです。



王宮の中庭。



中庭をぬけると目の前には新王宮の門、ブルク門。門の外には左手に美術史博物館、右手に自然史博物館がみえます。



新王宮、ノイエブルク。



この間訪れた市庁舎もみえます。



ブルク門正面。



自然史博物館とマリアテレジアの像。マリアテレジアは16人もの子供を産んだそうです( ゚д゚)


近くを通ったアイスクリーム販売車。



モーツァルトの像。



ウィーン王宮にある温室にあるカフェ、Palmenhaus(パルメンハウス)。


パルメンハウスの内部。




カフェでお茶した後、ホテルに戻り荷物をまとめ、空港へ向かいました。

ウィーンミッテ駅からCATで帰ります。


ウィーンミッテ駅から空港まで16分。30分毎にしかないけど、とても便利です。



CREA Traveller 2014 Winter NO.36【電子書籍】







最終更新日  2019.04.03 13:33:51
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:旅の写真(3293)
カテゴリ:海外旅行
よくあるヴァッハウ渓谷日帰りツアーは、ウィーンから列車またはバスでメルクまで行き、メルク修道院を見学後、メルクから船でデュルンシュタインやクレムスまでドナウ川クルーズを楽しみ、クレムスより列車またはバスでウィーンへ戻るというもの。



ヴァッハウ渓谷の地図

DDSGのHPより

https://www.ddsg-blue-danube.at/wachau/wachauschifffahrten/?lang=en


OBBでもヴァッハウチケットというものをだしている。




今回は半日しかなくてドナウ川クルーズは難しいので、メルクのみ観光するにしました。

まず、U3号線、Ottakring行きに乗って、ウィーンミッテ駅(U3号線ではLandstrasse駅)からウィーン西駅(West bahnhof)へ。


ウィーン西駅の乗り換えの際、エレベーターで一緒になったおじさんがジロジロ私たちのことを見ていてなんだか怪しくて、少し怖かった…(゚ω゚)誰でも彼でも疑うのはよくないけど…結局そのおじさんは一緒に上に行ったのにエレベーターから降りずにそのまま下に下がっていきました。隙があれば何か盗もうかと思っていたのかも…。
エレベーターに乗るとき、怪しい人が乗ってきたら降りたほうがいいなと思いました。よく考えたらエレベーターって、逃げ場がないから怖いよね(ーー;)

さて、気を取り直して…
ウィーン西駅(West bahnhof)からREXに乗って、メルク駅(Melk)へ。

West bahnhof駅からMelk駅への時刻表


今回は利用しませんでしたが、Melkの対岸の街にあるEmmersdorf駅からKrems駅への電車の時刻表ものせておきます。


メルク駅に到着すると、駅からすぐにメルク修道院がみえます。


メルク駅からのメルク修道院への地図



階段を使った近道もあるようだったけど、ベビーカーがあったので、少し遠回りをして行きました。

途中の広場。メルク修道院もみえます。


最後、けっこう急な坂をのぼり、ついにメルク修道院に到着!

入ってすぐ左手にあるinformationで入場券を購入。
メルク修道院の地図。


ベネディクト会派の修道院として世界的に知られるメルク修道院。とても立派な修道院でした。

入り口を入ったところの広場。


いくつかお部屋を見学した後、一度バルコニーにでます。そのバルコニーからの景色がまたすばらしい!メルクの街とドナウ川がみえます。

メルクの街。


ドナウ川。


クルーズ船もみえました。


そして修道院内にある教会。改修工事中ですが。


バルコニーに続く次のお部屋は図書室です。古い本が本棚にたくさんならんでいて、美女と野獣の図書室やハリーポッターを思い出す感じでした。残念ながら撮影は禁止でした。

修道院の見学を終え、修道院をでて、左手にある庭園とカフェ。お土産やさんの上のテラスから撮影。


同じところから撮影したメルク修道院の入り口。


奥にはさらに広い庭園があるようでしたが、電車の時間、体力のことを考え、庭園の見学はせずに帰ることにしました。


メルク修道院を後にし、メルク駅へと向かいます。帰りは急な下り坂。気をぬくとベビーカーをもっていかれそう…(^-^;
電車まで時間があったので、帰りの道中、カフェで一休み。カフェは写っていませんが💦


