19410928 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

グレイズアナトミー… New! はまゆう315さん

石川ひとみ スペシャ… New! クルマでEco!さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

今日の収穫 (9月… BROOKさん

ソラと優と千夏>『… ひじゅにさん

その1)水泳の池江璃… 鹿児島UFOさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

鍛えないと・・・ 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2006年09月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
スキャンダルの発生で、
ムーンチャイルドのデビューが白紙になるだけでなく、
橘麻美も引退に追い込まれる。
追い打ちをかけるように
孝治をはめようとする魔の手が。。。



真実を語るとき物語は動く
と言うことで
麻美が『真実』を語ったことで
ナントカ生き残った、
ムーンチャイルドと橘麻美。


悪くはないと思うんだが、
『孝治をはめた事件』
『スキャンダルで囲むマスコミ』
『麻美の取引』
など

少し『やり過ぎ感』があると感じる。

『この手のこと』は、どんなドラマでも成立するわけで、
『XPという病』を『完全無視』しているように感じてしまう


もう少し『病』に絞り込むか、
またはデビューが『夢』ならば、『夢』をクローズアップするか
どちらかの方が良かった気がする


たとえば『夢』。
薫『あきらめない限り、夢は消えたりしないんだよ
  だから次、頑張ろう
  たった1回チャンスがつぶされただけじゃん
 『わたしさ、めいいっぱい生きてやる
  誰にも負けないぐらい精一杯生きてやる
とか言いながら、

『孝治逮捕』に動揺して、『太陽の下』へ

もちろん『愛する人』だってのは分かるんだが
『強気なこと』言っておきながら、
次の場面では『この動揺』。


だってお父さんにも『薫死にたいのか』と言われる始末。

麻美は、薫のことを『強い』とか言っているが。
どうしても
『この落差』があるために、『強い』と感じにくい

理解はするが、ちょっと疑問
そんな感じでしょうか。
言ってることと行動が違う!!
ってこと。
ブレがあります

正確には、とってつけたような『病気表現』でしょう。(-.-#)b

感情や過去を暴露した麻美の方が、
強くなったと感じてしまう


『あなたは孝治のために命を投げだそうとした
 わたしには何が出来るかな
 2人を助けるために
『今回のことはわたしの身勝手さが、原因です
 本当に申し訳ありませんでした

考えて行動していることが分かる麻美。


なんか今回だけ見ていると、
麻美が主役のようですね




次回は最終回と言うことで
コレを一体どうまとめるのか?

結局、麻美への嫌がらせは終わったわけだし。

なのに、薫が『せき』。

まさか、
いまさら『病気』持ち出すんですか?


コレまでの感想
第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2006年09月10日 17時55分33秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.