15595572 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ブラックリベンジ … New! はまゆう315さん

インド古典音楽家 … New! 鹿児島UFOさん

いろいろ  希望は… New! 俵のねずみさん

邊見美帆子(ハープ… New! クルマでEco!さん

【キャラクター はん… New! 簡単支払さん

劇場鑑賞「ジャステ… New! BROOKさん

儀兵衛、死す>『わ… New! ひじゅにさん

秋ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

ちょっと残念なニュ… みやさとver.さん

ニューストピックス

2007年05月13日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
由布姫は、晴信の側室となる決意する。
そんなとき、
正室の三条は、自分が京より持参した『笛』を
自らの身の上話、由布姫への共感とともに姫へ送る。
晴信もまた、諏訪のことを意識し、
由布姫とは、正式な祝言の形をとった。
それらのことにより、諏訪の旧臣を吸収したのだった。
だが、由布姫は、三条の言葉にもかかわらず
晴信を受け入れることが出来ず、
毎夜毎夜、一晩中、笛の音を晴信に聴かせていた。
ある夜
油断する晴信に、侍女の志摩から渡されていた懐刀にて
切りかかっていった。
しかし、晴信は、
自らのこと、勘助のことを由布姫に語り
本当の意味で、心を開いたのであった。。。。







最終的に、
三条が心を開き
晴信が心を開き、
晴信から、勘助のことを聞いて

やっと、由布姫は、心を開いた。
いや、正確には、
『自分の役割』『運命(サダメ)』を受け入れた
と言うことなのだろう。

諏訪家臣の『今』も入れながら、
皆が、自分の運命を受け入れながら生きていることがわかった。
そして、やっと、由布姫自身も共感できた。

そんなところか。


今回は
三条の笛の音の『変化』も含めて
かなりゆったりとした感じで、話は進む。



ただそれは、『変化』というにしては、
ちょっと、『展開』が少なすぎる感じもします(^_^;


盛り上がりがあるような、無いような。。。
そんな感じ。
確かに、
『由布姫は、徐々に変化していった。』
と言えば、聞こえはいいのですけどね。



それにしても最近、こんなのばかりだな。
由布姫のことを、聡明だが、気性が激しいと
何度もドラマ中で言ってるんだから、
それを利用して『話』を展開すれば良かったのに!!

結局、今回も
由布姫は、何もせず。
まわりも、ゆったりしている


見ていて晴信ではないが、
『笛の音』で、眠くなってきます。(^_^;






次回からは、
いろいろありそうなので、
ま、いいか。

って感じですね。





しかしまぁ、どうしてもヒトコト。

今回を見るにあたって、
前回を、もう一度見たのだが。



前回の終わりの三条
今回のはじめの三条

あまりにも、違いすぎます!!!
別人です!!



前回は、あれだけ皮肉たっぷりだったのに
今回は、由布姫の気持ちが分かると。。。

だからといって、
晴信などに『何か』を働きかけている三条でもない。

こうなってくると、

完全に『別人の三条』です。



そのうえ、
勘助が必死に姫を守ろうとすることに、
『無礼者!』
ですからね。

萩乃、由布姫は、そんな言いぐさ。

でもね、
その言葉は、『三条の優しさ』があってこそ
成立する言葉。



そうなんです!!

そうなってくると

ヤッパリ、前回の三条はいらなかった!!

そうすれば、話は繋がります!!




と、ヒトコトが長くなりましたが。
でも
やはり、変です



ただ、もしも必要だった場合。

前回歌を見て発作的に言い過ぎたから、
萩乃に『ナゼいさめなかった』といい。
その『穴埋め』で、『笛』を持っていったとも言える。

そう考えると、
『いさめなかった』の後に『萩乃と三条の会話』
が、あったかもしれない。

萩乃『では、大事な笛を持って行かれては』とかね。

しかし、そうなってくると
由布姫『あの方も切られに参られた』
といった言葉が宙に浮いてしまいますけど。。。
今回は
由布姫『恥ずかしくないのか』
でしたけど。


ヤッパリ、全く違う『ニオイ』のやりとりがある。。

つながりを持たせるならば、
晴信と勘助の漫才を入れるくらいなら
三条と萩乃の会話が欲しかったところだ。



コレさえあれば、間違いなく『話』は繋がった!


そんなところか。





さて、勘助の『本当の気持ち』を知った由布姫。

ここが、今回の盛り上がりだったかな。
だからこそ受け入れた。



晴信『ワシとそなたは、ひとりの女と男ではない。
   国と国じゃ
   1人の女人となりたい気持ちはよく分かる
   されど
   そなたは真に1人か
   ワシは、家督を継いだ折から、さように、1人であることを捨てた
   1人であることを捨て、かえって一人きりになってしまったがのう
   それも、サダメじゃ
   そなたとなら、そのサダメも分かち合えよう





最後に側室誕生編の締めとしてもうヒトコト。。
前々回、前回、今回。
コレ、『1話』でまとめること出来ましたよね??

無理矢理、伸ばそうとするから、
こんな風にダラダラした感じ。
盛り上がりのない感じになるんですよ


戦が積極的に欲しいとは思いませんが、
もう少し、テンポ良く、分かり易くして欲しいものです。




これまでの感想


第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話その2 第12話その1 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話







最終更新日  2007年05月13日 20時41分53秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.