19230467 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

『ひろしま』1953年… New! くう☆☆さん

「ツインレイ」いま… New! 鹿児島UFOさん

おめでとう>『なつ… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「イソップ… New! BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… New! ショコラ425さん

なつぞら  第12… New! はまゆう315さん

岩崎宏美 【楽天ブ… クルマでEco!さん

夏のいろいろ 俵のねずみさん

毎日、暑いです。 うさこ(^o^)さん

a-nationとTIFの間 YOSHIYU機さん

2007年10月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
ヒマで仕方がない悠理は、ネコの散歩に出かける。
その時、突然襲われる悠理!!
だが、悠理の前では。。。撃退される2人組。
2人に話を聞くと、誘拐をしようとしていたというのだった。
そこで、悠理はひらめく!!
『最高の暇つぶし』
早速自ら、脅迫電話をかけ、
偶然に通りかかった魅録を誘い入れる。
魅録が事情を聞くと、その親子は、
心臓病の妻のために用意した手術費用をだまし取られ、
そのためにやむにやまれず。。。
それを聞いた魅録は号泣し、
他の有閑倶楽部のメンバーを呼び出して。。。





全く面白くないワケじゃないし、
一応、オモシロ味は、かろうじてあるんだけど。


たしかに
セレブとしてのキャラの描き込みは、かなり甘いし。
正確には『豪邸だけ』。

そんなキャラだから、いくらOPで説明したところで
動くキャラに説得力が生まれない。

と、明らかな悪循環はあるのだが、
それ以上に問題は、『展開の演出』だろう。


たとえば、お話が展開する場合。
そこには『理由』があり、それにより『行動』が発生する。

理由→考察→行動

の順でお話は、基本的に展開する。
って言うより、人ならみんな同じだ。

が、
ココでこのドラマの致命的欠陥がある。

それは、このドラマは、展開をする場合、
理由→行動
なのだ。


そのため、今回で例を挙げると。
デジカメを落とした→警官コスプレ
なのである。

実は、ココで最も致命的なのは、
本来視聴者が納得感の得る部分である『考察』が抜けていること。

次の瞬間、ドラマは別のシーンになっているわけだ。
それも、そのシーンの結末である。

この事は、最後のカーチェイスから、アジトでもそうである。


突然の結果は、サプライズを生むのであるならば納得なのだが、
そのサプライズ感が無く、強引に結びつけている印象しかない。


明らかに、ドラマが切れているのだ。

たとえば、そこに『何か考えているカット』が差し込みさえすれば、
視聴者は、『意図』を感じ取ることが出来る。
そういうことを全くしていない。

だから、最後の結末でも。
理事長が、ヘリの話をしたところで、
納得感が全くない。
コレが、見ているカットでもチラッとでもあればね。。。。


ココまで行間埋めを視聴者に求めてしまっては、
ドラマとして、テンポを生まないし、
オモシロ味の欠如にも繋がってしまっている。

それは、見ていて『モヤモヤした感じ』にも繋がってしまっている。

そこに、音楽、効果音のメリハリの無さや、
キャラ描きの欠如があるからね。。。(^_^;


人は、それぞれ、感じるモノは違う。
だからこそ、ある程度のネタフリが必要なのである。
そうしなければ、同じドラマを見ていても
違うドラマを見ているのと同じになってしまう。



ドラマのネタとしてのオモシロ味はあるんだから、
もう少し作ってもらわないと、
見ていてかなり辛いモノがあります。

ちなみに、、、、ワケわかんないので2回半見ました。。


これまでの感想

第1話







最終更新日  2007年10月24日 01時13分13秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.