000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

意外に多い「煽り運… New! 鹿児島UFOさん

「徹子の部屋」小山… New! はまゆう315さん

ドライブレコーダー… New! クルマでEco!さん

秋ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

ロミジュリ>『わろ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (10… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

懐かしいものが出て… 俵のねずみさん

WJ46号 銀魂 簡単で… みやさとver.さん

●ONE PIECE 第792話 … エフショックさん

ニューストピックス

2007年06月04日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
アナウンスが響く
『お付き合い始めてから、
 はじめて一緒に見た、初日の出の写真です
最悪の瞬間の写真だった。
でも幹雄の言われ、妙なオッサンに頼めば
協力してもらえば可能性があるかと。
が、オッサンは言う。
妖精『忘れる努力をした方が、賢明だと思う』
そして『忘れっちまえ!』と言われ

ハレルヤ・チャンス!!

そこは3年前の大晦日
とりあえず、幹雄を見つけて協力を仰ぐ。
そして、幹雄からチャンスをもらった健。
しかし、礼もまた話したいことがあったと。
礼『多田先生とつきあうことに決めた』
健の全ては終わった。
みんなで健の部屋で年越しそばを食べても、
多田と礼は良い関係。
そして健は決断する。
仲間で行く恒例の初日の出ドライブを行かない。
オッサンが言ったように、礼のことを忘れようと。。。。。
だが、それは礼への気持ちを強くしただけだった。






なんだか、健の切なさ全開ですね

幹雄に作ってもらったチャンスで、
健が告白しようと思ったら、

礼が、先制攻撃!!

すでに、敗戦投手です。

礼『ちょうど良かった、私も話があるの
  私、多田先生とつきあうことに決めたの
  駆け引きとか、計算とかなくって
  スキだって言う気持ちをストレートで伝えてくれたことが嬉しかった
  あんなに真っ正面からぶつかってきてくれる人、初めてだった
  自分で決めたんだよ
  この人とつきあいたいなって思って、ちゃんと自分で決めた
  実はね、私、健ぞーのことスキだったんだ
  全然素直になれなくて、でも気まずくなるのがコワくて。
  二十歳になるまでずっとどっちつかずの状態だった。
  でも変わりたい、変わらなきゃって思ったの
  多田先生に出会って
  健ぞーに気持ちぶつけられなかったコトって、
  逃げだったんだってわかった
  だから、今回は逃げないで、ちゃんと多田先生と向き合おうと思った
  ずっと、健ぞーのこと思ってた時期があったからこそ、
  今の自分があるんだってやっと思えるようになった
  こんなダメな、幼なじみですけど、コレからもよろしくお願いします

礼も健とほぼ同じ気持ちだった。
そして、やってきたことも。
だから、礼の気持ちが分かる健。

逆に言えば、健にはチャンスがあったって言うことでもあり
後悔』のみが残ってしまう、


礼の衝撃の告白だった。



だからもう、忘れようと決めた健。(;´_`;)

幹雄『無理に忘れようと思っても無駄だと思うけどな
   すぐに忘れられないから、スキだってコトじゃないの
って言われたのに。。。。


偶然にもドントノックニューヨークのカバンを見つけて
投げた。28200円分。投げた!!
1回300円だから、94回(^_^;

でも
健『無心で投げ続けて脳裏に浮かんできたのは14年分の礼だった

投げても、投げても。
忘れようと思っても、後悔だけ


悲しさに落ち込む健。

が、
それを救ってくれたのも、
健が冷たい言葉を投げた仲間たちだった



ホント、いい仲間です。

健がいないから、健のことを思い出す。
まぁ、
多田『終わるのって簡単なんです。
   年をとっていけば、自然と無くなるモノたくさんあるんです
   無理してやらなくていいこととか
   やる必要のないことたくさんあると思うんです。
   無駄とか面倒のヒトコトで片付けられること、
   コレからいっぱい出てくると思います
   でも記憶とか思い出って、
   そう言うところで生まれるものだと思うんです
   もったいないと思います。
   はたから見てても、5人の関係って、
   うらやましいなと思ってたので。。

多田まで良いコト言います。

だからこそ、
思い出だけでなく、健のことを思う気持ちがみんなに生まれた。


何か、ステキな仲間ですね。





そして、
ハッピーニューイヤ~パート2
アンド
パート3

仲間と過ごす時間の大切さを知った。

健『過去よりは、気分が少しだけ晴れやかだった


まぁ、いまだにあきらめモードですけどね。




健の切なさ、仲間の友情
そんなことを感じた今回でした。

礼から先制攻撃を受け
健があきらめモードに入ったからこそ、
面白かったと言えるかもしれませんね。

青春モノとしては面白かったと思います。
健だけでなく、仲間たちの気持ちもキッチリ表現したしね。

忘れようと思えば思うほど、切なくなる。

だが、完全な絶望から救ってくれたのも仲間




ヒトコトあるとすれば
桑田音楽をもう少し大きくしても良かったかもね。。。
そんなことくらいか。
あとの健ズベストくらいの大きさ。




次回は、最後の写真??
最終回でもないのに。





なんかいい感じの青春モノだったし
セリフもチェックしたかったので、
2度見してしまった。。。

2度見ても
ベタだけど、良い感じのお話だった。
ヤッパリドラマって、
キャラの気持ちの表現が、重要だなぁって感じましたね。

仲間の間に起きた、たった1つの事件。
それだけなのにね。
やってたことは。


時間が短く感じてしまった。


幹雄『健お前
   超能力者だったんだな!!
は、何度見ても笑えてしまう(^。^)


まぁ、健がいっつもすぐに言わないのがアレなんだけどね
礼が言う前に言わなきゃ。。
この部分だけは、学習能力がないようです
今回は、はじめて妖精の言葉に従いましたけどね
『忘れる』って




これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2007年06月04日 22時54分11秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.