もう一度、メルク修道院。立派だったなー。



MelkからWest bahnhofへの時刻表



帰りの電車が来ました。


ウィーン西駅(West bahnhof)からはまたU3号線に乗って、ウィーンミッテ駅(Landstrasse駅)へ。


突然思い立って計画したメルク小旅行でしたが、充実した半日旅行でした。






最終更新日  2019.04.03 21:38:42
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.14
テーマ:旅の写真(3293)
カテゴリ:海外旅行
ヒルトンウィーンに戻り、一休み。
午後、ケビンだけ一足先に帰国します✈️


チェックインの時に部屋の準備が遅くなったため、フロントでもらったドリンクチケット。
rblog-20190214080957-01.jpg
ドリンクチケットを使って、1階ロビーでtea time☕️

カフェラテを頼むと、イメージ通りのカフェラテがきますが、
rblog-20190214080957-03.jpg

アイスコーヒーを頼むと…
rblog-20190214080957-02.jpg
ど〜ん!!クリームたっぷりのものがきます。
シェーンブルン宮殿の丘の上のカフェでアイスコーヒーを頼んだ時もこんな感じのクリームたっぷりのがでてきて、たまたまかな?と思ったけど、どうやらこちらではアイスコーヒーはクリームつきが一般的なのかもしれません。


梅はfruity white teaを、
権左衛門はhome made lemonadeを注文。

rblog-20190214080957-05.jpg
きたきた、fruity white tea!…と思ったら…

rblog-20190214080957-04.jpg
あれ?こっちがfruity white tea?
ということは、さっきのがhome made lemonadeだったということか!

ブタペストのヒルトンホテルのカフェで、フレッシュハーブの入ったハーブティーみたいなものを飲んでる人を梅がみかけ、飲んでみたいというので店員さんにハーブティーはないかって聞いたけど伝わらなかったんです。ハーブティーではなくてレモネードだったのね💦伝わらないわけだわー。

そして、このronnefeldt(ロンネンフェルト)fruity white teaがとってもおいしくて❤︎❤︎

180年も前に創立されたドイツの紅茶メーカーだそうです。

お部屋においてあるtea packがronnefeldtのものだと最終宿泊日に知りました( ; ; )朝食のブッフェ会場にもronnefeldtの紅茶が何種類もありました。もっと前から知っていたらいろいろ飲めたのにー。゚(゚´Д`゚)゚。


【送料無料】紅茶お試し ロンネフェルト ティーヴェロップ お試しセット 8袋 【ゆうパケット】_ Ronnefeldt


イングリッシュブレックファースト セイロン セントジェームス6g 【ロンネフェルト】ストレート、ミルクティーのおすすめ クオリティーの良い紅茶 ウヴァ茶がベースに使われてます


ロンネフェルト 認定店 【ティーベロップ ヴァーヴェイン5枚パック】紅茶 ティーバッグ ギフト 茶葉 ブランド 高級 プチギフト ノンカフェイン


【ロンネフェルト社】ティーベロップ ヴァーヴェイン(5袋入)






最終更新日  2019.02.14 08:14:27
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.11
テーマ:旅の写真(3293)
カテゴリ:海外旅行
今日はヴェルベデーレ宮殿へ!

以前にウィーンに来た時、道に迷ってヴェルベデーレ宮殿になかなかたどり着けずすごいたいへんな思いをしたから、歩いて行くには遠い!!と言い張る梅と権左衛門、
地図では近く見えるけど…(・・?)
あまりにも言うので電車で行くことにしました。

トラムでも行けるようだけど、間違える可能性もあるので地下鉄で。

ちょうど前日に買ったチケットが1日チケットではなく「24時間チケット」で、午前中ならまだ使えることにケビンが気づき、そのチケットで乗車。(と言っても、特に改札もなく、一回も検札はなかったけどね。)

Mitte駅 1〜2番線で乗車
Meidling行きでWien Quartier Belvedere駅へ




rblog-20190211180551-12.jpg



バリアフリーの電車で乗り降り楽チン♩

Belvedere駅で下車。
特に案内掲示板もなく、どっちへ行ったらいいのだろう…?

