20741808 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

エール 第6話 New! はまゆう315さん

【エール】第2週(4/6… New! ショコラ425さん

シングルスタンドPRO… New! 俵のねずみさん

世界同時瞑想、いか… New! 鹿児島UFOさん

香取慎吾 NHK SONGS クルマでEco!さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

楽譜と古今和歌集>… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

制作中です シュージローさん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

2007年02月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
番組公式HP
http://www.tv-tokyo.co.jp/rikouran/

昭和の初め、日本と中国2つの国を熱狂させた1人の女優がいた。彼女の名は「李香蘭」。
日本人・山口淑子として生まれたが中国で育ち、中国人女優・歌手の李香蘭として活躍した。時代に翻弄されるも、強く生き抜いた彼女の激動の人生。

(公式HPより)




中国人なのか、日本人なのか?
その審議を中国で受けたときの、中国人の言葉

『流れている血は日本人でも、
 心は中国の民だ。
 漢奸の罪が許され日本人になっても
 あなたを育てた中国を忘れないでください

きっと、これがほぼすべてを表しているだろう。


中国人に李香蘭として愛されながらも、
日本人に協力した中国人は許さない。

もし、中国人なら処刑。
だが、日本人なら無罪。

それでも、中国人の夢であって欲しい李香蘭。



ホント複雑な人生模様でした。

親友のロシア人が、すべての始まりで
ある意味、終わりを意味していた。

これもまた運命なのだろう。


いろいろと考えさせられましたね。

都合良く、中国人とされたり、
都合良く、日本人とされたり。



タダ、私としてはもう少し日本人から見た目が必要だった気がする。
中国にいる日本人。日本にいる日本人。
このあたりが、よくわからなかったところ。

まわりの日本人は、どういう感じなのかはわかるのだが。

実は
李香蘭の公演に来る人が、顔を見て判断できないんです。
当然ですけどね(^_^;
だから、
来ている人が、どんな人なのかが。。。

まぁ、そんなちょっとしたことを考えました。



それにしても、
上戸彩さんスゴイですね(^_^)b

彼女の可愛らしさは当然なのだが、
中国語のセリフ、歌。
これには、ホントに驚きました。

どこまでどうなのかは、良くワカランが。

歌は、ホント良い声(^。^)
その部分だけ、通して聞きたいくらい。。


もう一人スゴイ人は、
川島芳子役の菊川怜さん!!

ホント、熱演ですね。

ある意味、一番迫力があった感じです。



最も頭に残った言葉はふたつ。

父の
幸せも夢も、中国に置いてきた

李香蘭の
祖国日本と、母国中国








最終更新日  2007年02月13日 22時31分47秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.