22310040 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

せんべろメーカー New! クルマでEco!さん

恋する母たち  第… New! はまゆう315さん

千天の白峰先生 他界… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

【エール】最終回&コ… New! ショコラ425さん

エール>『エール』… ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

色々のイロイロ 俵のねずみさん

海田は買いだ! 虎党団塊ジュニアさん

制作中です シュージローさん

2006年12月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

新宿の母と呼ばれる『栗原すみ子さん』の
半生を振り返るという。


前半が、母と呼ばれるまで。
後半が、息子との再会そして。。


簡単に言うと、『ドラマ』というよりは
『ドキュメンタリー』に近い感じかな。



前半なんて、あれこれやりすぎて
どこをポイントにしたかったのかが、

全くワカラン。

途中、結花なる女の子を救う話になるのだが。
これだって、この後使わないのならば

やる必要はない。

実際のトコロ。
ヨッちゃん(芳子) 北陽 虻川さん。

この話だけで盛り上げるだけで、十分成立していた


なのに、『話を追加』しちゃって意味不明に。




そして、後半。
後半は、幼い頃に生き別れとなった息子 達也

自分のことを捨てたと感じている息子。
そのため、母のことを『財布』程度にしか見ていない。

そんな息子が、『ある人の死』により少し変わる。


っていう感じだ。


でも、変わりました??

確かに『おふくろ』と、最後には言うようになった。
そして、

自らの運命を変えるためか、
『母』に『手』を見てもらった。

言いたいことは、分かるんです


だったら、大森の死、祖母の死
そこまでは『ぐれている』べきだろう。

死の前にすでに変化しているために、
結局

『どうして?』

って言う気持ちしかありません




全般的に内容は悪くない

ただ『流れ』が悪いだけだ。

前後半ともに『子供』『自分の人生』というものを
メインに話を進めているんだから、

もう少し『流れ』が良ければ、
もっと面白いモノになっただろう


ドラマって、そういう『流れ』って言うのは大事なもの。
そこに『オモシロ味』が生まれ、ドキュメンタリーとの差が出る。
今回のコレは、当事者にとっては『歴史』なんだろう。
だが、それ以上になっていない。ということ。




最後の『占い』は、オマケ。








最終更新日  2006年12月22日 23時06分26秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.