公園のような広場がみえたので、なんとなくそちらへ。
でも実は全く反対でして、途中で双子ちゃんを散歩していたママに教えてもらい、戻りました💧

地図の右下の方(南の方)に歩いて行ってしまいました。
rblog-20190211180551-13.jpg


なんと実は駅のすぐ反対側にBelvedere宮殿がみえていました…
よーくみると、茂みの向こうに宮殿の屋根が…わかりづらい…
rblog-20190211180551-01.jpg


Belvedere宮殿の南側の門
rblog-20190211180551-02.jpg


Belvedere宮殿 上院 upper Belvedere
rblog-20190211180551-03.jpg


Belvedere宮殿 上院(下院側からみたところ)
rblog-20190211180551-06.jpg


Belvedere宮殿 全体の地図
地図の上にあるBelvedere21(これも美術館らしい)というのがはじめに間違えて向かっていってた建物。
upper Belvedereが宮殿の上院
lower Belvedereが宮殿の下院
rblog-20190211180551-04.jpg


Belvedere宮殿 下院 lower Belvedere(上院側からみたところ)
rblog-20190211180551-05.jpg


上院、下院とも美術館になっており、上院には有名なクリムトの『接吻』が展示されています。
中に入るとすぐにこの『接吻』の大きな「ポスター」が展示されており、ポスターと気づかない梅と権左衛門はそのポスター前で何枚も記念撮影!笑
あとで本物の『接吻』の絵を見て、入口のものはポスターだったと気づく…笑
rblog-20190211180551-11.jpg


南側の門から入り、上院を見学し、お庭を下って、下院へ。

そして宮殿をでると…
昨日行ったお土産やさんWALTSから見えた噴水が目の前に…

これはやはり徒歩圏内であると梅と権左衛門も納得し、歩いて帰ることにしました。

rblog-20190211180551-14.jpg

宮殿から宿泊してるヒルトンホテル(ウィーンミッテ駅)まで1.2km

梅と権左衛門が以前に宿泊したインターコンチネンタルホテルまではなんと600m!!
遠いから!と言い張ってた梅と権左衛門。
まさかこんな近いとは…事実を知り驚愕((((;゚Д゚)))))))笑






最終更新日  2019.04.03 22:36:19
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.27
テーマ:旅の写真(3293)
カテゴリ:海外旅行
市庁舎のFilm festivalで腹ごしらえをし、ホテルへ戻る。
ここまできたからには、トラムで周遊したい!ということで、Burgtheaterから1番のトラムに乗り、Schwedenplatzで下車し、Schwedenplatzから2番のトラムに乗り、ホテル近くまで行きました。
昨日operまでは歩いて周ったので、これで一応ウィーンの街を周遊できたってことになるかな!?

rblog-20181227130800-02.jpg

トラム1番
rblog-20181227130800-00.jpg

トラム2番
rblog-20181227130800-01.jpg


ここからは余談ですが、
どうやらトラムには旧型と新型があるようで、旧型は雰囲気があっていいけど、バリアフリーではないので2人乗りの大きなベビーカーを持つ私たちにはたいへんで、あえて新型がくるまで待ちました。新型はバリアフリーになっていて中も広くて便利です。

掲示板のトラムの路線番号と行き先の間に車椅子マーク?(宇宙人にも見えるが)があるのは新型みたいで
1番トラムでくらべると、こちらは車椅子マーク?がないので
rblog-20181227130800-03.jpg

旧型のトラム
rblog-20181227130800-04.jpg

こちらは車椅子マーク?があるので
rblog-20181227130800-05.jpg

新型のトラムがきました。
rblog-20181227130800-06.jpg


トラムについて不勉強だったけど、いろいろ学んだ1日でした。






最終更新日  2018.12.27 13:08:56
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:旅の写真(3293)
カテゴリ:海外旅行
WALTSの店員さん(日本人)にトラムで一周するにはoperから1番のトラムにのり、Schwedenplatzで2番のトラムに乗り換えればいいと教えてもらい、operから2番のトラムに乗ることにしました。

オペラ座
rblog-20181227124547-07.jpg

2番のトラムに乗り、Burgtheaterで下車。

Burgtheater
rblog-20181227124547-02.jpg

向かいにある市庁舎
rblog-20181227124547-04.jpg

Film festivalというイベントが開催されていました。
Film festivalについてはこちら
rblog-20181227124547-14.jpg

世界各国の料理のスタンドがでていました。

シュニッツェル
rblog-20181227124547-15.jpg

APEROXというリキュールのブース
すごい混んでいてなかなか席がなく、空いてるベンチに座ったらこのリキュールやさんのエリアだったので買いました💧
rblog-20181227124547-17.jpg






最終更新日  2018.12.27 12:45:54
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.