20324740 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

スカーレット  第… New! はまゆう315さん

涙のち晴れ>『スカ… New! ひじゅにさん

【麒麟がくる】第2回… New! ショコラ425さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

地底世界・地底人は… 鹿児島UFOさん

テスト 鉱泉さん

劇場鑑賞「キャッツ」 BROOKさん

今日はいろんなこと… 俵のねずみさん

大坂なおみ 2回戦突… クルマでEco!さん

マルテ>糸井>福留… YOSHIYU機さん

2007年08月02日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
柿崎と会っていた萌が帰宅すると、
出て行ったはずの崇がいた。
そんなとき、萌の母・幸子がお見合い写真を持って訪ねてくる。
崇のことを上手く隠した萌だったが、
母の結婚のすすめに嫌気がさし、つい追い返してしまうのだった。
そのころ、料理を作って信之を待っていたるり子だったが、
萌の家に戻ってきていた。
そこに信之からの電話で、カワイそうになってきたるり子は、
よりを戻そうとランチに誘うのだった。
でも、指定した店に来ない信之。
待ってみようと店に入ってみるとそこには、信之とエリ。。。。
その姿を見て、戦闘態勢へ!!
一方、宅配のアルバイトをする萌は、
その中に、母から萌に宛てた荷物があることを発見する。





萌『年を重ねるのは簡単だ、でもオトナになるのは難しい

そして
萌『親の心を子は知らず
  子の心を親は知らず
  妻の心を夫は知らず
  夫の心を妻は知らない
  分からない誰かの心を、それでも大切に出来る人。
  それがオトナって言うことなのかもしれない


これらの言葉が全てだった。


まぁ、いまさらテーマは『オトナ』?って言う気もしますが。
でも

このテーマをやらないことには、
るり子と崇をまとめることが出来ないだろうからね。




オトナとは、
誰かの心を知ると言うこと。
理解しようとすること。

そういうことなのだ



崇は家出をして、両親から離れた。
それは、オトナへの第一歩。
が、
離れるだけじゃなく『親と向き合う』コトが、
オトナになると言うこと。
向き合ってこそ離れることに意味があるのだ。


そして
るり子は、リョウに諭されたように
こどもなのだ。
 

るり子『私は自分の気持ちに純粋に生きてるの
リョウ『君は勘違いしている
    自分の欲望を抑えられないだけだ。
    純粋というのは、あれも要らないコレも要らない欲しいのはひとつだけ。
    だろ?
    攻撃するしか自分を守る方法を知らないなんて、バカのやることだ

実は、リョウこそ、『純粋にオトナ』なのだろう
性別は問わず(^_^;



一方、崇と違い親と久々に向き合えた萌。
ケンカしたって、そこにオトナの関係がある



そんななか、
自分の気持ち、考えとは違い
『オトナの対応』をする柿崎。
義理の両親の気持ちも理解できるが、
あくまでも『オトナの事情』なのだろう。

だが、そこには向き合うと言うことが欠けているのはいうまでもない。





少しずつ変化していく、萌。
変化する前の、崇とるり子、信之。
変化することをいまだに考える柿崎。

そして、変化した後のリョウ。

そんな感じだろうか。

基本的に、萌の話にしながら、
崇、るり子、柿崎と絡ませていき、
上手くまとめている。

結果的に萌がした行動にこそ、
それぞれの答えがあるというのも面白いところだろう(^_^)b


そうなのだ!
ドラマ的には、大きく変化したことはないのである


が、
主人公の萌の中に『答え』を見せ、
ドラマの言いたいことを表現し、
答えを出せなかったキャラを逆に見せることで、
萌の『答え』を引き立てているのだろう。

本当に、考えさせる感じに作られています(^_^)b

わたし的には、たいへん面白いドラマ。


ま、そのやり方の複雑さに、好みがあるのだろう。
かなり深いところにオモシロ味を置いてるからね。

だから、分かり難くなってるんだな。。
キャラも多いしね(^_^;





これまでの感想
第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2007年08月03日 01時25分37秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.