19429086 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

刑事7人 最終回 New! はまゆう315さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

令和元年 台風15号 … New! クルマでEco!さん

人間と米の数霊、そ… New! 鹿児島UFOさん

目玉焼き>『なつぞ… New! ひじゅにさん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2006年08月04日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
前回の事故で
もうこれ以上苦しみたくないと
『好きなこと』『好きな人』をあきらめようとした薫。
孝治を中心に友人達が、
薫の心を救おうとする。


内容的には、『展開』も含めて『ベタ』なので
特に書くことありません。

孝治『もし歌あきらめんのオレのせいだったら、
   オレ一生後悔すると思うから

毎朝元気づけに来る孝治。
来ないでと言いながら、実は来るのを待っている薫。
今朝は来ないと思ったらサプライズ!!
で、心は開かれる

うん!!ベタ!!(^_^;


わたし的には、コノ部分じゃなくて
はじめにあった『お父さんの話』の方がポイント

思春期での防護服の出来事
ギター拾ってきた頃の話
父親的にはオトコのことだから、
 『薫が泣いているのに、やったーって』
とか
別口だが、お母さんが『ごめんね、恋も出来なくて

とかね。

ホントはこう言うのがなければ、
タダの不治の病。
白血病とかね(^_^)b

でも、こういった『親たちの気持ち』『薫の過去』が
詳細に描き込まれると、『写真』だけじゃなく

そこに『薫の人生』が現れる。

コレが『一番重要』です
『20年苦しんできたこと』が分かります。
そして、『この病の重さ』が分かります。

こういったシーンが欲しいと思っていたので
ホント良かった。。。



さて今回はもう一つのポイントがあります。
『最後に傷つくのはオマエなんだぞ
『薫ちゃん死んでいくの、見ていく勇気あんのかよ

友人達は、孝治のことを本気で考えていたことが分かるシーン。
友人が、親友となった瞬間かも知れませんね。
まぁ、ひとりで出来ないことでもみんなでやれば。ってね。

だからってワケじゃないでしょうけど(^_^;
ゴレンジャイをやっているときの孝治が、

いつものような『暗い感じ』じゃなく
『明るい感じ』に見える(^_^)b
実はゴレンジャイをすることで、
薫だけじゃなく孝治にも変化を及ぼしたのかも知れません。


『病の暗さ』と『青春の明るさ』のコントラストが、
ウマイ感じに『プチ感動』を読んだ。

今回は、そんな感じかな。



ま、でも『ゴレンジャー』でなくて
『ゴレンジャイ』なのね。
いいの?あれだよね?書かないけど(^_^;


コレまでの感想
第3話 第2話 第1話







最終更新日  2006年08月05日 00時05分48秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.