19241433 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

監察医 朝顔  第… New! はまゆう315さん

割り箸の有害性注意… New! 鹿児島UFOさん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

なつよ、新しい命を… New! ひじゅにさん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

9月1日 母からのバト… クルマでEco!さん

劇場鑑賞「イソップ… BROOKさん

夏のいろいろ 俵のねずみさん

毎日、暑いです。 うさこ(^o^)さん

a-nationとTIFの間 YOSHIYU機さん

2006年09月19日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
桑野を好きになったみちるのために、
英治たちは、二人っきりになるよう企む。
だが、そこにみちるが呼んだ夏美登場。
桑野と夏美の痴話げんかが始まってしまった。。。



ひとこと、

いろんなところで感動しちゃった(;´_`;)

そこが、『このドラマらしい』というか(^_^;
まぁ、『桑野らしい』というか。。。

そして
『よくぞ、ここまでセリフを書き込んだ!!!』
と言うのが、今回の感想だろう。


それはさておき
今回は『桑野早坂流恋愛ドラマ』そんな感じかな。


様々な言葉で千変万化する夏美さんの表情。
表情は変化しないが、セリフがビミョーに変化していく桑野


『表情』と『言葉』

それぞれが違った形で『心』を表現していく。

対決しているようで、同じような心を持ているから
互いに惹かれあっていった。


結局、みちるが恋したことが『痴話げんか』を生み
桑野と早坂の2人に、『考えるきっかけ』が生まれた


うながしたのも、みちる。

『夏美さんも好きなんでしょう?
 桑野さんのこと
 文句言うわりには桑野さんと会ってるし
 沢崎さんの時もわたしの時も動揺してましたよね
 好きなんでしょ
 ウマく行くと良いですね
 ポジティブシンキング(^。^)v』


そしてチャンスは訪れる。『母の退院』。
これだけのための『入院』だ。。。。。

もちろん、夏美が『ボール』を先に投げた。
『私たちの会話って
 キャッチボールじゃなくドッジボールだった気がします
 相手に当たって終わり
 わたしはキャッチボールがしてみたいです
 あなたと。
『ボールは投げました
 それじゃ


だが、桑野は『答え』が分からなかった。
それを教えてくれたのが、
『愛するケンちゃんがいなくなったこと』を実感したとき。
あとのセリフも
『話し相手がいつもそばにいるのも良いかな』
は、ケンちゃんにも掛かっている!!
『愛するものを失って、本当の愛を知る』(^_^;

と実は、桑野のきっかけは『ケンちゃん』だったりする(^_^)b


そして、考え抜いた『桑野の答え』が『桑野流』
だが、名シーンだ!!
桑野『どうも
早坂『どうぞ
   アレ?顔色悪いですね。
桑野『イヤ、病気じゃありません。
   ちょっと、徹夜したもので。
早坂『じゃあ、なんで来るんですか
   うちで休んでたほうが。。。
桑野『キ、キャッチボールしに来たんです。
早坂『えっ?
桑野『ゆうべ、あなたの住みたいって言う家を設計しようとしたんですが。
   でも、出来なかった。
早坂『何でですか?
桑野『自分でも、はが、歯がゆかったですけどね。
   やっと、出来ない理由が分かったんです。
   僕はコレまで、他人の住む家ばかりを設計してきました
   でも自分や。。。自分の大事に思っているヒトの住む家を
   設計することは、どうしても出来なかった。
   明るくて、開放的で、みんなが遊びに来るような
   そんな家で自分が暮らしてるのが、
   なかなかイメージできなくて。
早坂『ちょっと、待ってください。
   今、自分が暮らす。。って言いました?
桑野『ええ。。。言いました。
   僕はずっと、結婚なんかしないって思ってきましたけどね。
   めんどくさそうだし。メリットなんか無いじゃないですか。
   1人のほうが。。良いって。。。
   でも。。。
   あなたと。。出会って。
   話し相手が、いつもそばにいるのも良いのかな。。って
   
   ようするに。。。
   僕は。。あなたが。。好きなんじゃないかな。
   ダメですか?僕じゃ。
夏美『良い。。かもしれません
信介『いい?

