19058873 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

トミカ トヨタ ジャ… New! クルマでEco!さん

京都アニメーション New! みやさとver.さん

科捜研の女 第10… New! はまゆう315さん

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2007年12月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
ある日の朝、一通のハガキ。
出張のついでに、父・征治が訪ねてくることを知る弘子。
『創刊20周年記念、年末増刊号』のチーフで、
大忙しの弘子。
それどころではなかったが、父と会うことに。
やはり、、、、結婚などの話をしてくる父。
偶然に、雅美、田中の登場で、
うまくごまかしてしまう弘子だった。

編集の仕事に理解が無く、
昔気質の正確で、実直な公務員。
弘子は、父がうざくて仕方なかった。
そのうえ、部屋に泊まるとまで言い出す。
その夜。JIDAIはくだらないという征治の言葉に、
反論する弘子。そして、、、つい言ってしまう。
『お父さんみたいになりたくない』と。

だが、翌日。
夕食を一緒にするはずだった、父と弘子。
仕事のため遅れてしまったことで、
成田から、聞かされる『父の愛情』。。。

そんなとき、『事故』発生で、弘子は。。。










弘子が、よくよく考えてみれば、
昔の記事。
それがすべての『発端』だった。

弘子が、『熱さ』を感じたのも、
父が買ってきていた『昔のJIDAI』=『時代』

父は、そんな『時代』を知っている人だった。

だからこその『くだらない』だったのかもしれません。


実直で、うざすぎる父。
でも、『年賀状』、『麻婆豆腐』を作った父に表現されるように、

父は、どこまでも娘を愛していた。

たとえ『マズいマーボー』でも、
それは、父の味、父の『愛』。





まさか、『家族愛』の話とはね。。。
それも『父』ですか。
コレが『娘』ってのが、かなり面白いトコロでしたね。

序盤の、今までの展開では、『あり得ない松方弘子』を見せることで
オモシロを表現しながら、

弘子が、父とケンカ。

昔の記事というネタフリから、『弘子の仕事』へと。
それが、最終的に『父の理解』に繋がっていった。

そんななか、
父が、編集長、デスクと接触させることで、
『父の愛』を理解させられるという。。。


完全に『父のこと』『編集のこと』の2つの話なのだが、
かなりうまくリンクさせ、面白かったと思います。

まぁ、父の方は、ベタだけどね(^_^;
それを、成田による間接表現だったのも、
逆に良いことだった気がします。

直だと、やはり対立状態から抜け出せないからね(^_^)b

成田『娘への愛情だな
   時代は変わっても、親の愛情は変わらない
   まだまだ良い世の中だな


仕事に関しても、
熱い昔の記事を前にして、熱くなりすぎた弘子に一喝
編集長『ウチは、新聞じゃない、週刊誌だ!!

このネタフリで、最後には
かなり衝撃的な『ネタ』へと繋いでいった。

弘子『事故の写真はすでに世間に出回っています
   だからコレなんです
   事故を見て、まるでテレビでも観るかのようにシャッターを切る人々
   この一枚には、何かが込められていると思うんです。
   伝えなきゃいけないと思うんです。
   わたしたちは新聞じゃない、週刊誌だから

編集長『お前たちは見たままの、熱く力強い記事を書け


誰が見ても衝撃的に見える
『今の時代にある異常事態』

でも、その『異常』は、『普通』に行われてしまっていること。

ネタの面白さも、
弘子の『気持ち』だけでなく、ドラマを引き締めた感じです(^_^)b



ほんと、2つの話ながら、かなり上手くまとめられていました。
私の中では、
今までのエピソードの中では、一番かな(^。^)

今の時代にある、1つの『現実』と、もう1つの『現実』。
そんな『時代』を描いた、社会派ドラマのようで、
面白かったと思います。


編集長、デスク、田中、菅原などの、キャラもキッチリ描いてましたしね。

伊武雅刀さん、沢村一樹さん、速水もこみちさん、津田寛治さん。
それぞれ、いい味出していました。

そうそう!!
雅美『佐田真由美さん』もね(^。^)



それにしても、、、、
次回、、、まぁ、結局『働きマン』なんでしょうけどね(^_^;


これまでの感想

第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2007年12月12日 23時52分37秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.