19050535 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

仮面同窓会  第6… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ビーチや砂場で大活… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… New! みやさとver.さん

ナッツと饅頭>『な… ひじゅにさん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

映画「新聞記者」い… 鹿児島UFOさん

2007年12月13日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
連続殺人の容疑者・鎌谷を庇い、
来実は、何者かに日暮署内で撃たれた。
すぐに封鎖された日暮署。
そして、見つかった拳銃は、警察で使うものと同じ。
しかし、日暮署の拳銃はすべて存在していた。
入院した来実を面倒をみるために、
華子の命令でジウォンが病室にいた。
だが、突然、ジウォンが呼び出されるが、ロビーには誰もいなかった。
病室に戻ると、そこには来実の姿はなかった。。。

病院を抜け出した来実は、日暮署にいた。
何かを思い出し。。。。
ある法則に気付いた来実。






岩代百枝、、、山木早代

って言うか、『女』1人しかいないからね(^_^;

そこがなぁ。。。。。
どう考えても、致命的だもんなぁ。。。

せめて、日暮署員に、もう少し女性警官がいればなぁ。。。
または、本庁の1人でも。。。

そこだけが、とてつもなく残念なところ(^_^)b



ただ、なんといっても
華子『そんな理由で殺されてたら、地球上の人間になくなる
ってのがねぇ。。。

ホント、その通りなんで。。。(^_^;

自転車には、防犯登録が付きもの。

もう少し『ひねり』を入れることを期待していましたが、
ストレートでした。


あまりにも、ひねりがなさ過ぎて、
逆にショックを受けてしまったのは言うまでもない。






今回唯一ドラマを救ったのは、
『女帝』が『悪女』であることでしょう(^_^)b

さすが、片平なぎささんですね!!!

岩代『あなた普段の行いは、いい方?
   良いなら、天国、悪いなら、地獄かな。

この言葉だけでも、怪しさ抜群です!!!

ホント、ギリギリだよ。
この『怪しさ』がなければ、ドラマが完全につぶれていたところです。。


さて、
片平なぎささんとともに、あと2人目立った人が

一人目は木崎『大浦龍宇一さん』
 良い感じの尋問でしたね。
 アノ殴られたので終わりだと思っていたので、
 嬉しい限りです。
 
もう1人は、柳田管理官『田中哲司さん』
 初めての活躍かもしれませんね。
 協力して、捜索して、そして、
 どこかに電話して、データベースとか言ってましたし(^_^)b

この2人、大活躍!!と言って良いかもしれませんね



いや、、、主人公たちが、ほとんど目立っていないのが
変なところなんですけどね(^_^;



これまでの感想
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話







最終更新日  2007年12月13日 23時07分21秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.