(うんと頷く夏美)

信介『いいでしょ!
   いや。。あっ!!うれしい。。。
   いやあ。結果的には結婚できないんですからね。
夏美『え???
信介『え?
夏美『え?
   今、なんて言いました??
桑野『うれしいと。。。
早坂『その次です。
桑野『結婚できないと。。。

(首かしげる早坂)

桑野『なにか?
早坂『ちょっと。話が見えなくなってきましたけど。。
   結果的に結婚できないってどういう意味ですか?
桑野『あっはは。。。
   自分が自分の大事な人と暮らすイメージが、わかない。
   作れそうにない。
   さっき、そう説明したでしょ。。
早坂『家なんかどうでも良い。。
桑野『はい??
早坂『家、なんかいらない。
桑野『ちょ。。ナニ言ってんの。。。
早坂『そんなの賃貸でも何でも良いじゃないですか!!
桑野『イヤ。。そうはいきませんよ。
   僕はね、理想の形にこだわるタチなんです!!
   理想の家のイメージがわかない限り、
   結婚は出来ない!!!
   そう言ったんです!!
早坂『まっっっったく。この人は!!!!
   結局あなたは、自分のことばかりじゃないですか!!!
桑野『イヤ。。。自分のことばかりって。。。。

早坂『もう、知りません!!!

桑野『ええええ??


ホントにココ、『名シーン』ですよね!!!
『セリフ』の描き込みも素晴らしいし
その上俳優さんが素晴らしい!!!


この2人、ほんと最高ですね(^_^)b

『阿部寛さん』と『夏川結衣さん』

『阿部寛さん』の顔色変えない『おとぼけ』も面白い。
『夏川結衣さん』の驚き、泣き、笑顔、とまどい、怒り

ほんと、素晴らしいのヒトコトですよね(^_^)b

この2人の名演技に脱帽です!!!
ホント、良いもの見せていただきました。m(__)m



わたし、ココでもう十分でした。
十分感動しましたし、笑いました。(^。^)



お腹いっぱいでしたが(^_^;

でも、ヤッパ結末が
信介『圧力鍋あります?
   僕のうちなら10分で出来る
夏美『もしかして、うちに来いって言ってますか
信介『いやまあ、でも。。
   あなたがどうしてもとおっしゃるのなら
夏美『どうしてもなんて言いません。
信介『ううう。。。
夏美『でも、
   あなたがどうしてもって言うなら行っても良いですよ
信介『じゃあ。来てください!!
   どうしても!
夏美『はい

笑顔の桑野。。。そして、ちょっとカワイイ表情の夏美

この笑顔を見て思いました。
ケンちゃんと目を合わせて満足そうな桑野と同じだ!!!

そう、
ケンちゃんの『目』は、夏美さんの『目』だった。。。

と言っても『桑野イメージ』(^_^;

ん?それで夏川結衣さん?
失礼m(__)m


荷物持っちゃったりして、
やっぱりオンナの人に優しい桑野さん(^。^)

ぼかした『終わり』でしたが

『理想の家のイメージ』と『金魚鉢』でokでしょう。


遠回しの表現は、桑野にはぴったりです(^_^)b



今期のほかのドラマでも
『結婚』や『恋愛』をイメージするもの多かったが

このドラマは、
最後まで『オトナの駆け引き』で通したことが、
かなり素晴らしいと言える。


キスしたり、抱き合ったりしなくても
十分楽しめた『オトナの恋愛ドラマ』だった


そんな感じかな。。。。


しかし、よく考えりゃ
結局『桑野って、桑野のまま』ですよね(^_^;




で、冷静に考えたら...

桑野以外も、結構個性的で(^_^;
桑野を脇にしてスピンオフできるんじゃないのかな?




せりふ書くと長くなってしまう(^_^;


コレまでの感想
第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話



いやーーー『NEO』見て
そのあと『再視聴』してたら遅くなっちゃった!!!

だって、『NEO』が衝撃の連続で!!
あの人、丸坊主だし(^_^;







最終更新日  2006年09月20日 00時42分55秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.