20314196 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

麒麟がくる  第2… New! はまゆう315さん

ドローンは神の声>… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

テスト 鉱泉さん

千天の白峰先生 また… 鹿児島UFOさん

【スカーレット】第17週ネタハ… ショコラ425さん

劇場鑑賞「キャッツ」 BROOKさん

今日はいろんなこと… 俵のねずみさん

大坂なおみ 2回戦突… クルマでEco!さん

マルテ>糸井>福留… YOSHIYU機さん

2006年08月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
いつものテンションじゃない市原チーフ。
夫に浮気の疑念を抱いていた。
すぐに、チーフの早とちりであることが判明する。
だが今度は、自分の知らない間に『子供の行事』が、
終わっていることに気づき、
そして、『仕事をする自分』に悩みはじめる。。。


それほど『コレ!!』って言うのがあったワケじゃないが、
今までと比べてかなり良かった方だと思う。

やはり、『CAのドラマ』なんだから
『CAの中の話』を中心にしてほしい

過去がどうとか言うんじゃなくて
『CA』という『職業』の『功罪』みたいなの
こういう方が良いよね

それが『CAドラマ』だと思う。


もちろん、主役が『恋が。。。』
とか言ってるのも分かる。
コレも『CAの役得』だろうから。


だが、何をやっているのか分からない状態だったので、
『初心に返った』という感じだろう。

一応、今まで『CA』を中心にしていたが、
『CAでなくても良いもの』ばかりだったので

これくらいがちょうど良い感じ(^_^)b

それに、
正社員採用試験
高岡との『恋バナ』だけじゃなく
藤沢りさ子との『友情』も絡めるなど
今まであったことを、
『連想させること』を組み込んでいる
のは、

ドラマとしては当然の行為

だから、今までより『好感』がモテた。(^。^)

『ドタバタ』も良いんだが、
『ドラマ』としてキッチリ作った感じがした。

わたし的には、まずまずの感じ。


今回の主役が『川原亜矢子さん』だったのも
今までの『ドラマ中のイメージ』とは違うため

そのギャップで、面白くしている。

いつも
これくらいで作って欲しいものです。



1つだけ言うならば、
『お母さんが作ってくれたお人形』は、
画面上ではちらついていたのですが、
そのことを言ったのは『ラストだけ』。

コレが『思い出』ならば、
もうちょっと『クローズアップ』しても良かったと思う。

それと、『夫』をもう少し絡めた方が良かったかな。。

それくらいか。。


基本的に、
高岡の彼女の条件

仕事が出来て
女性らしくて
料理が出来て。。。

と同じで『意外とベタ』
だった話でした。


それはそうと『採用試験』どうなったの???




最後に
どうでも良いことなんですが
今回初めて気づいたことが。。。
もう8話なんですけど。。

川原亜矢子さんだけ、ヒールが低いですね(^_^)b

だから、ですね。
課長、高岡。そして、夫。

なるほど。。。
そういう意味の『選択』だったのね(^_^;

ホントにどうでも良いことでした。。




コレまでの感想

第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話







最終更新日  2006年08月23日 23時51分13秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.