20484956 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

SCANDAL  第8話 New! はまゆう315さん

帰ってきました! New! 俵のねずみさん

玉ねぎ>『スカーレ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

山水治夫ヤンズさん… New! 鹿児島UFOさん

池江璃花子 松岡修… クルマでEco!さん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2007年09月27日
XML
内容
アンバーと会ったヘイとイン。
そして、ヘイは『選択』を迫られる。
契約者の消滅か、否か。
一方、未咲は、見る。
シュレーダー博士らによる、サターンシステムの準備。
未咲の思惑など関係なく進む、
組織の思惑・契約者の消滅。
そして、起動。

その瞬間ゲートを中心とし、光に包まれるのだった。






パイの能力、ヘイの見た幻想は別として。

最も気になったのは、
シュレーダー博士の言葉。

ヘイの能力が変化したと言うこと。

『人間を契約者へ』


持続的なモノなのかどうか分かりませんが。
でも、コレは『意味』があることなのだろう。


結果的に、ヘイの能力、いやパイの能力が、
具体的にどういう力なのかは、分からないままですが(^_^;。

今回の事件により、
ヘイ自身が、新しいヘイに変化し、
ゲートがもつ『能力の一種』のようなモノを得た。

ということなのだろう。

ゲートも消滅せず。
次の大黒斑まで、現在と同じ状態が続くのだから、
ヘイが動かない限り、状態は維持されると言うことだろう。

いや、ヘイ自身が能力を持ったことにより、
ゲートの消滅自体にも意味が無くなった可能性さえある。


特殊なものとなったヘイ。
やはり、ヘイは、追われるものとなったということだな。



それはさておき。

ホァン『どっちか一方が無理なら両方をとれ
    契約者らしく、そして、人間らしく

最も人間らしく、契約者を理解しているオトコの言葉だから、
説得力がありますね。

だから、『合理的』に判断したのかもしれませんね(^_^;






全般的に、分からないこともそのままだが
でも良い感じの終わりだったと思います。

ヘイの選択シーンは、
過去キャラも出てくるなど、サービス満点だったし(^_^)b
もちろんパイもね。


まぁ
ヘイの中にパイがいるって言うことで、
人間でも、契約者でもない。
そして、どちらでもある存在。
ってのが、少し分かり難いですけどね(^_^;



それにしても。
未咲『待って、リー君』

ヤッパリ分かっていたんだね。
もしかしたら、リー君と出会ったからこそ
契約者の排除という未咲の本来の目的が、変化していったと言うべきか。

BK201の人間らしさを知ってしまったと言うことなのだろう。

そして、組織の思惑、E.P.R.の思惑ではなく、
第3の選択をした。。。。

ヘイも未咲も。




まぁ、シュレーダー博士も残ったことだし。
組織による契約者消滅などと言うことではなく、
彼が中心となった、
何らかの新しいモノが出来る可能性だってあると言うことか。

契約者がどうとか言うのではなく、
楽しいことが好きなようですしね。。。


と、、、、妄想は膨らむ一方(^_^;


できるなら、この余韻を忘れないうちに
『次』を作って欲しいものです。




これまでの感想

第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話







最終更新日  2007年10月01日 23時30分13秒
[アニメ特撮系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.